VISTAが見た12年

パソコンを買い替えて初めての投稿です。いろいろ不具合も多く遅くなっていました。バックアップもできなくなりさすがに決断しました。少し慣れないですが動作は早いです。
私はクルマもそうですが、とりあえず使えればそうマニアックには買い替えません。
今はとくにスマホでできることが増えました。
このブログもデバイスを変えると厄介だと思ってましたが、ついでにいろいろ確認できたことわかったことも多いです。やはりやってみることは良いことです。
この前のパソコンはWindows Vista というやや短期でXPにつないだ感のあるOSでした。
それまでももっと遅いMEでしたし、光に変えてネットのつながりの速さには満足でした。
当時は会社のセキュリティも緩く、家もパソコンで資料作ったり仕事するのは当たり前でした。
約12年の周期で今年はクルマとパソコン買い換え、家も12年目くらいです。
私事も、世間もいろいろあったこの干支や星座も巡った12年です。
リーマンショックからコロナショックまでです
オバマからトランプ、民主党から自民党政権へと戻りました。
私は父を8年前、母を今年亡くしました。12年前はまだ町の化粧品店が健在で店頭に立ってました。子供たちは小学校からもう社会人です。
東北で大きな地震がありました。仙台から転勤して2年後でした。
60歳での会社人生の転機を前に、充実した日々。有終の美を飾れたのかはわかりませんが民間会社37年を勤め上げました。大震災の翌年には、化粧品白斑自主回収問題という大きな波もありました。入社した会社と名前の違う会社で定年退職しました。
消費税は5%から8%、そして10%です。スマホが主流となり、大震災以降できたLINEやYouTubeやフェイスブックなどSNSの時代になりました。
平成の天皇陛下は初めて生前退位され元号は令和となりました。
これからの12年また何があるのでしょうか。

秋分の日 星座は年の半年を過ぎる

春分に始まった星座の一年は秋分で半年を経過して折り返しです。天秤座という冷静なバランス感覚に秀でた時期の秋を迎えます。
コロナ禍という激動の半年でしたが、少し冷静に振り返りましょう。影響の大きかった人、周りほどには自分には変化がなかった人それぞれでしょう。自然災害もそうですが、当事者でなければ実際には大きな変化はないのです。とはい時間的変化は平等に全員に現れます。その中で何を見つけ、成長したのか育めたのか。この半年、世相が荒んだ傾向にあるだけに、自分が磨けたかどうかは後々大きく運命に左右します。
コロナという一見凶兆にしか見えない運命の星も考えようによればチャンスととらえる人もいます。病気で誰かが死んだという事象があるとします。そこで悲嘆だとか憎悪だとか負の感情に捉われ続けると、本人にはマイナスでしかないのです。
『自分の周りにマスクをつけた人が増えた。つけていない人を非難しよう。死んだ人も出ているからだ』こんなバカバカしい思考に陥っても何にも生まれません。
マスクもイソジンもワクチンも、給付金も、冷静に見れば何と小さいどうでも良いことではないでしょうか。
何もかもを極端にシンプルにして全体に統一してしまいたいような,恐ろしい報道の煽り方があります。冷静に自分の周りを見ましょう。

白露:2020年9月7日

二十四節気の白露、2020年は9月7日です。12星座では乙女座 処女宮の真ん中。次の二十四節気は秋分です。猛暑、残暑は続いてる年もありますが、9月も7日か8日の白露にもなると、日の出も少し遅くなり、朝は少し涼しく露が見られるところもあります。北日本などではそろそろ秋から冬の季節の準備かと思わせます。
季節は一歩ずつ進みます。
コロナの影響や、その他それぞれの方にとっていろんな変化もあったでしょう。
人それぞれ、いろんな道があるのです。こんなに厳しいような中でも、意外にも儲かっていたり変わらない収益を上げている人もいます。
家を失った人も、命を失った人、名誉を失った人、数奇な運命も全て、それぞれ草につく白露のようなものかもしれません。
毎日だからこそ、それぞれ一生懸命に生きることです。季節それぞれ、、星座のそれぞれ、毎日の自然の中に遣り甲斐を見つけることが大切です。

