天使が舞い降りる25の法則

「天使が舞い降りる25の法則」
タカラヅカの楽屋に貼られている「ブスの条件25」の戒めを、自分なりに新解釈してみました。
逆説的に美男美女?で仕事をして、ひとが集まり楽しくできるかにはどういう条件が必要かです。
.笑顔がいい挨拶ができる
苦虫を噛んでるみたいで挨拶もできない人に誰も仕事を一緒にしたいとは思いませんね。
2.お礼を言える
3.美味しいと言える
4.精気がある
5.自信がある
6.愚痴をこぼさない
愚痴らず人の倍働く。時間が倍にならなければ倍工夫する、考える考え抜く誰かに聞いたり本を読んだり最低でも人の倍努力してみる
人と同じだけのことをしていても、つまらない仕事でしかない。人の倍やると、つまらない仕事がつまらなくなくなる。
非凡な人は普通の人の、最低でも3倍働いている。面白くないこと辛いことも経験であり、コヤシとなって人を大きくする。
経験していくことは決して無駄ではない。毎日がつまらないなら、それは君自身がいつまでもつまらないからだ。
つまらない毎日から脱却するのは、自分自身を面白くするしかない。
7.希望と信念がある
8.悪いときも周囲のせいにしない
「仕事が面白くないのは〇〇がバカだからだ。会議ばかりやってる。幹部はちっとも現場をわかっていない。こんな仕事やっていても意味ない」
今が楽しくないのは〇〇が悪いからだ(自分は悪くない)と思うことこそが、諸悪の根源である。自分の好きなことだけしないこと。
みんな「自分のすきなことで、自由にやれて、楽で、給料もよくて、楽しい仕事がしたい」と本当は思っている。でもそんな仕事は絶対にどこにもない。
なのでせめて自分の好きなことをしようとする。それもかまわないが、自分の好きなこと『だけ』をしていると、
結局はそれしかできないことになる。どこにもつながらないし、誰も相手にしないし、何も広がらない。
9.自分をよく知っている
10. 声が大きく元気
11.なんでもないことに傷つかない
12.他人に嫉妬しない
同期や同僚、同じ程度か自分以下の仕事しかできない人が評価されたり先に出世する不公平や不合理はどこにでもある。
自分の能力以上に評価され、昇進することほど、ある意味不幸なことはない。
高いレベルの学習・経験をつもうが、誰も褒めてもくれなくなり、自分を律して成長していくエンジンをうしないかねない。
嫉妬も不平も言わず、ひたすら自分に与えられた職務とそれ以外も、職階以上の仕事をしていく姿が、実は最高にカッコイイ。
13. 目が輝いている
14.いつも口角が上り気味
への字の口の両側を上げ、笑顔になるだけで、毎日すこしずつ面白くなる。
15.責任転嫁しない
16.共感したり感動したりする
17.楽観的に物事を考える
人間は何にでもなれる
必ずなると決意すれば、天使が舞い降り、不思議な力を発揮して、成りたいものに必ずなれる。
周囲を苦しめず 周囲を喜ばす 一歩一歩なりたいものになる努力をする。
天使の心に周囲の天使の心が集まり、なりたいものになるのを手伝ってくれ、幸運の出会いが始まり成りたいものに必ずなれる。
自分の中の天使の力を信じて、決意した理想は必ず叶えられる。
18. 問題意識を持っている
19. 他人に尽くす
自分の身の回り 机の周り クルマ 家 会社 せめてキレイに整理整頓。
他人とのネットワークはやがて自分が助かるときがある。
20.他人を信じる
21.人生においても仕事においても意欲がある
22.傲慢でなく謙虚である
23. 他人のアドバイスや忠告を受け入れる
24. 本当に正しいことは何か常に追い求める
いろんな情報があふれる時代。すぐに結論に飛びついて行動を起こしたくなる。
でも常にこれが正しいことなのかは、始める前に、最悪やり始めてからでもよく考える。
ときに集団も間違った意思決定をしてしまう。
昔は誰もが正義のヒーロー&ヒロインだった。いつからか悪の手下と手を結んでいるような自分がいないか!
25. 存在自体が周囲を明るくする
2017年秋イベントで一緒にお仕事したヘア&メイクアーティストの方
本当に明るく、積極的で仕事が好きで勉強が好きで、毎日が楽しくて輝いてるような人でした。
オフがほとんどないほど、仕事をかけもって、でも収入や保障は大会社のようにはいかない。
それでもあの人にまた会いた、話を聞きたい、指導を受けたい。
大会社で高給とってても、笑顔一つなく、ろくにゴミの片づけもできない人が残念ながら多かったです。
(美を売る会社、掃除道具売る会社だったんですが)
仕事って本来、苦しみ苦行であってはいけない。ましてそれが顔にでるようでは周りが迷惑な話です。
輝いていてまた会いたいなって魅力的な人に天使は舞い降りてきます。

