天使が舞い降りる25の法則

「天使が舞い降りる25の法則」
タカラヅカの楽屋に貼られている「ブスの条件25」の戒めを、自分なりに新解釈してみました。
逆説的に美男美女?で仕事をして、ひとが集まり楽しくできるかにはどういう条件が必要かです。
.笑顔がいい挨拶ができる
苦虫を噛んでるみたいで挨拶もできない人に誰も仕事を一緒にしたいとは思いませんね。
2.お礼を言える
3.美味しいと言える
4.精気がある
5.自信がある
6.愚痴をこぼさない
愚痴らず人の倍働く。時間が倍にならなければ倍工夫する、考える考え抜く誰かに聞いたり本を読んだり最低でも人の倍努力してみる
人と同じだけのことをしていても、つまらない仕事でしかない。人の倍やると、つまらない仕事がつまらなくなくなる。
非凡な人は普通の人の、最低でも3倍働いている。面白くないこと辛いことも経験であり、コヤシとなって人を大きくする。
経験していくことは決して無駄ではない。毎日がつまらないなら、それは君自身がいつまでもつまらないからだ。
つまらない毎日から脱却するのは、自分自身を面白くするしかない。
7.希望と信念がある
8.悪いときも周囲のせいにしない
「仕事が面白くないのは〇〇がバカだからだ。会議ばかりやってる。幹部はちっとも現場をわかっていない。こんな仕事やっていても意味ない」
今が楽しくないのは〇〇が悪いからだ(自分は悪くない)と思うことこそが、諸悪の根源である。自分の好きなことだけしないこと。
みんな「自分のすきなことで、自由にやれて、楽で、給料もよくて、楽しい仕事がしたい」と本当は思っている。でもそんな仕事は絶対にどこにもない。
なのでせめて自分の好きなことをしようとする。それもかまわないが、自分の好きなこと『だけ』をしていると、
結局はそれしかできないことになる。どこにもつながらないし、誰も相手にしないし、何も広がらない。
9.自分をよく知っている
10. 声が大きく元気
11.なんでもないことに傷つかない
12.他人に嫉妬しない
同期や同僚、同じ程度か自分以下の仕事しかできない人が評価されたり先に出世する不公平や不合理はどこにでもある。
自分の能力以上に評価され、昇進することほど、ある意味不幸なことはない。
高いレベルの学習・経験をつもうが、誰も褒めてもくれなくなり、自分を律して成長していくエンジンをうしないかねない。
嫉妬も不平も言わず、ひたすら自分に与えられた職務とそれ以外も、職階以上の仕事をしていく姿が、実は最高にカッコイイ。
13. 目が輝いている
14.いつも口角が上り気味
への字の口の両側を上げ、笑顔になるだけで、毎日すこしずつ面白くなる。
15.責任転嫁しない
16.共感したり感動したりする
17.楽観的に物事を考える
人間は何にでもなれる
必ずなると決意すれば、天使が舞い降り、不思議な力を発揮して、成りたいものに必ずなれる。
周囲を苦しめず 周囲を喜ばす 一歩一歩なりたいものになる努力をする。
天使の心に周囲の天使の心が集まり、なりたいものになるのを手伝ってくれ、幸運の出会いが始まり成りたいものに必ずなれる。
自分の中の天使の力を信じて、決意した理想は必ず叶えられる。
18. 問題意識を持っている
19. 他人に尽くす
自分の身の回り 机の周り クルマ 家 会社 せめてキレイに整理整頓。
他人とのネットワークはやがて自分が助かるときがある。
20.他人を信じる
21.人生においても仕事においても意欲がある
22.傲慢でなく謙虚である
23. 他人のアドバイスや忠告を受け入れる
24. 本当に正しいことは何か常に追い求める
いろんな情報があふれる時代。すぐに結論に飛びついて行動を起こしたくなる。
でも常にこれが正しいことなのかは、始める前に、最悪やり始めてからでもよく考える。
ときに集団も間違った意思決定をしてしまう。
昔は誰もが正義のヒーロー&ヒロインだった。いつからか悪の手下と手を結んでいるような自分がいないか!
25. 存在自体が周囲を明るくする
2017年秋イベントで一緒にお仕事したヘア&メイクアーティストの方
本当に明るく、積極的で仕事が好きで勉強が好きで、毎日が楽しくて輝いてるような人でした。
オフがほとんどないほど、仕事をかけもって、でも収入や保障は大会社のようにはいかない。
それでもあの人にまた会いた、話を聞きたい、指導を受けたい。
大会社で高給とってても、笑顔一つなく、ろくにゴミの片づけもできない人が残念ながら多かったです。
(美を売る会社、掃除道具売る会社だったんですが)
仕事って本来、苦しみ苦行であってはいけない。ましてそれが顔にでるようでは周りが迷惑な話です。
輝いていてまた会いたいなって魅力的な人に天使は舞い降りてきます。