処暑:24節気:乙女座

猛暑の真っただ中、処暑という24節気を迎えます。今年もそうですし、まだまだ残暑という年が多いですが、日の出は遅くなり、日の入りも早くなります。
熱帯夜もあり、特に湿気の多い日は過ごしにくいです。それでも朝晩、確実に秋の気配は近づいてきます。蝉の声もだいぶおとなしくなり、秋の虫が鳴きだします。
星座はしし座から乙女座のソーラーリターンへ。ちょっと真夏の男性っぽい勢いからは、しっとりとした感情の期間になるようです。
個人的にもこの季節、夏休みが終盤で地蔵盆などがあり、少しさびしくなり物憂げになります。

政変の星

アメリカの大統領選挙が今年行われる予定です。日本はどうなのでしょうか。長期政権を極めた現政権もさまざまなスキャンダルには耐えてきましたが、このコロナ禍の対策も不評でいよいろ政権交代となるのでしょうか。
アメリカ大統領をはじめ、世界の歴代の政治家が占星術を信じ政治の決断や方向性などにつあっていたという話は良く出ます。
実際に国の運命をその国の建国日やリーダーの生まれた日で、ホロスコープを作るやり方です。政治活動や財政、金融や経済の政策等の大まかな周期などはよく当たるような気がします。
火星の動きで戦争や政変が読めるとか、大きな体制の変化を天王星で見るやり方もあります。

しかし右へ行くか左へ行くか、前に進むか引き返すか、誰を次期リーダーにすべきか、そういうことは占星術では分かりにくい部分です。
政治の大事なところは、民衆の意志やその動き、その要望です。国を守り発展させるのは国家のリーダーがどれだけ国民、民を見ているかです。
民の意志を知り、国をどうするかの意志を決めたリーダーが、「どの時期に」「どこで」という具体的なものを占いに頼ることはOKです。
戦後最大級のコロナによるGDPの低下、ここからどう底上げしていくのか、リーダーの腕の見せ所です・。

暦の上では秋

あまりの暑さに、7月は長雨で日照時間が短かったことももう忘れそうでした。
コロナの感染予防でマスクをつけての酷暑対策も大変です。
そんな中、二十四節気では8月7日は立秋、暦の上では秋です。ある意味盛夏のど真ん中で最も季節とのズレを感じます。なぜかこの日から暑中見舞いでなく残暑見舞いにしないとウンチク垂れに指摘されます。暑い中には変わりないのでどっちでもいいと思いますが。
それでも少し日が短くなりました。いわゆる残暑はあるでしょうは秋は来ます。
星座はしし座のど真ん中。情熱と男性らしい攻撃的になれる夏のピークです。
コロナ感染という、命題に対し人類が日本人が前向きに積極的に対策を進められるか正念場です。オリンピックや万博も以前とは違うやり方を模索しないといけないでしょう。
戦後から平成、令和と労働条件等はどんどん改革されましたが、庶民が理不尽に並んで待たされそれを耐え忍ぶのが日本人の美徳とされたような時代はそろそろ終わりにしないといけないと思います。
コロナで地方自治が知事を中心に見直されました。
オモテナシといいながら密な満員電車を放置した東京一極集中のツケもきています。新幹線通勤含め削れるところは沢山見つかっています。