大手はWポイントの時代、もはや価格で中小、個人事業が太刀打ちできない

大手外食、ドラッグや家電量販がTやd、Rといったポイントとともに囲い込んだ自店のカードのポイントもつけるサービスを始めています。
零細小売店の家に育ち、メーカーとして流通の取引先様々担当した私からみれば、もう大手はやりたい放題です。
零細企業は社会の構造変化で厳しくなったけど、コロナ以前にもう大手に圧倒され、中小もどんどん飲み込まれ再編されていきます。
pointにより囲い込み、ためておまけやプレゼントがもらえる程度だったものが、今やただの値引きです。それを二つのカードでやるのは不当廉売にあたりそうですが、現金値引きではないですし、政府までマイナカード導入やGOTOキャンペーンでポイントを乱用してますから、直接値引きでないと抑えることもできないのでしょう。
しかし、デフレの問題もありますし、結局は売る側の利益も損なうような気がするのですが、スケールメリットでカバーできる強みがあります。少々のポイント関連を払っても、儲かる商材や数量でカバーできる大手に比べ、同じようなものを同じような値段でしか売れない中小や零細はさらに厳しいところです。
ただ大手も別に零細を相手にしているのでもなく、ネット販売に取られ苦しんでの苦肉でもあるでしょう。
消費する、モノを買うという行為がもう昔と違うのです。
もちろん絶対的な違いの価値観があれば、少々高くても

『ケチ』『いちゃもん』をつけられたと思わない

首相や官房長官、与党大物政治家等が野党や記者に突っ込まれうと、それをかばう側は「ケチをつけるな」「いちゃもんつけやがって」的な上から怒りの態度になるときがあります。
最近の政府与党もそういう発言がありました。どうしようもない時、一所懸命やっている時、誰が変わってもそう変わらないような時、どうしてもケチつけてないで協力して、前向きにと思う気持ちも分かります。
私もプレゼンをさんざんやっていた時思いましたし、逆に質問や指導する時もありました。そういう時やはり、細かいこと聞いてケチつけて恥かかそうとかやっかんでるとか被害妄想になる人がいます。
かつての同僚、後輩なのですが、すぐにむくれる人がいました。体育会系で、それなりプレゼンを学んだんですがやはり気が短く、高圧的で調子のいい時もありましたが」、淘汰されてしましました。
もちろん、根も葉もない中傷や批判には毅然と否定、時にはスルーしないと、実際に組織の攪乱やら時間の浪費になる場合もあり、そこらの知識と判断力、表現力は求められます。しかしあくまで他人の意見を聞き入れるスタンスがないと、誰からも支持はされないでしょうし、良い情報は集まりません。
やはり人からの指摘や質問には丁寧に対応して、教えてくれてありがとうのスタンスでこそ天使が舞い降りるのです。