快食、快眠、快便で

 やはり、健康でいるためにはこの3要素は必須であると思います。

 運動習慣や食事習慣の結果ということもありますが、特に年齢を重ねるとどれかが欠けると他も欠けていき、五感などの大切なものまで衰えを早くしてしまいます。

 病院に行くとか、孤独になってしまうと、楽しみが無いと感じてしまい3要素を自ら手放してしまいがちです。中でも腸の調子というのは、身体のいろんなところに地味に影響します。胃に比べ食べた物の影響は少し時間がかかりますが、水分をはじめ多くの栄養、あるいは害のあるものも腸で吸収されて自立神経、肌など末端にも大きな影響を与えます。

 ついつい外食、コンビニ、インスタントで消化やカロリー面ではよくても腸環境には悪い物が多いと便秘や軟便などで最終的には自律神経や気力の衰えに繋がります。

 運動や睡眠もストレスの改善になりますが、野菜や玄米を多く取るなどが難しい人は安いヨーグルトや整腸剤で一度1月ほど腸内を整えると心身ともに整うかと思われます。

 

子ども手当、所得制限撤廃、結局悪夢とけなしたあの政権と同じ?

 鳩山由紀夫の民主党政権、今となったらボロンチョンに悪夢とまでけなされ、保守層からは蛇蝎のごとく蔑まれ、リベラルからでさえ頼りなく裏切った印象が強いです。

 2009年なのでもう人々の記憶もあいまいですが、民主党政権の新たな政策は国民の多くに絶賛され選挙で圧勝し始まりました。子ども手当、ガソリン税廃止、高速道路無償化、農家の個別補償など、既存権益を打ち破り当時としては画期的にバラ色にみえたのです。

 その中で昨今の少子化対策で注目され、ゾンビのような不毛のかつての議論が、国会内政治の世界で復活しています。

 現在の岸田首相の『異次元の少子化対策』といっても子ども手当などの施策、それも所得制限なしで行えば『バラマキ』と自らが罵った悪夢のような政権と同じだという論争です。
 

 つまらないゾンビ論争です。

 自民党も旧民主党も、政策は是々非々、状況変化に対応してでいいのです。過去の自分との整合性がなければ、かつてはこう思っていたけど変わりましたと素直に言って、一緒に進めればいいのです。
 政党や総理の一つ一つの提言や政策が全部正しいなどということはありません。よくコロナや地震や原発などだと『専門家の意見を聞き』と言われる通り、法律や経済にしても必ずしも政治家が全て知っているわけではないのです。
 強いリーダーシップで推進すると同時に、政策には過去現在の言動にあまりにもとらわれずに、いいものを取り入れるべきです。
 民主党の素人集団が政権を取って、自ら閣僚になった時、慣れないで迷走しました。しんどく厳しい官僚に振り回され財界にもソッポを向かれ、結局何もできなかったのです。今さらあの時の政策は良かったと言えるほどの立場ではありません。

 個人的には、国会の与野党のつまらない論争は無意味です。一度やり取りしあったら、国会議員は野党も与党も政策の推進に、邁進すべきです。一度決まれば各委員会も超党派で進むのです。交渉すべき相手、邪魔になる官僚や企業、外国とやり合うことこそが政治が進む、談合や汚職や無駄が無くなる要点ではないかと思います。与党系の政治家だけで官僚を監視、コントロールするのは難しいのです。

テレビ放送70年 

 2月1日でテレビの本放送が始まって70年だそうです。

 白黒テレビ時代からのテレビっ子ではありますが、さすがに本当の黎明期、街頭に集まったような時代は知りません、力道山はリアタイでは知りませんが、アニメもドラマのスポーツも家庭でテレビを見始めた初期の頃は知っています。そういう面ではほぼテレビの発展、盛衰をほとんど見てきた年代かもしれません。

 カラーテレビが来た時は、少し感動しました。学校から帰ると大相撲をやっていました。今はまったく当たり前の、ただのアナログ地上波、デジタルでも4K8Kでもなくカラーというだけで本当にすごいものが我が家に来たと思いました。

