天使が舞い降りる25の法則

「天使が舞い降りる25の法則」
タカラヅカの楽屋に貼られている「ブスの条件25」の戒めを、自分なりに新解釈してみました。
逆説的に美男美女?で仕事をして、ひとが集まり楽しくできるかにはどういう条件が必要かです。
.笑顔がいい挨拶ができる
苦虫を噛んでるみたいで挨拶もできない人に誰も仕事を一緒にしたいとは思いませんね。
2.お礼を言える
3.美味しいと言える
4.精気がある
5.自信がある
6.愚痴をこぼさない
愚痴らず人の倍働く。時間が倍にならなければ倍工夫する、考える考え抜く誰かに聞いたり本を読んだり最低でも人の倍努力してみる
人と同じだけのことをしていても、つまらない仕事でしかない。人の倍やると、つまらない仕事がつまらなくなくなる。
非凡な人は普通の人の、最低でも3倍働いている。面白くないこと辛いことも経験であり、コヤシとなって人を大きくする。
経験していくことは決して無駄ではない。毎日がつまらないなら、それは君自身がいつまでもつまらないからだ。
つまらない毎日から脱却するのは、自分自身を面白くするしかない。
7.希望と信念がある
8.悪いときも周囲のせいにしない
「仕事が面白くないのは〇〇がバカだからだ。会議ばかりやってる。幹部はちっとも現場をわかっていない。こんな仕事やっていても意味ない」
今が楽しくないのは〇〇が悪いからだ(自分は悪くない)と思うことこそが、諸悪の根源である。自分の好きなことだけしないこと。
みんな「自分のすきなことで、自由にやれて、楽で、給料もよくて、楽しい仕事がしたい」と本当は思っている。でもそんな仕事は絶対にどこにもない。
なのでせめて自分の好きなことをしようとする。それもかまわないが、自分の好きなこと『だけ』をしていると、
結局はそれしかできないことになる。どこにもつながらないし、誰も相手にしないし、何も広がらない。
9.自分をよく知っている
10. 声が大きく元気
11.なんでもないことに傷つかない
12.他人に嫉妬しない
同期や同僚、同じ程度か自分以下の仕事しかできない人が評価されたり先に出世する不公平や不合理はどこにでもある。
自分の能力以上に評価され、昇進することほど、ある意味不幸なことはない。
高いレベルの学習・経験をつもうが、誰も褒めてもくれなくなり、自分を律して成長していくエンジンをうしないかねない。
嫉妬も不平も言わず、ひたすら自分に与えられた職務とそれ以外も、職階以上の仕事をしていく姿が、実は最高にカッコイイ。
13. 目が輝いている
14.いつも口角が上り気味
への字の口の両側を上げ、笑顔になるだけで、毎日すこしずつ面白くなる。
15.責任転嫁しない
16.共感したり感動したりする
17.楽観的に物事を考える
人間は何にでもなれる
必ずなると決意すれば、天使が舞い降り、不思議な力を発揮して、成りたいものに必ずなれる。
周囲を苦しめず 周囲を喜ばす 一歩一歩なりたいものになる努力をする。
天使の心に周囲の天使の心が集まり、なりたいものになるのを手伝ってくれ、幸運の出会いが始まり成りたいものに必ずなれる。
自分の中の天使の力を信じて、決意した理想は必ず叶えられる。
18. 問題意識を持っている
19. 他人に尽くす
自分の身の回り 机の周り クルマ 家 会社 せめてキレイに整理整頓。
他人とのネットワークはやがて自分が助かるときがある。
20.他人を信じる
21.人生においても仕事においても意欲がある
22.傲慢でなく謙虚である
23. 他人のアドバイスや忠告を受け入れる
24. 本当に正しいことは何か常に追い求める
いろんな情報があふれる時代。すぐに結論に飛びついて行動を起こしたくなる。
でも常にこれが正しいことなのかは、始める前に、最悪やり始めてからでもよく考える。
ときに集団も間違った意思決定をしてしまう。
昔は誰もが正義のヒーロー&ヒロインだった。いつからか悪の手下と手を結んでいるような自分がいないか!
25. 存在自体が周囲を明るくする
2017年秋イベントで一緒にお仕事したヘア&メイクアーティストの方
本当に明るく、積極的で仕事が好きで勉強が好きで、毎日が楽しくて輝いてるような人でした。
オフがほとんどないほど、仕事をかけもって、でも収入や保障は大会社のようにはいかない。
それでもあの人にまた会いた、話を聞きたい、指導を受けたい。
大会社で高給とってても、笑顔一つなく、ろくにゴミの片づけもできない人が残念ながら多かったです。
(美を売る会社、掃除道具売る会社だったんですが)
仕事って本来、苦しみ苦行であってはいけない。ましてそれが顔にでるようでは周りが迷惑な話です。
輝いていてまた会いたいなって魅力的な人に天使は舞い降りてきます。