ゆったり移動できる電車を

東京の通勤地獄も少しは減っていくのかという今日この頃です。
新幹線の移動もだいぶ減って鉄道会社は青息吐息ですが、この機会にどうせ空気を運ぶようなのならいっそ大規模に車両を改造して欲しいです。
リニアが速度重視で、それでも中国に先越されそうな雲行きです。それなら日本は定時運行、安心安全、環境配慮とともに社内環境もアフターコロナに対応していくことです。
リニアは短時間で今さら座席数は変えられませんが、新幹線や在来線は思い切って3列席を2列に、2列を1列にして密をさけ快適にしてしまえばと思います。

アメリカの紳士度合いも自由度合いも劣化した

戦争で日本はアメリカ屈服し、占領されました。ただ戦争中おそれていた程アメリカ人に粗暴な支配をされたわけでもなく、自由で民主的でハイセンスな文化に圧倒されその国力の大きさ豊かさに憧れたものでした。
実際にアメリカが世界一に発展した日本の戦後あたりが、アメリカが最も充実して魅力のあった時代だったようです。この頃敗戦国を手なづけ同盟国として利用しながらも7、日本の人材を学ばせ導いたアメリカは、まぎれもなく日本の恩師であり親分でした。
ベトナム戦争、冷戦の終結でアメリカはだんだん成熟し劣化が始まりました。
もう紳士的な道義ではなく、金儲けと強引な規則を押し付けるだけの我がままな老人になりました。
二大政党制の大統領選挙もフェアとは程遠く、とことん罵り合い足を引っ張り合う他国から見ても美しさも尊厳も何もない醜い争いです。
戦後75年も過ぎ、日本は朝鮮戦争の景気でアメリカの後押しと勤勉な努力で発展しました。しかしその後バブルははじけ経済は低迷失速します。バブル以前から道徳や尊厳よりも経済を優先した結果ではないかと思います。
アメリカもまた軍需産業やその他の産業でメジャーを抱えて支配する立場の維持と拡大に終われ、学ぶべきところの少ない国になりました。
トランプの目指したアメリカナンバー1、強いアメリカの復権は頷ける部分もあり支持も集めましたが、結局は分断と対立を深め秩序さえなくなりました。
日本はアメリカや中国に比べ小国です。アメリカとは同盟関係にあり、中国とは経済で深い関係にあります。日本の中でもネットなどで左右に分かれののしり合いがあります。そんな極論ではなく、それぞれバランスをとりながら国際社会を渡り日本国としての尊厳を取り戻して、独自にもう一度文化も経済も花開くようにしていかないとと思います。

定額給付金10万円いらなかった?まだいるのか?

コロナ禍の10万円、もうなんだか貰ったのも忘れてる人も多いでしょう。
大金持ちでも、安定した収入があろうがなかろうが、コロナの影響を受けようといまいと国民1人10万円。これはなかなか人により感じ方違いました。本当に助かった人もいれば、一夜の飲食や服飾で消えるくらいの富裕層もいるでしょう。
一律は景気対策的意味合いであり、人気取りでもあります。年金生活者や公務員等はたとえ低所得でもコロナでの収入は変わっていないので本来給付はいらなかったはずです。コロナで減収となった方をきめ細かく判定して給付するのは時間もかかり手続きも煩雑になり不正もあり得ます。難しい問題です。
一律給付は財政負担も大きく結局はそれは税金に返ってきます。しかし給付をせず減税では何だか印象は薄いのでこれも効果は疑問です。
大きな流れとしては、自粛の飲食店の支援給付も範囲や金額の線引きは難しい問題です。水商売であり原因が社会情勢なので、税や社会保険料等の免除猶予はあっても働かない儲からないところに支援を続けるのはある程度の範囲に留めるべきです。
最低限の保障はして耐えてもらう時期です。

