天使が舞い降りる25の法則

「天使が舞い降りる25の法則」
タカラヅカの楽屋に貼られている「ブスの条件25」の戒めを、自分なりに新解釈してみました。
逆説的に美男美女?で仕事をして、ひとが集まり楽しくできるかにはどういう条件が必要かです。
.笑顔がいい挨拶ができる
苦虫を噛んでるみたいで挨拶もできない人に誰も仕事を一緒にしたいとは思いませんね。
2.お礼を言える
3.美味しいと言える
4.精気がある
5.自信がある
6.愚痴をこぼさない
愚痴らず人の倍働く。時間が倍にならなければ倍工夫する、考える考え抜く誰かに聞いたり本を読んだり最低でも人の倍努力してみる
人と同じだけのことをしていても、つまらない仕事でしかない。人の倍やると、つまらない仕事がつまらなくなくなる。
非凡な人は普通の人の、最低でも3倍働いている。面白くないこと辛いことも経験であり、コヤシとなって人を大きくする。
経験していくことは決して無駄ではない。毎日がつまらないなら、それは君自身がいつまでもつまらないからだ。
つまらない毎日から脱却するのは、自分自身を面白くするしかない。
7.希望と信念がある
8.悪いときも周囲のせいにしない
「仕事が面白くないのは〇〇がバカだからだ。会議ばかりやってる。幹部はちっとも現場をわかっていない。こんな仕事やっていても意味ない」
今が楽しくないのは〇〇が悪いからだ(自分は悪くない)と思うことこそが、諸悪の根源である。自分の好きなことだけしないこと。
みんな「自分のすきなことで、自由にやれて、楽で、給料もよくて、楽しい仕事がしたい」と本当は思っている。でもそんな仕事は絶対にどこにもない。
なのでせめて自分の好きなことをしようとする。それもかまわないが、自分の好きなこと『だけ』をしていると、
結局はそれしかできないことになる。どこにもつながらないし、誰も相手にしないし、何も広がらない。
9.自分をよく知っている
10. 声が大きく元気
11.なんでもないことに傷つかない
12.他人に嫉妬しない
同期や同僚、同じ程度か自分以下の仕事しかできない人が評価されたり先に出世する不公平や不合理はどこにでもある。
自分の能力以上に評価され、昇進することほど、ある意味不幸なことはない。
高いレベルの学習・経験をつもうが、誰も褒めてもくれなくなり、自分を律して成長していくエンジンをうしないかねない。
嫉妬も不平も言わず、ひたすら自分に与えられた職務とそれ以外も、職階以上の仕事をしていく姿が、実は最高にカッコイイ。
13. 目が輝いている
14.いつも口角が上り気味
への字の口の両側を上げ、笑顔になるだけで、毎日すこしずつ面白くなる。
15.責任転嫁しない
16.共感したり感動したりする
17.楽観的に物事を考える
人間は何にでもなれる
必ずなると決意すれば、天使が舞い降り、不思議な力を発揮して、成りたいものに必ずなれる。
周囲を苦しめず 周囲を喜ばす 一歩一歩なりたいものになる努力をする。
天使の心に周囲の天使の心が集まり、なりたいものになるのを手伝ってくれ、幸運の出会いが始まり成りたいものに必ずなれる。
自分の中の天使の力を信じて、決意した理想は必ず叶えられる。
18. 問題意識を持っている
19. 他人に尽くす
自分の身の回り 机の周り クルマ 家 会社 せめてキレイに整理整頓。
他人とのネットワークはやがて自分が助かるときがある。
20.他人を信じる
21.人生においても仕事においても意欲がある
22.傲慢でなく謙虚である
23. 他人のアドバイスや忠告を受け入れる
24. 本当に正しいことは何か常に追い求める
いろんな情報があふれる時代。すぐに結論に飛びついて行動を起こしたくなる。
でも常にこれが正しいことなのかは、始める前に、最悪やり始めてからでもよく考える。
ときに集団も間違った意思決定をしてしまう。
昔は誰もが正義のヒーロー&ヒロインだった。いつからか悪の手下と手を結んでいるような自分がいないか!
25. 存在自体が周囲を明るくする
2017年秋イベントで一緒にお仕事したヘア&メイクアーティストの方
本当に明るく、積極的で仕事が好きで勉強が好きで、毎日が楽しくて輝いてるような人でした。
オフがほとんどないほど、仕事をかけもって、でも収入や保障は大会社のようにはいかない。
それでもあの人にまた会いた、話を聞きたい、指導を受けたい。
大会社で高給とってても、笑顔一つなく、ろくにゴミの片づけもできない人が残念ながら多かったです。
(美を売る会社、掃除道具売る会社だったんですが)
仕事って本来、苦しみ苦行であってはいけない。ましてそれが顔にでるようでは周りが迷惑な話です。
輝いていてまた会いたいなって魅力的な人に天使は舞い降りてきます。

