天使が舞い降りる25の法則

「天使が舞い降りる25の法則」
タカラヅカの楽屋に貼られている「ブスの条件25」の戒めを、自分なりに新解釈してみました。
逆説的に美男美女?で仕事をして、ひとが集まり楽しくできるかにはどういう条件が必要かです。
.笑顔がいい挨拶ができる
苦虫を噛んでるみたいで挨拶もできない人に誰も仕事を一緒にしたいとは思いませんね。
2.お礼を言える
3.美味しいと言える
4.精気がある
5.自信がある
6.愚痴をこぼさない
愚痴らず人の倍働く。時間が倍にならなければ倍工夫する、考える考え抜く誰かに聞いたり本を読んだり最低でも人の倍努力してみる
人と同じだけのことをしていても、つまらない仕事でしかない。人の倍やると、つまらない仕事がつまらなくなくなる。
非凡な人は普通の人の、最低でも3倍働いている。面白くないこと辛いことも経験であり、コヤシとなって人を大きくする。
経験していくことは決して無駄ではない。毎日がつまらないなら、それは君自身がいつまでもつまらないからだ。
つまらない毎日から脱却するのは、自分自身を面白くするしかない。
7.希望と信念がある
8.悪いときも周囲のせいにしない
「仕事が面白くないのは〇〇がバカだからだ。会議ばかりやってる。幹部はちっとも現場をわかっていない。こんな仕事やっていても意味ない」
今が楽しくないのは〇〇が悪いからだ(自分は悪くない)と思うことこそが、諸悪の根源である。自分の好きなことだけしないこと。
みんな「自分のすきなことで、自由にやれて、楽で、給料もよくて、楽しい仕事がしたい」と本当は思っている。でもそんな仕事は絶対にどこにもない。
なのでせめて自分の好きなことをしようとする。それもかまわないが、自分の好きなこと『だけ』をしていると、
結局はそれしかできないことになる。どこにもつながらないし、誰も相手にしないし、何も広がらない。
9.自分をよく知っている
10. 声が大きく元気
11.なんでもないことに傷つかない
12.他人に嫉妬しない
同期や同僚、同じ程度か自分以下の仕事しかできない人が評価されたり先に出世する不公平や不合理はどこにでもある。
自分の能力以上に評価され、昇進することほど、ある意味不幸なことはない。
高いレベルの学習・経験をつもうが、誰も褒めてもくれなくなり、自分を律して成長していくエンジンをうしないかねない。
嫉妬も不平も言わず、ひたすら自分に与えられた職務とそれ以外も、職階以上の仕事をしていく姿が、実は最高にカッコイイ。
13. 目が輝いている
14.いつも口角が上り気味
への字の口の両側を上げ、笑顔になるだけで、毎日すこしずつ面白くなる。
15.責任転嫁しない
16.共感したり感動したりする
17.楽観的に物事を考える
人間は何にでもなれる
必ずなると決意すれば、天使が舞い降り、不思議な力を発揮して、成りたいものに必ずなれる。
周囲を苦しめず 周囲を喜ばす 一歩一歩なりたいものになる努力をする。
天使の心に周囲の天使の心が集まり、なりたいものになるのを手伝ってくれ、幸運の出会いが始まり成りたいものに必ずなれる。
自分の中の天使の力を信じて、決意した理想は必ず叶えられる。
18. 問題意識を持っている
19. 他人に尽くす
自分の身の回り 机の周り クルマ 家 会社 せめてキレイに整理整頓。
他人とのネットワークはやがて自分が助かるときがある。
20.他人を信じる
21.人生においても仕事においても意欲がある
22.傲慢でなく謙虚である
23. 他人のアドバイスや忠告を受け入れる
24. 本当に正しいことは何か常に追い求める
いろんな情報があふれる時代。すぐに結論に飛びついて行動を起こしたくなる。
でも常にこれが正しいことなのかは、始める前に、最悪やり始めてからでもよく考える。
ときに集団も間違った意思決定をしてしまう。
昔は誰もが正義のヒーロー&ヒロインだった。いつからか悪の手下と手を結んでいるような自分がいないか!
25. 存在自体が周囲を明るくする
2017年秋イベントで一緒にお仕事したヘア&メイクアーティストの方
本当に明るく、積極的で仕事が好きで勉強が好きで、毎日が楽しくて輝いてるような人でした。
オフがほとんどないほど、仕事をかけもって、でも収入や保障は大会社のようにはいかない。
それでもあの人にまた会いた、話を聞きたい、指導を受けたい。
大会社で高給とってても、笑顔一つなく、ろくにゴミの片づけもできない人が残念ながら多かったです。
(美を売る会社、掃除道具売る会社だったんですが)
仕事って本来、苦しみ苦行であってはいけない。ましてそれが顔にでるようでは周りが迷惑な話です。
輝いていてまた会いたいなって魅力的な人に天使は舞い降りてきます。