夜空の星が見えなかった7月

7月ほぼ日本中梅雨で下手をすれば大雨で災害。コロナもあって厳しい月でした。
それでも天の方は動いています。星座も移っていきます。これは昼の星座なので晴れでも雨でもみえません。
それでも七夕伝説のベガとアルタイルはじめ夏の星座を目にすることのない7月でした。
太陽の紫外線は日照時間が長いこともあり、この時期結構曇っていても肌に日焼け等悪影響を与えます。
それと同じく善悪、吉凶ではなく12星座のサインと呼ばれる領域を太陽が通ります。今は夏の星座獅子座に黄道があります。
紫外線と同じく目には見えずともこの影響を受けているのです。今はしんどくてもきっといい流れに戻る時が来ます。長く感じる今年の梅雨ですが、いつかは明けます。季節と同じです。星の運行はそれ以上に確実に巡っています。
一歩一歩着実に歩んでいきましょう。

七夕心静かに

大雨、コロナと大変は時期で星を眺めるどころじゃないなんて思われ勝ちですよね。
でも心を落ちつけて、大切な人を思い、故郷を地球の環境を思ってください。
クール・アースデーでもあります。
雨もいつか止み、夏のうちにベガとアルタイル。大三角形の二つを構成してますからきっと見つけられます。
密着しなくても愛は伝わります。

夏至(6月21日)部分日食も

ipicgrによるPixabayからの画像 「金環食」

2020年は6月21日が夏至、太陽の出ている時間が一年で一番長い日です。
冬至よりも5時間くらい長いことになります。太陽の恵み、暖かさを思う存分体に受けることができます。日本では梅雨の最中ですが、さいわい全国的にも雨は中やすみが多いようです。
太陽が一年で一番北寄りから昇り、お昼には空の一番高いところを通って一番北寄りの西に沈みます。
ちなみに日の出が最も早い時期は、夏至の少し前、最も遅いのは夏至の少しあとになります。


今年の夏至は、部分日食の日にもあたります。日食は宗教や天文学で重要な現象とされ、神が隠れる日と思われてもいました。太陽と月の動きが分かって初めてその予測もできるようになりました。
太陽の動く道黄道に対し、月が昇っていくポイントをドラゴンヘッド(昇交点、未来を示すといわれています)、月が降りていくポイントをドラゴンテイル(降交点、過去を省みる)といいます。ドラゴンヘッドとドラゴンテイルのように、黄道と白道の交わるポイントを天文学用語ではルナノード(月のノード)と呼びます
日食は新月の時に起こるので、何かの新しい始まり、とくに半年以上の影響力を持つ大きなパワーを持った新月と言われています。
個人や国家にも、この始まりの時期がらか影響を与えます。それぞれのホロスコープによりますが、このパワーには善悪、吉凶はありません。すべての占星術の表わすモノを吉ととらえうか凶ととらえるかは、その方次第です。
大いなる力が漲り新しいことが始まる、そのことを理解して備え、前向きに受け止めて活動することが全ての人に求められます。
まずは21日夕方、その天体ショーが見れればそこから何かを気付いていただければと思います。

いろんな災厄の犠牲者に祈る

関西人にとって大きなトラウマは阪神大震災で、最近では昨年の今頃だった大阪北部地震でしょう。」もちろん東日本大震災や、コロナ禍は全国的な災害で影響を受けました。
台風や洪水被害も繰り返し襲ってきています。
自然災害ではないですが、明石の歩道橋花火、尼崎の福知山線脱線事故、福知山の花火事故、京アニ放火事件。思い浮かぶだけでも多くの命が奪われています。
直接ではありませんが、亡くなられた方もごく近いところにいます。
そんな自然災害や事故に会わなけければ、長生きできた別の人生、運命もあるかもしれません。
死んでしまった命は残念ながら戻りません。
人間も多くの動物も種を残すため子を産みます。沢山になってその中で生き残れないものは出てきます。それも自然の摂理でしょう。ほんの少しの場所や時間、引っ張られた力などで生死が分かれます。
生き残った運命。しっかり受け止めて、生きられなかった人の分を背負って生きていく、それが宿命ではないでしょうか。
日々、マンネリや無気力に陥りそうなとき、つまらないイヤな感じや不安を覚える時、この場にいない亡くなったライバルや友人を思い出します。