少子化で人数野球も現実味

今回のオリンピックで3人でのバスケが登場、ラグビーはオリンピックは7人制です。
少子化対策や、入門編としての集めやすい人数という意味合いもあるのでしょうか。
サッカーのミニ版フットサルも町では人気です。
野球やソフトボールはあ日本では人気があったスポーツですが、近年競技人口は少子化の影響以上に減っています。人数や場所、用具等ハードルが高く、新たな個人競技に押されてシェアも奪われています。
サッカーのイレブン、ラグビーのフィフティーンは私の中高時代でもメンバー集めに苦慮していたように思います。当時隆盛の野球も今は一部名門校でさえかつての人数は集まりません。
気楽に始められ、ボールゲームの面白さが分かれば競技人口増にもつながります。
スケボーやサーフィン、ウォールクライミング等、さまざまな楽しめるスポーツが増えている中、野球やソフトも積極的な改訂が必要な時期に来てます。

コロナ」トンネルの出口は見えたのでしょうか

東京と首都圏の感染者は増えているが、もう報道はオリンピック一色です。
本当はもう重症者や死者が出る感染症ではなくなりつつあります。
飲食店や、観光等からに広範囲の日常的は仕事に関してはなかなか以前の活気、景気が戻ってこないようです。
度重なる緊急事態宣言等に翻弄されていた方には、オリンピックはどう映っているのでしょう。
スポンサーがついてお金の心配はとりあえずなくスポーツに打ち込めるアスリートは恵まれているという憧れや妬みが産まれてもしかたないでしょう。
しかし日本経済全体を底上げするのは、日本人の元気、やる気です。
コロナの終息宣言はどこが数値的基準も時間的目標もあいまいな日本らしく先が見えにくいですが、あいまいだからこそ臨機応変にそれぞれの立場でゴールを目指し、トンネルの出口の明かりを確信して進むしかないです。

ワクチンぼちぼちに

ワクチン予約が難しくなってます。まあぼちぼちでいいでしょう。いろいろデマのような悪い噂もあります。
コロナ自体が今すぐかかれば死ぬということなさそうです。そんなに焦らずぼちぼちです。
細かいことを調べるといろいろネガティブなものも出てきて、国策批判的になります。コロナの感染終息の切り札をワクチン施策で行っている以上、まあそれはそれに従っていきましょう。

祇園祭発祥の地

祇園祭のハイライト還幸祭の夜のはずでしたが、今年も中止でした。私の実家、本籍地は京都市中京区御供町(おんともちょう)祇園祭の街としては西で、三つの神輿の中継所祇園御供社の斜め向かいでした。最近は少し後祭も注目されましたが、本来の祇園祭の由来から言うと鉾(矛)は神輿の露払いに過ぎないのです。場所も八坂神社ではなく、神泉苑のこちらが発祥といわれています。山や鉾の保存の街とはまた違ったお迎えとおかえりのお世話がありました。

オリンピックがらみのお休みも終わりました。個人的には梅雨明けの一番暑いこの時期に大人にも連休が毎年あってもいいように思います。私はいい年こいて青春の鉄道三昧の二日間でした。幸い疫病にはかからずにリフレッシュしました。皆様も暑い夏、ご自愛ください。