母の気持ちを懐かしく思う

 アイルランド民謡、ロンドンデリーでも知られるデニーボーイの歌詞が、最近どうも頭から離れません。
 戦争にいってしまう子供を案じた母の歌なのですが、何となく現代の出世レースや単身赴任などを浮かべます。
 母親や妻は出世や勝利より、負けてもいいから無事を願う。母性とはそういうものかと思います。家を掃除し、衣類や食事を準備して帰りを待っていただろう母がいたことを思い出しました。
 みんながみんな勝者や支配者にはなれないですから、無事なる帰還が家を守るものにとって何よりなのでしょう。

忘れかけていた彼女の思い出

 自分も忘れかけていた20代で友達以上恋人未満であり続けた女性の夢をみました。彼女のことを久しぶりに思い出しました。
 今年は何となく青春群像劇みたいなドラマとか、もどかしいラブコメが印象に残ったからかもしれません。チャラい恋愛ではなく、仕事とか生き方みたいなテーマで学生時代の仲間の男女が描かれていたりしたせいでしょうか。
 実際に恋愛感情を表に出さないシャイな男女のつきあいって今時そう多くはないのでリアリティないと思ったりもしました。
 しかしよく思い出してみると、若い頃本当にシャイでなかなか結婚を前提にお付き合いしましょうとは進まなかった自分がいました。
 その夢、仲間と同窓会のように集まった席で、当たり前のように寄り添い彼女から背中に手を回してきた。
 未だになぜあの時結婚すると言ってくれなったかを責められているような、もどかしさとやはりあれは恋愛だったのかというある種の安ど感がありいました
 あの時勇気をもって告白し、それを受け容れてくれるか確信も持てなかった。仕事でも一人前でない上、結婚までの恋愛の道筋や相手の深い心理の分からない若輩でした。
 もう30年以上前になるので、思い出すのも断片的で、社会人になって大阪に3年、その後広島に赴任した頃まで帰省する度に二人で会って他愛のない近況報告的話をしていました。
 それもデートスポットに行くでもなく、繁華街を歩くか公園散歩、彼女の家でゴロゴロしてたとかでした。
 化粧品会社にいたので多くの女性との関係に悩み、仕事にも悩んで相談をしていたような気もします。そして彼女の気持ちや悩みはあまり勘ぐっていなかったのでしょう。
 化粧品会社には美魔女のような妖艶な女性が多いということに彼女は「妖艶はパスですね」と自分はそういう女性とは勝負にならないという意味の宣言をしていました。元々地味な顔立ちで隣の友人がひまわりならば可憐な野菊のようなタイプの方でした。
 力づくのような恋愛が嫌いだということをサークルの中の本人のメモで見かけて私はそれはそれでちょっと慎重になっていました。
 いろんな要素が公園の迷路のような遊具で追いかけっこをした時、真正面でぶつかりかけた時抱きしめるような間合いがあったようですが、結局手を握ったぐらいまででした。
 今から思えば20代の後半なんて結婚には早いのですが、当時は女性は25過ぎたらクリスマスケーキとも言われ、何だか気持ちのはっきりしない先輩にいつまでも未練は持たずか、彼女が結婚するという話を聞きました。
 直接聞いたのか、彼女の友人からかもう忘れましたが、異性なので当時は当然式や披露宴には呼ばれずお祝いを家に直接家に持っていくことになりました。
 少し洒落たお祝いだったとは思います。
 その前から交際は聞いていまして、彼女の家で時間差ですれ違ったこともあるようです。まあ彼女が二股というわけではないでしょう。たぶんその時、私も別に交際している人や好きな人はいた時もありました。
 でもお祝いの大きなパネルに入った写真だか絵だかを渡し、彼女に部屋で話し込んだ日は特別でした。もう結婚は1週間後ぐらいの最後の休日の夜です。
 彼女は私との思い出を細かくつぶさに一つ一つ饒舌に話し出しました。私が合いの手を挟み返事をするやいなや途切れなく、私が忘れかけていたような場所や言動まで漏らさずに話しだしました。
 思えばその時彼女はマリッジブルーで何かにとりつかれていたのかもしれません。あえて彼女は私から絶対に話を切らせない。この時間が永遠に続くのを望んでいるようなトークが続きました。それでも常識的な時間ではない深夜になりつつありました。
 自分からは止められない空気だったものの、こんなに微細に語っていてはとうてい今夜中に終わらないと思い始めた頃、彼女の母親が入ってきて彼女を呼び出し諭したようです。
 何を母親に諭されたのかは分かりませんが「もう遅いので、」ということで話としては半ばのまま、日付が変わる前には彼女の家を出ました。
 あの夜も、大逆転で結婚を止めてプロポーズをするという選択肢はあったのでしょうか。
 そこまでの強い気持ちは無かったからこその今とは思います。人生にタラレバは無いのです。
 このエピソードはまあ良識ある人に言わせるとあり得ない鈍感と非常識といわれています。
 あの時結婚していれば、数年後今の妻に出会うことも、今の愛息たちが産まれることはなかったという運命なのは間違いないでしょう。
 