 兄がいましたからチャンネル争いもありましたが、ほぼみんなが同じような特撮とかマンガとか見ている時代でした。学校から帰ると、再放送のマンガや特撮もよく見ていました。

 最近、動画投稿サイトなどで、昔の特撮ドラマも見られるので、チャンネル争いをしていた子供時代の思い出も蘇ります。

 地方のテレビ局も何だか面白い懐かしいものが多いです。転勤や出張も多く、独身時代もそれなり長かったので、家やホテルの部屋に戻るとテレビをつけて安心するテレビっ子でした。

 忘れらられそうですが、大騒ぎで地デジ対応のテレビとチューナーのデッキを買いましたが、カラーテレビ登場ほどの感動はなく、踊らされてたのかなと思いました、

 ネットをやり出し、スマホやパソコンで事足りることが増え、まずテレビからまずスマホの時代になりました。テレビの制作側の劣化も言われますが、初期のCGもない特撮や、アニメを見れることも含めてテレビはスゴイことをしてきたと感嘆しています。

 
 

パワハラついついありがち

 人を教えるとか、組織を守って目標に近づけるのは難しいとつくづく思います。
 私も人を育て、教えるのは得意ではありませんでした。

 自分がいい聞き手や教わる側でもなく、独習型でしたからなおさらです。
 ついつい『こんなこともできないのか』『知らないのかよ』『前に教えたじゃないか』とイライラしてきます。
 ところがもちろん自分が逆の立場だと、イヤなものです。
 それでも自分だけはいい先輩、いい上司になろうと思っていた人もパワハラ、お局になっていくのです。
 どこの職場でもあることです。

 他人に対する想像力とか、リスペクトなのです。言葉では簡単でも、難しい。テレビなどで見る極端な例、LGBTなどは分かりやすいですが身近な人には適用できない場合が多いのです。

 自分でももっと謙虚に寛容になれたらと日々思います、

夜汽車 『どうにかなるさ』死語になりそうな旅へのロマン

厳密にいうと寝台列車は、特殊なリゾート列車以外はほとんど廃止され、飛行機や夜行バスに代替されました。夜汽車という定義は、夜を走る列車ということなら、通勤電車でも日が暮れれば夜汽車ですがやはり長距離の旅に出る夜行列車のようです。

 唱歌や昭和のJPOPには唄われた夜汽車。青雲の志で故郷を離れたたり、何らかの事情で人や土地と別れるため夜汽車に乗り込む情景があります。
 自動車、夜行バスや新幹線とはちょっと味わいの違う言葉です。仕事に疲れてふと通勤電車の横にブルートレインがあると、あれに乗って遠くに行きたいと若い頃思いました。

 旅の仕方も生き方も安全で確実なものに変わりました。1970年ごろのかまやつひろしさんの名曲『どうにかなるか』の出だしは『今夜の夜汽車で旅立つ俺だよ あてなどないけど どうにかなるさ、』というので始まります。
 有り金はたいて片道切符を買う、住み込みでも何でも働き生きていけた時代であり、そういう自由で大らかな人が多かったのでしょうか。

 どうにかなるさは、現代人に夜汽車とともに持ち続けて欲しいフレーズです。

電気代ガス代大幅値上げ、今こそウクライナ問題、原発再稼働問題を真剣に討論すべき

 都市ガスや電気代がこの5月ぐらいにさらに急上昇します。今の厳寒の燃料代の請求が来る来月当りでも、主婦はその請求書の額に驚くぐらいでしょう。
 諸物価や保険料、税負担も増える中でのインフレ、しかも賃金所得はそう上がらず失業廃業さえ増える不況の中でのまさにスタグフレーションです。

 北国では電気やガス、灯油をやせ我慢することは生命の危険に繋がります。厳寒後でなくとも毎年1万人くらいの、風呂場の寒さによるヒートショックで死ぬ人はさらに増えるでしょう。国民生活や企業の必須経費に直結する光熱費や燃料費の高騰を抑えることは、国の重要な政策事項です。
 確かに、『ウクライナの戦争はロシアが悪いように見える』『古い原発の再稼働は危険な気がする』とか漠然と正しいか間違いか分からず議論もされないままに、電力料金やガス料金は天井知らずに上がります。
 この2つの課題に関して、当然その通りで『ロシアを擁護するなんてけしからん』『原発の再稼働等許されん!近くに住んでみる人間の身になってみろ』と激高される方もおられるでしょう。
 しかし、国が全体の幸福を求めるのであれば、議論して説明を尽くし納得してもらわないといけません。