【五輪開幕】復興五輪の形になるものができなかったものか

コロナ感染拡大でどうなるかと気をもませたオリンピック。ようやく開幕しました。深夜までの開会式は、セレモニー、選手行進、会長らのスピーチと長時間にわたりこれも物議をかもしました。
式の演出、進行等はある程度長めの尺の決まった中で、開催国の意気込み、文化芸術や伝統、最新技術までテンコ盛りでした。これが賛否両論で、ネット上はまあ否定の方がやや(かなり)多い印象です。これからアスリートが頑張り、感動を与えてくれるから四の五の言うなとの声もあります。
開会式の芸術的な部分やテクノロジーの部分は人の感性、知識のあるなしやら感じ方にもよります。
まあ多くの予算が投じられた開会式であったことは衆目の一致するところで、「コンパクト」や「復興」というテーマは感じられなかったように思います。
これからのアスリートのパフォーマンスにしろ、人によって「不甲斐ない」ととる人も「感動した」という人もいるでしょう。
津波や原発事故を経験した人やコロナ禍で医療が逼迫した面を見てきた人が、これだけの開会式を日本で行えたことに感動している方もいないとは言えません。
しかし、巨額の税金、お金がかかり過ぎている上に、そのお金が復興には回らず、広告会社や制作会社、五輪関連の組織にだけ潤沢に還元しているということをもう多くの人が感じています。
演出家の過去のコントをめぐる突然解雇をはじめ、女性差別発言等、主催側に対してどうしても厳しい目がいくのはこういうところです。スポーツに関係ないパフォーマンスが延々と行われる開会式に当然賛否ありますが。そこで良かったと世界の誰かが思って、「いいね」投票したり、募金したりして「復興」に活かすシステムはできなかったのでしょうか。
すでに日本は「復興」しているというなら、原発の非常事態宣言下に低賃金で従事したり、復興途上の仮説住宅にいる人に、いますぐにでも高額の報酬を還元すべきとの声にも頷けます。
それでも、200もの国と地域がっ出ていれば多くの国は、復興途上の日本より恵まれていません。メダルはおろか、競技に参加するのがやっとの国が過半です。アナウンサーの国の紹介も平板でした、もう少し国の状況を説明し、テレビを見た人が各国に応援できるように国別のデータはすぐ字幕やデータ放送が出るようにできそうなものです。
ミャンマーやシリアが今どういう政権下で選手を送ってきているのか、本当のところは分かりません。
衣装や表情、人数等に国の雰囲気は伝わります。そういう面では入場行進はメダル争い以上に参加の意義をもった祭典の中心です。
メダルの数の競争はもういいのではないでしょうか。せいぜい気にしているのは20か国くらいでしょう。こんな数でいまさら国威は上がりも下がりもしません。

「アスリートは頑張っている、アスリートに罪はない。アスリートがひた向きに国を思い競技する姿に感動する」
それを共有、強制、洗脳するような報道になりがちです。アスリートとだけ言ってすべて許されるなら、ナチスのオリンピックでも許されます。
国威を上げるためだけならもう日本に今さら要らないと思ってしまうのか、まだまだメダルを集めたいと思うのかはやはり感じ方の違いです。

ワクチンの効果、デマからも見える真実

ワクチンの否定情報には、笑ってしまうようなデマも多いです。
何もかも陰謀説、不妊になる、磁石を引き付ける、2~5年後にみんな死ぬとかもあります。
大手の住宅メーカー「タマホーム」の社長がワクチン接種を社員に禁止したのも少し滑稽なニュースとして報じられます。
まさに玉石混合で様々な情報、デマが飛び交います。
そんな中でも一面の真実は含まれているのかもしれません。
ワクチンは早期に開発され、実質的な日本での治験は確かに十分ではありません。そんなリスクを鑑みても感染拡大を防止する数少ない有効な選択肢なので、これはコロナを終息させるために、自分と社会のため接種していこうということなのです。
治験の数や割合、その計算も見ているといろんな考えはできます。
たとえば各社とも間隔をおき2回接種が原則と言われていますが、その間隔と2回の必然性の根拠となると治験データはかなり少ないように思います。1回でも十分効きそうですが、商売上2回、3回が効果が上がるので2回と断定したようには思えます。
抗体がなくなり、ワクチンの効果がなくなるのはどのタイミングかも承認前の治験で得られているとは思えないです。獲得免疫は消えても、記憶している免疫力でからりの効果が続き重症化は防げるように思えます。
変異株に対するワクチン効果の漸減も微妙な表現です。そんなにすぐに治験も統計も得られるはずがありません。予想や思惑の域をでないような見解で、毎年の巨額のワクチン契約が決まっていきます。今回の日本のように立ち遅れたら怖いので、疑うわけにもいかず足元見られたままの言い値の契約になりそうです。
しかし、インフルエンザ程には型が変わる程変異はしない。変異すればするほど原則として弱毒化します。楽観パターンだけを想定できないのが政府、医療厚労関係だとは思います。それでも、日本の今までの数値から見て十分安心と、感染対策が重要との意識を継続させながら、発信させてほしいところです。
ワクチンは多分5年たっても致命的に危険ではないし、完璧に効果があがるほどでもない。コロナも強毒になることもなくまた徐々にフェイドアウトするでしょう。


いまだ高額納税者?タバコ値上げ

ひと昔前の映画やテレビドラマだと、悪役に限らず正義の主人公でさえタバコを吸うシーンがありました。
最近は電子タバコが増えたとはいえ、やはり旧来の紙巻きタイプにライターで火をつける愛煙家も未だに見掛けます。
オフィスや家庭でさえ嫌われ、吸い場を失い、早朝や深夜のベランダや公園で見かけたりします。
高額納税者と揶揄され、さらに値上げされるのにちょっと待遇はかわいそうなくらい悪いです。
最近、近くに建設されたスーパーが建設中の頃や、職場に向かう途中に産廃のトラックや、金属加工の工場等でみていると、ブリーカラーの方の喫煙率がまだまだ高いのを感じます。
習慣性が高いのと、ハードワークの後の気分転換に欠かせないのかなと思います。決して高い賃金でない彼らの税負担を思うと何だか同情したくなります。でも彼らはそんなことは気にせず美味しそうに煙をふかしています。

何とか競技開始オリンピック

1年延期され、アンチ派は中止を訴え続けたオリンピック。今も東京は感染者の多い中、いよいよ競技開始となりました。
少し前は「やるかやめるか」五分五分の感じでしたが、予想通り何とか開催までこじつけました。しかし、一番の制限の多い無観客開催で会場は静かな感じです。
それでも4年+1年頑張ってきたアスリートたちの、本番パフォーマンスを世界の人が主にテレビで見るということです。意義はあるでしょう。
想定の範囲で、コロナの陽性者はでていますが、大会自体を揺るがすものではないでしょう。アスリートにとっては、この暑さの方が体調管理大変だと思います。
テロや暴動のようなものが起きないことを願います。
私自身は中止になった時のマイナスの経済効果を考えて、開催はすべきと思ってました。しかしこの寂しいスタンドの無観客開催は、マイナスはないもののプラスは少ない。進退ともに難渋を強いられるオリンピック、この夏の関係者の苦労は絶えないですね。

すでに英米中はアフターコロナで経済回復

この話一度書いています。すでにイギリスでもコロナの規制を緩和し、日本ではワクチン2回接種の効果とか「いやまだ早い、あぶない」とも言われています。
しかし早々にコロナをシャットアウトした中国、ノーマスクでメジャーリーグ観戦のアメリカの様子を見ていると、「感染が心配」というより経済停滞の日本が心配になります。もう1周雨遅れ以上に離されています。
「感染予防が最大の経済対策」とか、「経済よりも命、感染予防」が優先とか言ってる間に本業が喪失していく、世界との格差が開いていく取り返しのつかない事態が来ています。
経済や技術の競争で先を越されて、コロナがあったからハンデをくれ、補償をくれと言ってもそれはムシの良すぎる話です。
老舗の旅館や料亭等でも、つぶれたところや大きく売り上げを落とし回復のめどが立たないところがあります。日本の置かれている状況はこれに近いです。確かに有料顧客で待っていてくれて戻ってくる人もいるでしょう。しかし逆に言うと何割かは他所に行きそこで接遇を受け、そこでもいいということで帰ってきません。いろんな変化が起こっています。
GOTOキャンペーンの見切り発車に感染面で怒った人も多いですが、あらゆる経済面でウイズコロナ、アフターコロナの発車をしないと日本はとんでもなく遅れていきます。

夏は暑い、外に出て太陽に当たり汗かき、それで体力もつき免疫力も上がる

梅雨が明け、やはりうだるような暑さです。
炎天下での仕事ではないですが、事務所への往復、たまに外出する時は汗だくです。最近はクールビズでキンキンの冷房がかかる場所はあまりありません。一日、オフィスで働いても結構な汗かいてました。
でも帰りにすれ違った部活の女の子、健康的に焼けてました。何だか爽やかな夏という感じでした。コロナで多少制限があっても、しっかり外で日にあたり汗をかけば体力もつき、免疫力も高まるでしょう。
こんな暑い日に、コロナなんぞに罹る確率より熱中症の方が怖いです。
子供や学生たちは、いろいろな経験を積んで免疫をつけていくのです。