ワクチンの損益分岐点は必ずある

 ワクチンの効果はそれなり分かるので、素人が考えても2回打つより3回打つのが効果は高そうなのはそう、その通りでしょう。
 問題は一般には全く開示されていない費用の面と、3回4回、他社と混合して接種していくことでベネフィットとリスクの差が小さくなることです。
 厚労相資料でも、ワクチンや薬というものはベネフィットもあるが副作用というデメリットもある毒なのです。健康ならば服用や接種はなるべくしない方がようはずです。
 アナフィラキシーショックやアレルギー、心筋炎といったすぐに分かるものも確率は低いながら単純に回数により増えます。
もっと不安なのは長期的に見た、免疫の弱体化、がんの活性化等まだわからないリスクにまだエビデンスがないことです。
 もう少しゆっくりでも良いのではないかというしがらみの少ない医療関係者の意見が、トンデモ陰謀説と一緒に丸められてしまうことです。
 薬品メーカーの圧、感染再拡大への大きな波に流されるのが怖いです。 あともちろんワクチン費用とコロナ対策はやがて、こんだけかかってましたと増税される時期も必ず来るということです。
 

理想の仕事につけるか

 今NHKの朝ドラで気象予報士のドラマをやっています。現代の東北の被災地を舞台に、いろんな青春群像やその親の宿命等も描いています。
 気象予報士というのが今時なのか、それでも長丁場のドラマのでその職業に憧れ努力して、苦労しながら仕事につき成長していくものです。有名人の企業家や芸術家が描かれることも多いので、サクセスストーリーが多くなるのがドラマです。
 現実には子供や若い頃に抱いた理想の仕事についている人はどのくらいいるのでしょうか。
親の稼業、親子で目指したアスリート、親と喧嘩して家を出てやりたい職業を選んだ人の話も聞きます。
 どちらかというと、夢を描いた理想の仕事ではなく、むしろとりあえずお金を稼ぐために就職する方が多数の気がします。不況とか就職氷河期というと、希望した業界や職種にほど遠い状況にもなりました。また○○士や、○○ナーといった資格も厳しい場合もあります。
 私なども大学を出る特、そこそこの大学なので、そこそこの企業をという程度の理想も野望も少ない就職活動でした。
 今思うと若い時間にもっと勉強して、広い視野を持てればと思います。何もしなかったわけではなく、考えなかったわけでもないのですが。
 みんながトップアスリートにも、大企業の創業者、経営者になれるわけではありません。親や身の回りに感化され、選択したものが全体として社会を支えるのかもしれません。
 私は何となく化粧品に携わりました。造船の業界、歌舞伎役者、お茶の家元、お寺の住職、和菓子や着物や漬物の老舗、ハンマー投げの選手、そういう選択はやはりあり得ないところでそれぞれの人が社会を支えるようになっているのだと思います。
 もちろん、家を継がない立場の人は特に考えれば何にでもなれる可能性は大きいです。

紙の手帳が店先に並ぶ季節