 ロシアのプーチンが好きだろうが嫌いだろうが、LNGにも石油にも、そこから生まれるエネルギーにもプーチンの色も匂いもついていません。戦争の背景やウクライナ侵攻は非難はしても、エネルギーや食糧も問題、漁業や領土の問題のため、隣国としては嫌でも付き合いを拒否するほどの喧嘩になってはいけないのです。当然、アメリカやヨーロッパとも是々非々でうまく付き合わないといけませんが、のらりくらりでいいのです。国際世論と言われますが、アメリカとEUのほんのひと握りの国で、その他のほとんどの国は非難はしても制裁には加わっていません。実際の制裁に率先して加わらずともできることはあり、失うものは少ないはずです。森元首相や鈴木宗男議員らをバッシングしますが、この人らのように嫌われてもロシアとの筋は残しておかないといけないのが外交です。

 私は一貫してゼレンスキーのウクライナに対してが同情はあっても、大統領の支持はしません。戦争を拡大するだけの姿勢には大いに疑問です。

 原発再稼働に関しては3.11以降の日本であまりにも技術論を無視して感情論になっている点です。双方がよく理解して議論をして説明をしてもっと早い段階で再稼働をしていないといけなかったと思います。
 化石燃料が環境に悪くイヤとか、その化石燃料もロシアや中東依存でイヤというなら、原発再稼働しか選択の余地はないのです。バカ高い再生可能エネルギーに神頼みして、北国の人は冬にみんな凍死していかないといけません。この先も原発は廃炉にもできず維持管理もしていかなければいかずそれにも莫大な予算と技術者が要ります。若い技術者は日本ではこの風潮では原発には行かないので、いつテロがあっても可笑しくない、AA諸国の技術者、労働者、管理者で溢れています。核融合や水素の技術も踏まえ、日本のエネルギー技術者のステータスを高めていかないと、エネルギー問題は解決しません。

 寒い地方にいる方、お金のある方無い方、北方の漁場に関わる方、停止中の原発に近いところにお住まいの方それぞれ当事者でないと分からない痛みや苦しみはあるでしょう。しかし、全体の幸福のために理解をして、場合により保障を受けたり工夫をして国策に従うのは当然の義務となることです。まず、議論を始めることもなく、値上げではこの国の国力は無くなっていきます。
 
 

『コロナ5類へ』で思うこと

 確かにコロナは未知で人類をパンデミックスの終末へと誘う恐怖の大王かと思われました。武漢やクルーズ船の状況が伝わり、刻刻と感染者が増え、ワクチンやおろかウレタンマスクすら手に入らないパニックになっていました。3年ほど前になります。

 ある意味異常事態、緊急事態に慣れてしまったような日々が続きました。
 だんだん日常に戻すと言いながら、毎日感染者数や死者の数は報道され、第何波や変異株の名前が煽られます。感染力のインフレとでもいうのか、変異を繰りかえすごとに前の1.何倍も強いと煽り、以前のはそんなに弱かったのとツッコミたくなるほどです。
 3年も続くとは思わなかったこの事態が、慣れや諦めの惰性を産み、いろいろな澱みを産みました。
 本来、医者や薬品開発のメーカーや厚労省はウイルスと戦い人類を救う正義の味方のはずでした。ところが少なくともこのグループの中に大きくお金を儲け、この事態が続くことを喜んでいる人達がいるようです。
 人間やはり、お金には弱いし、ましておそらくバレずに大きなお金を労せずして得られる誘惑には勝てないのでしょう。
 開けていても儲からない小さな居酒屋や料理店の中には、給付金で普段働くよりお金を手に入れた人もいます。こんな話が広がると、業種によって不公平だとも思われ、不正な受給やゴマカシの税逃れも増えました。ましてワクチンを打ちまくった医師、病床を用意し待機しただけの大きな病院や医薬品メーカーがどさくさに儲かったのです。
 感染拡大のために逼迫した医療機関の従事者の激務の中で、ハイエナやシロアリのような輩に巨額の金銭が動いているのが日本の宿痾です。
 

 コロナ関連には莫大な予算が投下されましたが、マスクのしろ病床にしろ、ワクチンにしろ結局感染予防は完全には防げず死者も多いままでした。お金だけが使われ、今後の増税、一般国民の借金です。バブル以降日本の経済や財政はずっとこういうところで、真面目に一生懸命働いても報われないような悲しい理不尽な構造になっています。オリンピックの裏金でもそうですが、有名人やアスリートの努力があり全否定はできないのをいいことに、ハイエナやシロアリが美味しいとこを持っていくスキームです。
 こんなことをやっているから、経済が弱く、所得が増えないままかつての先進国がどんどん追い抜かれ、気がつけばトップグループはおろか真ん中のへんでも後方で前に追いつけなく大差をつけられています。
 一人一人、しっかり見て、流されず倫理をもって判断し真面目に努力していかないとけないでしょう。頑張れというか、頑張って欲しい日本です。
 

お客様ファーストではないJR西日本に失望

 私は旅、鉄道に乗ることが好きな乗り鉄です。JRには普段お世話になっています。しかしやはりJR西日本には深く失望しました。企業としても危機管理、危機や謝罪の対応がなっていません。
 もちろん深夜から夜通し復旧に尽力した現場の保線社員さんは大変な苦労だったでしょう。しかし問題を上に上げられない社員も、判断のできない社長もダメ。
 私が会見で質問する記者なら『これが新快速、通勤客でなく大臣や皇族が乗っていたらどうした?!』と問います。新快速の通勤客などどうでもいいと思うならとんでもない企業です。
 逐一刻刻と状況は変わります、自然の状況も、人間の体調も30分と2時間、2時間から4時間と経てば、最初なんとかなったものも逼迫した事態になります。
 経営者は利用者目線になり、全て加味した判断をしないといけませんし、一度決めても臨機応変に時に朝礼暮改でも、変化に対応して生命と安全を守らないとならないはずです。
 信楽線、福知山線の事故、その後の新幹線トラブルはじめ重大なインシデントが重なる体質は不気味なほど根深い宿痾を感じさせます。
 喜々と鉄道に乗り、レアな路線や車両に乗ることを楽しめなくなります。
 

「善く戦う者敗れず」イケイケの戦争だけは避けたい

 著名なタレントが『現代は新しい戦前』という言葉を使い今の世相、風潮を心配していました。
 最近読んだ本の中に、戦前の軍部の勢いとそれを鼓舞する国民の危うさを描いている作品がありました。歴史を後世から見てしまうと結果が分かってしまい、神以上の視点からリードさあれるのでそこは差し引いて考えないといけません。
 しかし、古来戦争に対する戦略、兵法というものは深く、政治やビジネスにも重用されてきました。
 漢書の刑法志に「善く師する者陳せず」「善く陳する者戦わず」「善く戦う者敗れず」「善く敗るる者滅びず」というのがあります。
 うまく軍を動かす者なら、布陣せずに解決する。その才が無くても、うまく陣を敷けば解決する。その才が無い者も、うまく戦えば負けない。そして負けるとしても上手く負ける才ある者は滅びない。というところでしょうか。
 軍備とか防衛費と言われますが、戦いというものは、開戦前から始まっており、戦闘に入らずに終わることもあるということです。戦争反対ということではなく、勝つにもいい勝ち方をすること、負けるにも善い負け方に留めることが大事というのです。
 よく勝負事は勝たないといけないと、思い込みかえって自分の戦い方を忘れて失敗をし、勝っても悪い勝ち方をしてしまう人、間違う国家があってはなりません。
 漢書どころか孫子さえ読んでない政治家では心配です。

自然は恐ろしい 状況判断も難しい

 昨日の大雪でいまだに家族が難渋している。
 京都市内在住の昨日は私も外出していて、午前はアラレとみぞれ程度だったし、時折晴れました。しかし3時過ぎから空気がとても冷たくなり最強寒波らしく、風も猛烈に強く厳しくなりました。そして5時過ぎには雪が一気に積り歩行も自動車運転もままならぬ状況になっていました。
 予想通りというか、予想以上の天気の悪化でした。JRが京都周辺で壊滅的な運行取りやめとなり数本の新快速などで、朝まで閉じ込められていました。そのなかに滋賀に通勤して帰る途上の家族がいました。
 早く帰れという指示や、代替手段の連絡も後手に回り、待てばJRも動くという甘い観測は何重にもミスでした。もっと早い段階でなら、京阪京津線石山に何とか移動して最終に間に合った可能性もあり、普段鉄道アナリスト的な話を書いていても状況に判断ミスを悔います。
 自然は侮れない。危機の状況判断にはあらゆる情報を検討し、ベストを尽くさないといけないと改めて思います。