美人、イケメンの自殺

#竹内結子 #三浦春馬

竹内結子さんが亡くなられました。キレイな女優さんで、少しSっぱい悪女が似合うような方でした。自殺の真相も、本人の素顔や性格などは知る由もありません。
もちろん。演じた映画やドラマからイメージするだけで、書いています。
やはり『ストロベリーナイト』の姫川刑事役。これは続編の今注目の演技派二階堂ふみよりも、ハマリ土フィット感はありました。『真田丸』の淀君もきまぐれな悪女ぶりがやはりうまかった。
こういう美人女優もやはり40を過ぎると、路線やスタイルを変えていかないといけないのでしょうか。女優の第一線で活躍できる椅子は決して多くはなく、その戦いは熾烈であることは想像に難くありません。
40あたりから、男性も女性もターニングポイントを迎えます。決して怠けていたり、外見だけで媚ていたとは言いません。ですが、若い頃容姿と相まって、多くの恵まれた状況を手に入れていた人は、イケイケが通用しなくなる頃、大きな壁にぶつかります。
いつまでも登り坂の人生は少ないでしょう。地道にやっていた人間が追いつき負い越していくときもあります。
自分のスタイルが、外見で勝負していたのであれば、中身の充実がないと40代以降はだんだん相手にされなくなる時がきます。
知らず知らずに、自分が偉いようになり、他人任せにしていたり、苦手なことはさけていたら、一気にツケが来る時があります。
以前の化粧品会社にも、女優さんのように美しく社内の上位職に媚て、その時は勢いついていた人はいました。今の仕事若く美しい女性で、履歴がちょっと心配なほど✖が多い人も見受けられます。本当に仕事ができない人、家庭のことができない人は淘汰されます。
死ぬほどのことではありません。スタイルを変えて、努力してみることです。若い頃ほどアドバンテージはなくとも、地道にやると本当の自分の能力が上がります。
もちろん、生きていくことが素晴らしいことです。可愛い愛されるおじいちゃん、おばあちゃんがいいじゃないですか。容姿を誇れる若い時だけが人生、そこで死ぬことに美学などありません。

時代劇のような勧善懲悪ドラマがウケる

#半沢直樹

『倍返し』が流行語にもなった半沢直樹の7年ぶりの続編が高視聴率で終わりました。
なんだかんだ言って、大人も子供も正義が好きなのです。
子供の頃は、日本人の多くが、世界でも有数の特撮やアニメの主人公を熱く応援しました。の正義や友情、大人になると、妥協や諦めでいつの日かおざなりになっていったのです。
おそらく、誰もがヒーローやヒロインになり、半沢直樹のようなスカッとするような仕事にあこがれています。
どこかで自分の限界を知り、世の中を知って、追いかけることをやめてしまいます。
自分が汚職まみれの政治家、私腹を肥やす官僚や企業家幹部につもりは無かったのでしょう。
政治を良くし、世の中を良くするためには、みんなが悪代官ではどうしようもない。正義の主役がいてそれを応援する市井の人たちがいてこそです。
未来の日本のためです。初心を忘れてします。努力怠りを、手段も浮かばない人。諦めやすい人。
子供の頃の夢や希望思い出し、もう一度頑張りましょう。

健康は歯が一番

私は子供のころ、あまり丁寧に歯を磨いていませんでした。
虫歯もほっとくことがあり、前歯もどんどん悪くなり結婚する前に数十万かけて治療しました。30代のことです。それでも懲りずに、40過ぎ、50過ぎてどんどん歯が悪くなり、差し歯が増えブリッジでつなぐのも難しいくらい。しかも、歯痛はもちろん、頭痛、肩こり、胃腸や循環器も不調になりました。
歯医者さんいは相当怒られました。
基本的な磨き方から、歯間ブラシや糸楊枝含め徹底的に磨き、月1程度にはメンテしました。
それまで営業で外に出ても、会社でも昼は磨かないのが当たり前でしたが、どんなファミレスやファストフードでも磨くようにしました。
近代的な歯医者でしたが、予約が取りにくいので、頻繁に行きやすいところに変えました。するとベテランの歯科衛生士がさらに奥深く、磨き方の角度や歯間ブラシの大小の使い訳なども教わりました。
丁寧に磨いたつもりが歯間ブラシでごろごろ出てくる食べかすを見ると面白い。こんあものが終日長くとどまって入れば虫歯も口臭も悪化するのは道理です。
現役の歯は少ないですが、先日社内の歯科検診では磨き方は絶賛されました。
今まで歯科検診自体も避けていましたが、嬉しい限りです。
歯が良いと良くかんで食べられます。栄養の吸収も良くなります。頭痛や肩こりは歯との連動が多かったので激減しました。胃腸も血液系も好調です。
こんなことなら若いころですが、還暦すぎで悟ったワタシが言うのです。歯は大事にしないといけませんし、今からでも間に合います。

テレビ会議失敗?