 本屋さんや文具店に来年の手帳が並ぶようなシーズンとなりました。おせちやクリスマス、年賀状の予約同様年末年始の準備を見かけると気忙しく感じます。
第一線のビジネスマンだった時期もモバイルとノートパソコンを持ち歩きながらも紙の手帳は併用していました。
 長年の完全アナログの昭和時代からの習慣とも思えますが、紙に文字を書くことでの記憶と思考がすっきりするからでもあります。
 私的には定年後は有期契約で毎年3月で満了となり、4月以降手帳にスケジュールをびっしり書くような仕事を続けるのかわからないので、購入を少しためらいがちとなります。
 せいぜい2000円前後までの出費なので、たぶん買うでしょう。スーツ等の服の方が買うかどうか決断が難しいところです。
 学校関係の方は、4月はじまりのを使うのかもしれません。スケジューリングの関係で、年度替わり前はいずれにせよ2冊の手帳を併用するようになります。当然新年度の手帳はある程度早めに入手する必要があります。
 今の年の締めくくりをして、新しい年への新たな気持ちを整える。
 とても大切なことです。年末の気忙しさの中で自人生という名の長いマラソンの、ラップタイム、マイルストーンを確かめる大事な時期です。

京都市地下鉄反省しなさい  私はもう乗りません

きょうとし

京都市の財政破綻危機を受け、京都市営地下鉄の値上げが検討されています。
一市民として猛反対です。
値上げをすれば簡単の収支を改善できるものではありません。
今でさえが初乗り220円は全国的にも高く、身近な短区間利用が躊躇われる運賃です。他都市やJR私鉄に比べ高いので敬遠されています。
乗客を増やすには【値下げ】を検討すべきです。
企画乗車券や魅力ある駅ナカにして集客をはかるべきです。

海外旅行はいつから復活するのか

新型コロナ感染症の国内の新規感染者数はだいぶ減りました。
酒類の提供、飲食店の営業時間も今月下旬には通常に戻りそうです。
ある程度の感染予防や、ソーシャルディスタンスでの人数制限はありますが、概ね秋のイベントも2年ぶりに通常に戻りそうです。
国内旅行は、企画切符等は復活して、そろそろキャンペーンが待たれるころです。
しかし、まだ海外旅行となると感染がおさまっていない地域も多く、ワクチン接種が多いとはいえ、水際対策を誤ると大変な失態ともなるため、帰国後10日隔離はもうしばらく続きそうで、実質かなりの足枷となっています。
緩和すると、感染拡大の種を持ち込む可能性はあり、タイミングは微妙で今年中は到底無理といわれています。
海外旅行中心の娘の勤める旅行会社の営業、海外に在住する友人の一時帰国はまだまだ、すぐではなさそうです。
旅なんて不要不急と言ってしまえばそうなのですが、もう2年となると不急がだんだん不急ではなくなります。
セミリタイアで、年に何回もリゾート地を往復するような生き方は元々リスキーだったことを悟らないといけなかったのです。
しかし早い段階でEU域内等が移動可能になっています。日本も早く、ワクチン接種等の条件で出入国の制限はゆるめないと取り残されます。

