ワンダラーアウト!という意味

カルビー松本晃の至言

One dollar Out!
カリスマ経営者松本晃カルビー会長の社是、社内の厳しい原則の一つと伺いました。アウトはまさにダメ、クビの宣言です。
1ドルでもクビにしますという不正を許さない。食品会社カルビーのキーサクセスファクター、会社の大原則です。
100円でも、ゴマカシやネコババはだめ。コンプライアンスであるとともにムダをなくすことでもあるのです。毎日社員全員が100円ムダにすれば大きいですし、100円をムダにしてもいいことは200円でも1000円でも10万円くらいでもバレないだろうとなっていきます。
家庭のファイナンスでも同様です。100円のロスに気づかないと、どんどんお金にはルーズな人間ができてしまいます。
お金を貯めるとか以前に、社会で一人前になれないでしょう。
少額でも借りたお金は返す。これは大金持ちに対して小銭を借りていてもすまされる問題ではありません。お金のやりとりがちゃんとできない人にはお金は集まりません。
しっかりと信頼のできる人のところに幸せの天使は集まるのです。

ご自身・ご家庭に合った保険プランをきっと見つけられる

“ワンダラーアウト!という意味” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください