天使が舞い降りる25の法則

「天使が舞い降りる25の法則」
タカラヅカの楽屋に貼られている「ブスの条件25」の戒めを、自分なりに新解釈してみました。
逆説的に美男美女?で仕事をして、ひとが集まり楽しくできるかにはどういう条件が必要かです。
.笑顔がいい挨拶ができる
苦虫を噛んでるみたいで挨拶もできない人に誰も仕事を一緒にしたいとは思いませんね。
2.お礼を言える
3.美味しいと言える
4.精気がある
5.自信がある
6.愚痴をこぼさない
愚痴らず人の倍働く。時間が倍にならなければ倍工夫する、考える考え抜く誰かに聞いたり本を読んだり最低でも人の倍努力してみる
人と同じだけのことをしていても、つまらない仕事でしかない。人の倍やると、つまらない仕事がつまらなくなくなる。
非凡な人は普通の人の、最低でも3倍働いている。面白くないこと辛いことも経験であり、コヤシとなって人を大きくする。
経験していくことは決して無駄ではない。毎日がつまらないなら、それは君自身がいつまでもつまらないからだ。
つまらない毎日から脱却するのは、自分自身を面白くするしかない。
7.希望と信念がある
8.悪いときも周囲のせいにしない
「仕事が面白くないのは〇〇がバカだからだ。会議ばかりやってる。幹部はちっとも現場をわかっていない。こんな仕事やっていても意味ない」
今が楽しくないのは〇〇が悪いからだ(自分は悪くない)と思うことこそが、諸悪の根源である。自分の好きなことだけしないこと。
みんな「自分のすきなことで、自由にやれて、楽で、給料もよくて、楽しい仕事がしたい」と本当は思っている。でもそんな仕事は絶対にどこにもない。
なのでせめて自分の好きなことをしようとする。それもかまわないが、自分の好きなこと『だけ』をしていると、
結局はそれしかできないことになる。どこにもつながらないし、誰も相手にしないし、何も広がらない。
9.自分をよく知っている
10. 声が大きく元気
11.なんでもないことに傷つかない
12.他人に嫉妬しない
同期や同僚、同じ程度か自分以下の仕事しかできない人が評価されたり先に出世する不公平や不合理はどこにでもある。
自分の能力以上に評価され、昇進することほど、ある意味不幸なことはない。
高いレベルの学習・経験をつもうが、誰も褒めてもくれなくなり、自分を律して成長していくエンジンをうしないかねない。
嫉妬も不平も言わず、ひたすら自分に与えられた職務とそれ以外も、職階以上の仕事をしていく姿が、実は最高にカッコイイ。
13. 目が輝いている
14.いつも口角が上り気味
への字の口の両側を上げ、笑顔になるだけで、毎日すこしずつ面白くなる。
15.責任転嫁しない
16.共感したり感動したりする
17.楽観的に物事を考える
人間は何にでもなれる
必ずなると決意すれば、天使が舞い降り、不思議な力を発揮して、成りたいものに必ずなれる。
周囲を苦しめず 周囲を喜ばす 一歩一歩なりたいものになる努力をする。
天使の心に周囲の天使の心が集まり、なりたいものになるのを手伝ってくれ、幸運の出会いが始まり成りたいものに必ずなれる。
自分の中の天使の力を信じて、決意した理想は必ず叶えられる。
18. 問題意識を持っている
19. 他人に尽くす
自分の身の回り 机の周り クルマ 家 会社 せめてキレイに整理整頓。
他人とのネットワークはやがて自分が助かるときがある。
20.他人を信じる
21.人生においても仕事においても意欲がある
22.傲慢でなく謙虚である
23. 他人のアドバイスや忠告を受け入れる
24. 本当に正しいことは何か常に追い求める
いろんな情報があふれる時代。すぐに結論に飛びついて行動を起こしたくなる。
でも常にこれが正しいことなのかは、始める前に、最悪やり始めてからでもよく考える。
ときに集団も間違った意思決定をしてしまう。
昔は誰もが正義のヒーロー&ヒロインだった。いつからか悪の手下と手を結んでいるような自分がいないか!
25. 存在自体が周囲を明るくする
2017年秋イベントで一緒にお仕事したヘア&メイクアーティストの方
本当に明るく、積極的で仕事が好きで勉強が好きで、毎日が楽しくて輝いてるような人でした。
オフがほとんどないほど、仕事をかけもって、でも収入や保障は大会社のようにはいかない。
それでもあの人にまた会いた、話を聞きたい、指導を受けたい。
大会社で高給とってても、笑顔一つなく、ろくにゴミの片づけもできない人が残念ながら多かったです。
(美を売る会社、掃除道具売る会社だったんですが)
仕事って本来、苦しみ苦行であってはいけない。ましてそれが顔にでるようでは周りが迷惑な話です。
輝いていてまた会いたいなって魅力的な人に天使は舞い降りてきます。

怒りや悲しみがあってもいいお天気と言おう

悲しくて悔しくてやりきれない。
腹がたって、怒りがおさまらない。
情けない自分にも腹がたったり、泣けてきたりすることもあります。
涙がでることもあったとしても、空を見上げるといい天気でお日様や雲や星も月も当たり前にいます。
雨が降っていても、空が涙雨で付き合ってくれてるみたいに思いましょう。
「今朝もいい天気」

ヘルスケアの週#コロナ禍#健康

先週土曜に歯のメンテナンス。この水曜日に人間ドックです。
歯の痛みは一進一退だった3月くらいから、ここへ来て問題なく歯科衛生士に褒めてもらいました。歯間ブラシを惜しげなく使った甲斐がありました。
この調子で人間ドックも乗り切りたいです。
齢62歳を来月迎えます。今年は少し早いドックとなります。
胆石は沢山あり、腎臓に嚢胞、たまに逆流性食道炎も指摘されましたが、今年はどうでしょう。年齢の割には高血圧や肥満は無いのが救いです。
コロナ禍でただの成人病で入院しても大変です。またコロナ自体基礎疾患者がかかると重症化します。元より、毎日運動以上の飲み食いしてメタボになって、健康上いいことは何もありません。
欧米人はメタボ多いです。日本とのコロナの差は何かとよく言われますが結構成人病クラスの中高年が多い要因も見捨てられません。
コロナ禍だからではないです。いつもですが健康には気をつけましょう。ストレス貯めず運動してリラックスして免疫力高めましょう。

何者かが国益を損ない領土問題を解決させない         #外交#北方領土#4島返還論

前回からの外交の件で、日本人の潜在的な中国嫌いの感情が外交の妨げになっている場合もあると書きましたが、今回はロシア、旧ソ連との問題です。
日本人はアメリカ、イギリス、中国と戦争し、アメリカには本土空襲や原爆投下という甚大な被害を受けました。それでも今の日本人は一時的にアメリカの支配を受け、アメリカのことを毛嫌いする人はそう多くはありません。むしろロシア人を好ましく思っていない人が多いのです。
第二次世界大戦末期、ソ連は日ソ中立条約を破り満州や北方領土に侵攻してきました。そして戦後も捕虜となった日本人をシベリア等に抑留し、強制労働につかせました。噂とは違い暴力的な支配の少なかったアメリカ軍に比べ、条約を破棄した裏切りと非人道的な抑留をしたロシア人を日本人は好きではありません。ソビエト連邦崩壊後再びロシアとなった国との間に横たわるのが北方領土問題です。
領土は戦争で取り合うものですから、なかなか敗戦国が取り返すことは難しいものです。
ただ日本は、アメリカから奄美大島、小笠原諸島、沖縄を返還してもらい、日本固有の領土としては北方領土が残るのみという考え、機運は何度か上がることも不思議ではありません。しかしアメリカは日本と同じ西側の同盟国です。ソ連、ロシアと変われども、米ソは冷戦の相手でしたし、米ロもライバルの軍事大国です。返還した領土にアメリカが基地を作らない可能性はロシア側から見ればないとは思えないでしょう。

日本では終戦は1945年8月15日の昭和天皇が自分の口で敗戦を伝えた玉音放送であるとされています。しかし、国際法上では9月2日の降伏文書調印の日が終戦とされており実はタイムラグがあります。このタイムラグ8/15〜9/2の期間にソ連は日本に侵略をしてきて択捉島と国後島を占拠してます。色丹島と歯舞群島は降伏文書調印の9月2日以降に占拠されました。つまり択捉島、国後島と色丹島、歯舞群島では状況が全く違います

日本の返せという申し出にロシアにも調印後の色丹島、歯舞群島は分からなくもないと考えていた時期もありました。友好条約を締結し経済交流やインフラ整備をしていけばという妥協に応じるそぶりをした人物もいました。
さすがに調印前の択捉島と国後島はロシアのものだと考えていますので4島全て返還するというのは難しいのです
しかし日本の右翼、追米政治家や官僚は「4島一括返還」に拘り続け、結局は領土問題は一歩も進まず、もう70年が過ぎています。
2島返還、経済交流を得られれば日本にとって面積は小さくとも漁場も広がり実効支配の領土は広がり何もデメリットはありません。そこから4島に交渉が広がる可能性もゼロではありません。もちろんそれを快く思わないのは日本ではなく、アメリカです。日本を陰であやつるジャパンハンドラーとそれに洗脳された政治家や官僚です。
鳩山一郎、最近では鈴木宗男、森喜朗、鳩山由紀夫、ロシアとパイプのある政治家はどうも短命でつぶされやすいようです。
北方領土問題はもう永遠に解決しないのでしょうか。

大学時代

大学時代というと40年くらい前になります。今と変わらない様もあれば、もちろんいろんな面が変わっています。
食堂や下宿、施設等は軒並み垢抜けてますし、携帯やスマホはおろか検索エンジンをもったパソコンもワープロすらなかった時代です。一つ一つ、文化や政治世相らの違いを語れば尽きないでしょう。
同年代で遠くから京都に来た人とずっと同じ親元の地所から4年間通った、しかも中高大学と一貫の私学ですから、何と言ってもその後社会に出てから苦労しないために、もっといろいろ学び人と接し、切磋琢磨しなければ行けなかったとは思います。
しかし、当時の自分はそれはそれで目の前の講義を受け単位を取り、サークル活動を一生懸命やり、淡い恋に夢中になり何とも今振り替えればもどかしいだけの青春の日々だったのでしょう。
日本は世界有数の経済大国に成長し、バブルを迎える何年も前の時期でした。

感情や世論だけで外交はできない          #外交#日米首脳会談

社会人になって以来の友人が外務省に勤め、様々な国に勤務して今ある国の領事にまで上り詰めています。役所の中ですから、いろんな内外のやりとりがあって激務のようです。
その彼のホンネ話です。
今の日本は、同盟国アメリカと最大の貿易相手国中国の両方とうまくやっていかないと国益を守り、国を存続していくことができない状況です。
ナショナリズム、愛国主義は必要なものであり、国歌が流れ国旗がなびくのと同じ大前提です。しかし、感情が高ぶった排他的で敵対的なナショナリズムでは、一部の国内世論では支持されても外交交渉の場では喧嘩になるだけです。
毅然と自国の権利を主張するとともに、相手国の立場も考えないと交渉事は進まないでしょう。相手国も当然自国のナショナリズムを持ち、国民世論を代表してきているわけです。まして世論を左右する報道等の情報はやはり自国民びいきになります。
日本人の潜在的な嫌悪や蔑視の中に、メイドインチャイナを嫌い、チャイナフリーを未だに求める人がいます。しかし家電製品や工業製品、産業資材、医療関連、食糧等の多くは中国製です。かつては日本企業が作っていたもので、その品質が日本企業の時代や、ましてアメリカに大きく劣るということもありません。
多くのビジネスマンが政治とは別に中国に滞在して活躍しています。

友人の省内でのキャリア形成も、当然普通いろいろ専門はあっても、外交官が自分の好きな国だけを選べるわけではありません。世界中の大使館、領事館に赴任しその国を学び、親しみ、コネクションを持ち、日本人がうまく滞在できること、日本政府と良い関係が進み課題があれば解決できるような方向を見出さねばなりません。
そして総理大臣や外務大臣は短期間で公選された「素人」です。経験も知識、語学もたいしたものがありません。指示もその時の世論等でコロコロ変わるもので、しっかりした軸はほぼないそうです。
選挙に直結する内政に比べ、外交はアドバルーンだけで長く地道な努力が政治家には向かないのです。たとえば今ロシアや、中国に交渉のパイプがる政治家はごく限られ親中派、親露派というと何かスパイのように嫌われますが、これも必要な人材なのだそうです。
政治家にも外交官にも親中、親米(親台湾)がいてそれぞれが相手国の信頼を得て、情報と具体的な交渉の妥協点を探り、最後は非友好の派が押し切るのではなく、友好を模索した政治家や外交官のまとめた妥協案を世論に多少嫌われても推進することが外交の要となるわけです。
中国共産党の、人権や海洋進出は問題もあろうかと思いますが、だからといって親中派が政治家にいらないわけにはならないのは、少し想像力を働かすと分かると思います。
このところ子供のような感情的な世論にだけ流され、嫌われてもしっかりと国民に説明しないで、あたかも相手国が悪いような感じにして国家同士の約束を守らないトップが増えています。トランプもその傾向があり、韓国がそうです。日本も褒められたものではありません。(そのあたりは次回)
感情に流される外交は国家を危うくします。

コロナで今思うこと

コロナのさまざまな問題で、厳しい措置を求める側と、コロナなんて大したことないと否定する側の対立がネット上でも激しいです。
いくつかの部分的な真実や見方を変えるところもあります。
いわゆる陰謀説まで行きつきます。
さすがに全てがフェイクともワクチンが危険だとも言いませんが、そういう見方の派もいますね。少なくとも私が類推すること。
【最初は真実としても、どこかで煽りが入り結果として、ワクチンメーカーが莫大な売上を得ているし、これが毎年続きそう】
【ワクチンは短期長期リスクはあるが、効果もある】
【PCR陽性と感染は確かにイコールではない。検査の回転数厳密さは国によっても違う】【マスク。飛沫を飛ばす距離を抑える程度。エチケットで必要。子供に一日中は確かに微妙ではある】
【日本の病床逼迫問題は、確かに欧米とは事情が違う。逼迫も事実であり、2類指定はずしたくない】  
少なくとも病床、重症化する感染者が入院もできず待機中に自宅で亡くなるというのはさすがに避けて欲しいところです。そうなるといくら感染者の隔離等が必要とはいえ、何のために医療機関はあるのかと思います。

「逆縁」生き続けることは幸せ            #逆縁

基本的にどちらかというと年配の方が多く、若い方も転職等での手続きが多いのが私の今の仕事です。
たまたまですが。2日続けて20代、若い方がお亡くなりになった関係の手続きをしました。
死亡診断書を検めましたが、痛々しい死因で、親御さんにかける言葉に詰まりました。
親より先に死ぬことほど哀しいことはありません。
年齢による死の順番が逆になることを、「逆縁」といいます。
逆縁の場合、日本では喪主であっても親が火葬場に行ってはいけないという風習があります。それだけ親を苦しめてはいけないということのようです。
今のような長寿社会だと、60歳くらいで成人病になり、85歳の親より先に人生をある程度まっとうして死ぬ場合もあります。医学が発達していない時代は若死が多かったでしょう。
やはり子供が10代までや20代、30代くらいまでの逆縁は事故や自殺、先天的な難病等が絡み、まだ長い人生を謳歌することなく命を失くしているわけです。
事故や病気ならいざ知らず、自殺は何とも口惜しいものです。自殺したいような気持も私は分かります。でもその時生き抜いたことはやはり良かったといつかきっと思えます。