虹は吉兆か

にわか雨が上がって太陽が出ている時、意識して後ろを見ると虹を見つけることがあります。
180度続くものも90度までで切れるのもあります。
虹は凶兆とされ、飛竜にもたとえられましたが、今は吉兆とする説もあります。
西洋占星術では、吉凶という事象の捉え方はしません。
星や星座、天体現象にはそれぞれ昔から意味付けされました。いろいろなことはどちらにもつながり流れる可能性があると考えます。
流れ星も凶兆と昔はとらえられていました。今は願い事が叶うといわれています。おみくじや、今日の運勢等も吉凶が示されても、それをうまく転じることです。
キレイな虹を見れば嬉しくなりますし、何かいいことがあるに違いないと前向きに考えていいと思います。

皇族へのバッシングが天皇制を危うくしている

今回の秋篠宮家眞子様の小室経さんとも婚約、結婚に関してマスコミが物凄いバッシングをして、祝福ムードとは程多い状況です。実際にネットでも多くの批判を見ているので。世論的にどうかと見ると同情や祝福の方も、半分の割合ではいるので少し安心しました。
冷静な評論のできるコメンテーターの多くは祝福、同情で一致しているようでした。
それでもそういうコメンテーターを非難し、誹謗中傷を続ける輩もいます。

純粋に天皇家、天皇制、皇族制度に反対している純粋な左翼?なら分かるような気もします。しかし多くはそうではない天皇陛下や天皇制が日本の国の根幹であることは否定しない、ごく一般的なリベラルから右、ネトウヨまでがマスコミ情報に煽られバッシングに加わります。
まずは、結論から言いまして、皇族から離脱され一般人となられ、一般人と結婚され、もうどなたが反対されようがアメリカに渡ると二人で決められております。
素直に祝福するのが一般的な人情というものです。NYの路上でも小室さんは執拗にパパラッチされており、多くの誹謗中傷には同情を禁じ得ません。
小室さんはNYでロースクールに通い弁護士の資格を取り、就職も決めました。資金援助がどうであれ、たぶんそんじょそこらの人が逆立ちしてもそう簡単にはできないことです。才能もあり努力もできる人であり、忍耐力もあるでしょう。眞子様を一生養い生活していく力はあります。
若い二人の決断、おめでとうというしかないのが一国民です。
相手方の母親がどうこうというのは事実もあるでしょうし、いろんな尾びれ、眞子様小室様の一挙手一投足が気に障る人は気に障るようです。
眞子様の精神の病についても、仮病的な非難も多いようです。それにも直接の説明もできず反論もできないのが皇族の悲しい宿命です。
眞子様をはじめ、佳子様愛子様も、学校ではイジメ、誹謗中傷を浴び続けストレスでそれぞれ苦しんで来ておられます。
働かず1億円以上に一時金を貰い、皇族を離れることに対する非難に対し、以前(眞子様が小室様に会う前)から辞退は決断されています。
小室さんの結婚が金目当てとミスリードしているのはマスコミです。これで小室=借金、悪役のイメージが定着しています。
宮内庁の中途半端な介入、説明が全てを疑い火に油を注ぐのかもしれないです。
一般国民にとって、大して働いていないと見え、キレイな服を着て笑っているだけで、高給を得て、離脱に1億4千万円貰えるのが気にいらないのでしょうか。
あるいは、宮内庁が支え、しっかりとした教育やしつけがなされず、言動や行動が浮ついているように感じられるのが不満でのバッシングなのでしょうか。
今はやりの「家ガチャ」で言うと最高と思われる皇族が実は、自由のない、反論権のない、人権のないイジメの対象であり最悪、最低のあたりなのです。
このままでは佳子様、愛子様の結婚も、稀な聖人君子の相手を探以外、不可能になります。そして悠仁親王のお相手選びが、皇后陛下以上に難しい、来てのない結婚になる可能性があります。
悠仁親王がお生まれになって男系が途切れず安心と思われた向きも、よく考えればその期待が大きな不安にしかならないことに気付いていなのです。