マンションの大規模修繕を控えた打ち合わせ。コロナ禍で延び延びになっていました。ようやくうオンライン参加可能で開催と、思いきや、予想はしていた悪い結果になりました。
参加者はリアルもオンラインも少なく、テレビ会議の音も悪くしょぼい内容になりました。
大企業などでは考えられない。若い世代のオンライン呑み会でも考えられない。レベルの低さでした。
LINEなどはかなり普及していると思いますが、ZOOMやSKYPとなると難しいのでしょうか。献身的な役割がそもそもめんどくさいので何かあると参加したくはないのでしょうか。
高齢者の中には、ITアレルギーオンラインは無理、蜜になるリアルな集まりも無理との人もいそうです。何とかハードルを下げて参加を図っていきたいものです。
これは国のデジタル化、はんこの廃止等も同様です。
選挙向けやさまざまな業界のしがらみ政治的判断も必要でしょうが、年配の方に優しいデジタル化の推進は急務です。

レベルアップするには 

天使が舞い降りる25の法則プラス

スランプ脱出やレベルアップを図るため焦る状態になるときが誰にもあります。
良く脱出の方法やレベルアップ、資格取得やリーダーになるためのハウツー本などがあります。
天使が舞い降りる25の法則もその一つかもしれません。それは自画自賛としても、次のステップに行くには前の段階の課題や問題を全てクリアしないといけないのです。
ここを忘れて、肩書だけレベルアップしたり、試験にクリアしたり、時間の経過だけでスランプや問題から脱出したとしても、そこをしっかり抑えて次の段階に行かないと大変なことになります。
たとえば勉強でも100点満点でなくても75点でも次の段階に行けます。ロスした点がケアレスミスであればそこさえ注意すればいいかもしれませんが、ある章やあるグループが苦手のままで放置して次のステップに行くと、次はさらに応用の問題や新しい学びが増えて厄介になります
営業の現場のリーダークラスが管理職になるときでも、営業成績はいいけれど、一部のスキルで苦手があるとすると、次のステップで懇切丁寧に教えてくれるケースは少ないです。自分に足りない部分は徹底的に学び直すくらいでないと、上位職での壁は乗り越えられません。
ハウツー本を読んで、すべてを実践実行している人は少ないのではないでしょうか。本にもいろいろありますが、どうしてもいいとこ取りになってしまっていないでしょうか、自分の共感しやすい延長にあることを実践して、苦手はあきらめたり、読み込みが不足になり勝ちなものです。スランプになったら、ハウツー本の中でもやっていない章を再度読み直して地道に完璧に実行することも一つの解決策です。
パソコンが苦手、英語が苦手、対面でのこの話が苦手などあったといても、仕事を離れても漠然と不安になるくらいなら、毎日1時間でも2時間でも時には徹夜してでも、勉強し直すのです。やってやりつくしたら自信が生まれます。自信ができたときは、力が出し尽くせない不安もありますが、自信がそもそもない時の不安に比べるとはるかに小さなものです。

倒産閉店を身近に見ると:コロナ禍

画像はイメージです。
昨年できたばかりの、しゃれたベーカリーカフェ。以前の職場の途中下車だったので、休日にわざわざひさしぶりにいくと、ない!見つからない。道に迷ったかと思ったがネットで見るとやはり閉店して、すっからかんの店舗だけがあった。
コロナ禍かどうかは確認もとれないが、全国いたるところがこのありさまでしょう。
感染防止ばかり言っても、設備投資もかかり、客足は増えない。経済は難しい。日本人のいわゆる自粛警察型の潔癖主義完璧志向の全体主義の弊害が出ている。
いい店、おいしい店は生き残って欲しいのに辛いところです。

コロナ禍、日本を救うファクターXはまだか

日本人はじめ東アジア人がコロナで重篤になることが少ない。感染が増えても高齢や持病持ちの結果として肺炎で死亡につながった人以外ほとんど死んでいない。
京大山中教授はじめ、この人種間差を、ファクターⅩと呼び研究されるべきと言われていたが、その後音沙汰がない。
日本が、握手や、キス、ハグの習慣が少なく、手洗いやうがい、マスクの習慣などというが、それは感染しないであって重篤にならない因子ではないのです。
まだわからないうちに、間違いなく経済危機は来ています。
欧米やアフリカでどんなに死者が出ても日本は安心というデータいうを出して、信頼の元にして経済の復興をはからないと、厳しい世相は終わりません。

味覚の秋

暑い時より食欲も出る季節です。
ビールとか冷たいもので夏の間弱った胃腸はこの際のんびりと回復させます。
美味しい秋の旬食材が出るまで待ちましょう。
一気に涼しくなりました。今年は簡単に風邪で熱出しても、他の感染症疑われますから厄介です。
快食、快眠でストレス貯めず乗り切りましょう。

VISTAが見た12年

パソコンを買い替えて初めての投稿です。いろいろ不具合も多く遅くなっていました。バックアップもできなくなりさすがに決断しました。少し慣れないですが動作は早いです。
私はクルマもそうですが、とりあえず使えればそうマニアックには買い替えません。
今はとくにスマホでできることが増えました。
このブログもデバイスを変えると厄介だと思ってましたが、ついでにいろいろ確認できたことわかったことも多いです。やはりやってみることは良いことです。
この前のパソコンはWindows Vista というやや短期でXPにつないだ感のあるOSでした。
それまでももっと遅いMEでしたし、光に変えてネットのつながりの速さには満足でした。
当時は会社のセキュリティも緩く、家もパソコンで資料作ったり仕事するのは当たり前でした。
約12年の周期で今年はクルマとパソコン買い換え、家も12年目くらいです。
私事も、世間もいろいろあったこの干支や星座も巡った12年です。
リーマンショックからコロナショックまでです
オバマからトランプ、民主党から自民党政権へと戻りました。
私は父を8年前、母を今年亡くしました。12年前はまだ町の化粧品店が健在で店頭に立ってました。子供たちは小学校からもう社会人です。
東北で大きな地震がありました。仙台から転勤して2年後でした。
60歳での会社人生の転機を前に、充実した日々。有終の美を飾れたのかはわかりませんが民間会社37年を勤め上げました。大震災の翌年には、化粧品白斑自主回収問題という大きな波もありました。入社した会社と名前の違う会社で定年退職しました。
消費税は5%から8%、そして10%です。スマホが主流となり、大震災以降できたLINEやYouTubeやフェイスブックなどSNSの時代になりました。
平成の天皇陛下は初めて生前退位され元号は令和となりました。
これからの12年また何があるのでしょうか。

秋分の日 星座は年の半年を過ぎる

春分に始まった星座の一年は秋分で半年を経過して折り返しです。天秤座という冷静なバランス感覚に秀でた時期の秋を迎えます。
コロナ禍という激動の半年でしたが、少し冷静に振り返りましょう。影響の大きかった人、周りほどには自分には変化がなかった人それぞれでしょう。自然災害もそうですが、当事者でなければ実際には大きな変化はないのです。とはい時間的変化は平等に全員に現れます。その中で何を見つけ、成長したのか育めたのか。この半年、世相が荒んだ傾向にあるだけに、自分が磨けたかどうかは後々大きく運命に左右します。
コロナという一見凶兆にしか見えない運命の星も考えようによればチャンスととらえる人もいます。病気で誰かが死んだという事象があるとします。そこで悲嘆だとか憎悪だとか負の感情に捉われ続けると、本人にはマイナスでしかないのです。
『自分の周りにマスクをつけた人が増えた。つけていない人を非難しよう。死んだ人も出ているからだ』こんなバカバカしい思考に陥っても何にも生まれません。
マスクもイソジンもワクチンも、給付金も、冷静に見れば何と小さいどうでも良いことではないでしょうか。
何もかもを極端にシンプルにして全体に統一してしまいたいような,恐ろしい報道の煽り方があります。冷静に自分の周りを見ましょう。