ジャイアンツが勝てない【NPB日本シリーズ】

プロ野球日本シリーズでソフトバンクが2年連続で巨人を4タテで下し優勝しました。
かつて9連覇を達成し、球界の盟主と言われた巨人も見る影もない。コンデションや戦術、運不運もあったものの、ある程度の実力差は否めないところです。
日本の野球は巨人がフロンティアとして引っ張ってきた歴史があります。先んじて大リーグの練習方法や技術、戦術も取り入れた時もあり、常勝軍団で親会社も優勝とテレビの高視聴率と満員の観客動員を義務づけていました。
伝統の人気球団でしたが、いつしか驕りと利権の独占、組織の澱み等様々な硬直要因で、ドラフトでの新人選択機会均等に始まり、やがてメジャーの状況がリアルタイムで入ってきて、移籍も自由な時代になり、巨人の独占的な常勝維持は難しくなりました。
目先の勝利へのこだわりで、長期ビジョンが見えなくなりました。
パリーグファン、アンチ巨人から野球観戦の始まった私もこんな時代は想像していませんでした。
現在の原監督も現役時代、今一つ高見を目指す姿勢に欠けた発言と、それを許す取り巻きがあったことを覚えています。松井秀喜や桑田真澄あたりが戻ってメジャー流の経営改革をしないと変われないのですが、そこまでは無理のようです。

パリーグ球団の地味な努力と現在の地元密着の人気に学び、球界全体がいい方向に進むよう伝統球団も変わり、戦後復興で希望を与えられたようにジャイアンツが再び頑張ることで苦しんだコロナ禍日本の人々にエールと闘魂を与えられるようあえて期待します。

喪中でもメリークリスマス&ハッピーニューイヤー

今年、母が亡くなった私は喪中ということで欠礼ハガキを出しました。
祝いの席や初詣は行けません。いろいろ参加が微妙な行事もあり、地域によって喪中、忌中穢れの時期も内容も違うようです。
神仏やキリストの別なく、喪に服しているというならクリスマスやっハロウィンで騒ぐこともハッピーニューイヤーもおかしいので自粛すべきです。しかし、あんまり拘っても死んだ人含め誰も得しません。お年玉もクリスマスプレゼントも同じようなものですが、細かいことに五月蠅い年代も多いので、お年玉や年賀状は一応形を変えて文具代、寒中見舞いや欠礼ハガキ見しておくのが無難でしょう。クリスマスはキリスト教に喪中の概念がなうにで大丈夫だそうです。
メリークリスマスとハッピーニューイヤーはつながっていますし、ハッピーニューイヤーは日本語だと「明けましておめでとう」になります。
あまり深く考えず、喪の儀式は続けても、近親のなくなった次の年はハッピーな年にすればいいのだと思います。

いくつになっても旅は終わらない

イヤなこと、モヤモヤしたことがあれば少し旅に出たら良いと思います。
海外とか泊りでなくても、今なら人混みを避けローカル線の乗り鉄や、田舎道をドライブしたりがいいでしょう。
朝少し早く出たら結構遠くまで日帰りできます。山や海、森や川、自然を愛でたり、自分とは違う情景に生きる人を想像するだけで少し気持ちが楽になります。
どんなにトシをとっても,人生の旅は続いています。