男系天皇を維持するか、女性天皇、女系天皇を容認するかはとても大きな問題です。
前者が理想であることはよくわかりますが、現実的には旧宮家の復活等、いろいろ制度を改めねばなりません。これだけのバッシングを受け、皇族に厳格を求める中、一度民間の自由に戻っている人にそれが可能かというのと、宮家復活には一時金以上に大変な税金もかかります。
それだけかかればかかるだけ、国民の期待という感情からの厳格さ、バッシングはもっと激しいでしょう。
かといって女性天皇(女系天皇ではない)を愛子様と考えた場合、結婚は現実的には無理でしょう。それも人権的に問題ですし、結婚されるとなると、その厳格な基準とバッシング度合いは小室さんの何百倍にもなるでしょう。女系天皇はさらに何万倍それよりも難しくなるわけです。

正直、一般には小室さんの髪型や履歴は知ってても、女性天皇と女系天皇の違いをさっと言える人も少ないでしょう。
皇族が何をしようとしまいと、国民の年金は増えませんし、税金も社会保険料も減りません。
まずは税金は決められた一定内なので、皇族と関係者に対する国民の関心は置いといて、マスコミは国民の関心を政治に向けてもらうことです。

少子高齢化の社会なのですから、誰かが結婚したら「おめでとう」と大声で祝福するだけで良いのです。

目の前のことしか考えない衆愚政治

本当はできれば誰もが、自分の子供(いない人には申し訳ないが)やその世代が大人になる未来の日本が良い国になることを願っています。
もちろん、今日明日の生活が苦しいから、目の前の手当が欲しい、給付が欲しいという人々に未来の日本の姿までイメージできないかもしれません。
しかし、日本人がオリンピックで活躍し、メジャーリーグやグランドスラムで輝き、代表チームが勝ち、ノーベル賞を取り、GDPが上位だというと喜ぶのではないでしょうか、

未來の日本。そのために今できることが何で、我慢することが何かを政治は示さないといけないのです。
政治には関心がないと言いながら、年金の振り込みが少し下がれば大騒ぎで電話してきます。年金の改革マクロ経済スライド、天引きされる介護保険や後期高齢保険が緩和措置の段階的保険料切り上げのため、ほぼ着実に実質的振り込み額は減ります。
正直なところ、これも衆愚政治で本来ならわかりやすく一気にあげた方がわかりいいのですが、激変でのクレームを防ぐ名目で、緩和して少しづつ毎年保険料は上げ、給付額は下げたら気づきにくいだろうという意図が見えます。
こうやって財政を改善し、子供世代への借金を減らそうとしていて、結局は一律10万円の給付とかバラマキでないと選挙が戦えないというのですから、衆愚相手に結局、財政改善にも何もなりません。
少子高齢で社会保険の財源が厳しいというのは、漠然と頭にはあるはずです。しかし現実にリタイア、セミリタイア組にしろ物価が上がり、振り込み額が減れば政治を非難します。道路や橋、河川や森林に災害が起きれば国が何とかしろ。感染症にワクチンは無料で当たり前に手当てして、要求だけは多いです。
今はいけいけドンドンとワクチン契約し買いあさりですが、一体いくら使って安心を得ているのか国民は知らされてません。これも結局は今高齢者を中心に受益している、未来への負の遺産です。
よほどの痛みを伴う改革をして、所得倍増の経済成長をし少子化を食い止めないと、未来の日本は描けません。その意味では与野党の中心公約のレベルの低さにはあきれてしまいます。今後もう少し、まともな政策論争が出てくることに期待します。