取り戻せるか日常

イスラエルが国民の過半の2回目のワクチン接種を終え新型コロナウイルス感染をほぼ終息に近づけています。
イギリスも厳しいロックアウトから徐々に飲食店等が再会のニュースが流れました。
日本は大阪府の新規感染者が1000名を超えまん延拡大防止措置の実効性の緩さか、まだ終息は遠いようです。
鉄道会社の企画切符が連休前に発売予定で、楽しみにしてましたがこの状況で発売延期でした。
早く日常が戻るようにと願うしかないです。ワクチンなのか、治療薬なのか、集団免疫を獲得して「コロナってあったな」と思える日が早く来て欲しいものです。
アフターコロナ、ウイズコロナと言いますが、手を洗うとかうがいするなどはごく一般的常識の習慣です。流行りだせばマスクをし、外出を控え体調を整える。それで生きていける社会で良いのです。

やはり今の政治家が小物すぎるのか         #森喜朗#日本政治のウラのウラ#遺書東京五輪への覚悟 【読書レビュー】

文句なく面白い本です。
森喜朗さんを今称賛すると炎上しそうな感じですし、「老害」とかいくら実績があろうと女性蔑視はいかんと非難されそうな空気です。しかし、少し昭和後期~平成の政治史に興味があったり、国会をたまに見るような人には絶対おすすめです。
森さんは総理大臣としては「五人組密室での誕生」「神の国発言」「えひめ丸ゴルフ事件」と非難轟々で短命に終わりました。この頃の総理大臣としては、故小渕恵三や小泉純一郎が人気やあり実力も人望もある大物政治家のように錯覚されがちです。
確かに小泉の人気は高かったのですが。この本でポロリと語られる「田中真紀子応援密約」や「郵政民営化全く意味なし」を読んでると、小泉ブームを起こしただけの小物であることがわかり、森の今に至る外交力コネクションの強さには驚かされます。
小泉以降の劇場政治、ワイドショー政治の問題、小選挙区で選挙ばかり意識して外交のできない政治家が増えた問題。正解は見えないけど、今の政治家に足りないもの引き継いで欲しいものが多く語られます。
田中角栄、福田康夫の両大物に教えられ、安倍といえば晋三は小僧っこで父親晋太郎に官房副長官に任ぜられた。当時の外務族、大蔵族に比べて大臣の専門性がなくなりただポストの順列たらいまわしになっているのも嘆かわしいところを感じます。橋本龍太郎時代の行革、省庁再編、公務員人員削減せずってのが今の役所の末期的な体たらくを暗示していたのもよく分かりました。
書く内容が多すぎて、うんオリンピックも確かにこの人の力と思いは分かった。
もちろん政治家本ってそれぞれ自分はいいように書いてるから、同時期のライバルのもよく読まないといけないのです。そして沢山読むと、本人以外のところで本音がボロボロ出てくるのが面白い。今の政治家のダメダメぶりもまあ情けないほど面白く読めます。

海外へはいつ行けるのか

コロナ禍、ワクチンで沈静化かと思えば敵もさるもの、変異株で感染力を高めて国によってはまだまだ拡大中です。
国民の過半まで接種を終えれば、イギリスやイスラエルのように収まるとは思われますが、ワクチンやこれからの治療薬開発とともにコロナとの戦いはまだ続きます。
日本に海外からの旅行客が自由に来る、そして日本人が海外に自由に旅ができるのは一体いつごろになるのでしょう。
留学とか、単純に学ぶだけならオンラインでアプリや動画でもできる仕組みはあります。しかし現地の言語や習慣等でリアルに生活を体験しないと身につかないもの経験できないことはあるでしょう。
ワクチンや治療薬、感染対策のグローバル化でコロナを季節性インフルエンザ程度の脅威に抑え込むことがここ1~2年でできるか人類の真価が問われます。
旅行や観光の復活を期します。