小雪 いて座 勤労感謝の日

昨日になりますが11月23日が勤労感謝の日で、今年最後の祝日でした。今年から12月の祝日はなくなりました。なんとなく1年を振り返る雰囲気もでてきています。24節気も11月22日から小雪、北日本や高山では雪もちらつきだすまさに晩秋から冬の便りがきます。
12星座、太陽の位置、黄道は22日から、いて座、人馬宮に入ります。
飾らない、率直な人間関係で、楽観的に過ごせる時期です。コロナ禍でこの1年近くなかなか先の見えない厳しい時期の方も多かったでしょう。しかしコロナ禍は、本質や近未来素直をに投影した面もあります。リアル店舗やアナログな仕事はリストラされることは予想できたことが少し早く来た程度とも考えられます。新しいやり方で早くチャンスを掴める。そうポジティブに考えましょう。

イベントのコロナ影響をしっかり統計公表すべき

日本シリーズ等のイベントもコロナ禍で行われた

11月も後半となり、日本シリーズ、Jリーグも優勝秒読み、大相撲も今年最後の場所が22日で千秋楽となりました。コロナ対策で試行錯誤、観客制限や感染防止対策に相当な苦労をしての、大幅な試合数や観客数の減小の中、やり遂げた関係者のご苦労には敬服します。
音楽や演劇等含めてのGOTO EVENT、他のGOTO TRAVEL、 GOTO EATこれらはすべて結びついています。たとえば、日本シリーズで関東圏の人が大阪や福岡のドーム球場EVENTへ、TRAVELで行くと、交通機関を使い、ホテルに泊まり観光、会食もする。EATキャンペーンも利用するわけです。
日本シリーズやJリーグのビジターは人数制限していても数千人に上ります。この2週間くらいで何万人という統計がとれるはずです。
単純にGOTOで移動があったからコロナ感染者が増えたとか、統計的根拠のない論理を煽り、感染者数だけ示してインタビューし「怖い」「気の緩み」「GOTOの影響だからストップすべき」等の意見だけマスコミは放送しています。
多くの方が、オリンピックに反対しデモまでしているのは何故かマッタク放送されないのにです。

GOTOの影響は統計的にない。統計でしっかり示し国民に安心を!

何度かのべていますが7月からGOTOやりだしていてその時から何の増加もしていません。さらに正しく確認するなら今回の日本シリーズやJの優勝決定の節をしっかり統計検証して公表すればよいでしょう。不安を取り除き、効果的な対策をかんがえるべきです。長時間の会話を伴う会食等はやはり感染拡大の一因とは言われています。飛行機や新幹線の2時間程度の移動、スタジアムや映画やライブ等の2時間距離をとって座ることでは基本的に罹患した有意な数値が出ないなら、みんなものすごく安心する訳です。実際にこの時期「鬼滅の刃」とか1000万人以上動員して、スポーツも映画館も対策しながら初めてそれが影響したわけではないと思われます。検証して可能性が残るなら、せっかくヒット作を出した映画も、野球やサッカーも今すぐやめるべきでしょう。映画館やスタジアム、交通機関、宿泊施設、ほとんどの飲食施設は換気も対策も十分施されて安全なのでしょう。

世界的な比較で計算した場合の例が、ある経済学者さんのブログに出てました。
ある一人がコロナ死に直面する平均的確率に換算すると

ベルギー   0.12%
ペルー    0.11%
スペイン   0.09%
英国     0.08%
米国     0.08%

日本     0.0015%
韓国     0.0010%
シンガポール 0.0005%
中国     0.0003%
台湾     0.00003%

ということになります。

日本のコロナ死者数は約2000人だが、8割以上が70歳代以上の方です。

40歳代以下の人での死者は20人程度しかいません。

インフルエンザによる死者は2019年が3517人、2018年が3325人。

誤嚥(ごえん)性肺炎死者は2019年が4万385人

陽性者のうち重症化する人の比率は50歳代以下では0.3%。

死亡する人の比率は50歳代以下では0.06%程度です。

循環器系等に疾患のある人、糖尿病、腎臓病を患っている人、高齢者に対しては格段のケアが必要ではあります。医療機関内の感染に対しても過労含め警戒を要しますが、ここらの意見と厚労省医師会医薬品業界の利権がどうもこの話を大きくしているのでしょうか。