二十四節気:大寒、みずがめ座

寒の入りから、特にこの冬は寒く大寒もほぼぴったりの寒さのようです。
太陽黄経が300度になった日で、尋常でない寒さになるといわれています。
西洋占星術ではみずがめ座のソーラーリターンとなります。黄道エリアの星座が1年最初に変わるタイミングです。知性的で意思の強いみずがめ座のパワーで今年のスタートダッシュをさらに勢いづけましょう。

有事の政治家は出ないか コロナ禍

菅総理の覇気のない演説が不評なようです。
就任以来不眠不休で、課題山積みの中プレッシャーと戦い頑張っておられますが、コロナ対策の遅れと断罪され風当りは強いようです。
民主党政権の菅(かん)内閣の東日本大震災とそれに続く福島原発事故も大きな惨事でしたが、今回のコロナ禍はまさに日本社会を揺るがしかねない有事です。
平時と有事でトップに求められるものは違うのです。
必ずしも年齢が若いとかではないですが、平時以上のリーダーシップ、判断力、活力が求められます。
これは有事平時に限らずなのでしょうが、有事には凡才がリーダーですとたちまち下の者は悪影響を被り組織は壊滅に至りかねず世論などで轟々たる批判が生まれます。
組織が危機を迎えれるリスクは常にありますので、リーダーは二世やコネ、しからみ、一時の発言や容貌などでの人気などでたまたま選ばれるとまずい結果が待っています。
必ずしもカリスマ的逸材でなくとも合議制等で周知をもって、難局危機を乗り越える手もあります。菅総理、自民党は今が正念場です。政権交替を果たした民主党が衰退し、党内反主流派も弱く、他に選択肢がないからという消極的理由に甘んじていては本当の政(まつりごと)はできません。
今が正念場であり、多くの日本の課題の集大成を乗り越えるチャンスでもあるはずです。政府与党の頑張りに期待します。

年金で生活するには

国民年金だけだと満額でも月6万強、ここから健康保険や介護保険を天引きされ、税金や家賃、公共料金を引くとさすがに残るものは少ないです。
自営の方だと満額にも遠い場合もあります。
繰り下げや、高齢任意加入等で増やすといっても、待期期間やそれまでの納付をしての話なので、かなりの我慢は必要です。
年金不安で年金保険料を払いたがらない方もいますが、それ以上の預貯金や積み立ての投資資産などがないと余計苦しいです。自営の方は基本定年がなく長く稼げるとは言え、いつ健康状態や社会経済要因で稼げなくなるかわかりません。貯蓄や投資も大事になりますし、働けるうちはしっかり稼ぎ貯めることと、身の丈にあった生活を考えるころです。
もちろん、身の丈に合わせるのは2階建てで厚生年金のある方も同じです。
あればあったでちょっとした見直しが放置されて、出ていくお金が抑えられないものです。
老後の生活にリスクはつきものです。
今切り捨てるもの、我慢するものを見極める。努力して貯めることです。「足るを知る」「身の丈を知る」ことによって満足いく老後となるはずです。

阪神大震災26年前の神戸は医療崩壊レベル桁違いの野戦病院

26年前震災の神戸、スマホはまだ無く、トリアージュ、ボランティア、ER,ICU,ECMO,医療崩壊なんて言葉はまだ一般的に知られてない時代。今はリタイアされた看護師さんの呟き、神戸市市内の全ての医療機関がライフラインも途絶え野戦病院さながらの状況だったそうです。医療関係者、市民皆が必死になって助けあった。医学も技術、通信も目覚ましく発展した現代、コロナ禍(感染症と比べるのも違うかもしれないが)ステージ4医療崩壊というなら、当時の市内はステージ40いや400ぐらいやと。

頑張れ受験生

思い出す雪の中の共通一次試験。
無駄みたいな受験勉強、必死に努力したことそのものが人生の糧になります。
失敗も挫折もやがて人生に役立つ経験です。合否は最後は運命です。精一杯頑張ってください。