また、海外、欧米からの人の流入に対しては最大の警戒を払うべきではあるでしょう。

しかし、高齢でない健常者におけるコロナ被害はインフルエンザを上回るものでありませんむしろ大きく下回っています。

現時点では特効薬はないのですが、第2波以前より、治療薬、治療方法によって重篤化することはほぼ回避されている。

検査で陽性と確認される人が増加していることだけを強調して大騒ぎするのはミスリーディングです。

感染拡大を推進することは正しくないし、感染防止対策を否定することも間違っているが、陽性確認者数が増えたことだけをビッグニュースとして取り上げるのは正しくない

日本においてはコロナが甚大な被害をもたらしていない現実を政府は正確に説明するべきでしょう。

コロナ被害が実は重大でないことが国民に知られることを回避しているように見える。

手洗い、うがい、消毒でコロナ被害を甚大なものにせずに済んでいます。

これは悪いことでないから、マスクを敵対視する議論も必要のないところです。

対策は必要ですが経済のためにGOTOキャンペーンもですが、帰省や観光でのおもてなしは必要なことだと思います。

今さら、GoToを制限?
やっとこの3連休、観光地もイベントも飲食もそれなりに回復しています。素直に日本人として喜ぶべきと思います。
感染者が増えたのはインフルエンザと同じ季節的な要因が大きいと複数の医療関係者も証言しています。
7月22日にGOTOトラベルキャンペーンが始まり、この時期まだ第2波の最中でしたが、その後感染者は漸減しました。キャンペーンに東京を加えたのが10月1日。移動者による感染者数も一般の比率と何ら差はないので、キャンペーンによって増えたとはいえないのです。マーケティング分析や、SPI的な問題としたら、GOTOと感染者拡大は関係がない都というのが正解です。
「おもてなし」の気持ちは持ちつつ、大人数、長時間の宴会は制限するだけでいいのではと思います。
ホスピタリティーの修練の機会、オリンピックを開催するくらいなんで、重症が増えてない日本の状況はコロナに打ち勝っているということではないでしょうか。

【国民年金】追納や高齢任意加入年金支給繰り下げで,年金を増やすのは長生きが保証されてこそ

長寿社会で生涯にわたって給付される年金。老後の経済的に安定した生活を夢見る人は何としても増やしたいとも考えがちです。
老齢基礎年金は20歳から60歳まで480月支払って満額で令和2年度で781,700円年間に支払われます。月にしたら6万5千円程度、ここから介護保険や健康保険は天引きされることが多いので、厚生年金2階部分がない人は楽ではありません。ましてやその満額も未納機関や免除があると減額されます、ですので65歳までに、免除をして10年以内の間なら追納で保険料が納められます。
学生時代20歳になっても年金に入っていない人が今の50代や60代に多く、老齢年金満額という言葉をちらつかせ、60歳を過ぎても年金を満額に近づけるという高齢任意加入を勧め向きもあります。しかし二階の厚生年金が分からずに満額と言われても、60歳超えて支払う年金保険料はバカになりません。少なくとも10年以上給付を受けるだけ長生きしないと元はとれません。
10年以内の追納も、猶予ではなく、全額免除などを受けていると、もともと半額以上は支給される仕組みになっているのため、元を取るのに20年かかります。
今手元に年金保険料を払うまとまったお金があるなら、別の運用の選択も当然考えるべきです。株や投信は元本保証されずアブナイという考えは、国民年金という言葉に騙されています。繰り返しますが、10年以内に亡くなると元とれません。支給前になくなるとゼロです。W18歳未満の扶養の子供がいない限り、遺族に支払われるものはありません。とんでもないリスキーな投資ともいえます。金利が安いとはいえ定期預金でも、もしくは積み立てNISAにでもしていればまるまる家族に残ります。
繰り下げ受給もそうです。生涯にわたり増えるとはいえ、遅くした年数分はゼロですから、その元をとるのに長生きが必要です。80歳になると毎年海外に行くとかもなくなり身の丈は小さくなります。自身の介護などにもお金はかかりますが、繰り下げ支給はその間、自分で働くなどしないと収入がありません。追納や高齢任意加入する場合はその分のお金が出ていきます。そこでしっかり貯めておく、運用しておく方がリスクは少ないケースもあります。年金は老齢に対する保険ですからどちらが絶対正解はありません。

一歩一歩毎日歩もう

辛いこと、イヤなこと、厳しいことがいつまでも続くような時があります。
今年はいろいろ大変な激動の年で、そんな思いの人も多いでしょう。でもどこかで悪い流れは変わります。
雨ばかり続くこともないです。夜明けの来ない闇もありありません。
落ち込んでいるとき、自分は沈んでいることを逃げずに感じ、底まで沈むことを恐れず、雌伏しながら思い切り底を蹴って浮上するチャンスをうかがうのです。
じっくり勉強したり、観察や研究してもいいでしょう。
今の世の中、なんだかんだブラック企業といえども休日はあり、睡眠時間を削ってまで働くことはまずないでしょう。

「楽そうに見える仕事、かっこよく仕事ができ給料もいい、自分に合っているように見える」そんなのは幻想です!
お金をもらう仕事をするのですから、ピンからきりまでありますが、会社の上司や顧客にあわせて自分を殺して歯車になって回らないといけないのです。社会で生きていくには、我慢と妥協が必要です。個人経営の社長でさえ、好きなことが自由なわけではありません。選択肢はお金はいいから働かないだけです。
少しでも歩みだすと、厳しさ苦しさだけでなく、轍が見え、歩き方が分かります。歩くのが楽しくなります。だから一歩一歩あるきましょう。

政治家は阿修羅道か

アメリカ大統領選が今もトランプ大統領の訴訟や支持派のデモなどで揉めています。バイデン氏も外交はスタートし始めていますが、まだ就任もしていないので本来祝辞も受けるべき立場ではありません。
まだしばらく動向には注目が必要です。しかしバイデンさんにしろ、トランプ、菅さんみんな70歳超えて元気で精力的で野心を持ち続けている姿には感心します。
政治トップは安倍さんにしろ何をやっても批判を受けます。大変なストレスだし激務でしょう。濡れてに粟の儲かる仕事ではりません。
60過ぎて、年金や蓄えでセミリタイアするサラリーマンの多いことを考えると、凄いことです。
他の企業家トップにせよ、名経営者か老害かは別にして、別に金に困る立場でもなく、滅私奉公するのは権力欲、名誉欲なのか、それが自己実現なのかはよく分かりません。
戦い続け登り続けないといられない。六道の中の一つ、阿修羅道の地獄に陥ってるのかもしれません。地獄はこの世を戒め、この世にこそあると思います。政治家や経営者のご苦労に感謝しつつ阿修羅の道からは解放されることを願います。

完全なオリンピックにこだわらなくてもいい

オリンピック、パラリンピックは世界のの平和の祭典です。欧米やアフリカでの感染拡大を心配し、開催を危ぶむ声もあります。
しかし世界が国同士戦争しているわけではありません。ワクチンも開発され、感染予防の環境も整いつつあります。
商業ベースで肥大化してきたオリンピックですが、必ずしも世界最高のアスリートが記録や勝負にこだわることが必須条件ではありません。
予選すら実施が危ぶまれる競技あったり、感染者の多い地域からの入国が他のアスリートや関係者、観客への感染拡大につながるのではないかとの心配もあります。
世界の各国がスポーツをもとにして何とか日本に集結してくれる。そこが素晴らしいことなのです。
日本人の中に、野球やバスケ、テニス、サッカー等のトッププロが参加しないと、価値がないとか寂しいという方が多いですが、大きな誤解です。
トッププロ等、オリンピックにはどうでもいいのです。これから台頭する若手でも、トップになれなかったベテランでも、国を代表して参加してベストのパフォーマンスを見せてもらえればいいのです。
観光地でもそうですが、ホスト国ですこういう時期でできる対策はお互いしっかりして、来てもらうことに感謝し、日本の良さを知ってもらいたいです。
中止、延期は違約金などのいろんなデメリットの面もですが、やはりせっかくの機会です。日本に来てもらえるようベストを尽くしましょう。