5月20日小満【二十四節気】明日から双子座へ

今日から二十四節気は【小満】に移ります。陽気がよくなり緑の草木が満ち始める時期。田植えの準備をする。植物や虫、動物たちも活気に満ちだす季節です。
梅雨の便りも聞かれますが、緑は一層こくなります。
この時期の緑は本当に目を和ませます。
西洋占星術の12星座は牡牛座から、明日双子座へとソーラーリターンが移ります。太陽の位置が12星座のサインという領域に入るのはその時期に生まれた人だけでなく、誰もに影響を及ぼします。それをうまく利用することが大事です。穏やかでおっとりした牡牛座の雌伏から、戦略をもって競い合う双子座への段階へと変わる時期です。
春分から始まった1年もはや2ケ月過ぎ3つ目のサイン。4月年度としても2ケ月めから3ヶ月めにはいります。1月からスタートしたとするともう5か月、半分近く来ました。
季節の進み具合についていけてるでしょうか。コロナ禍という大変な波の中で見失っているものはないでしょうか。自分が今年やりたかったことはどの程度進んでいるか点検してみましょう。
企業の決算で一時的な損失を損金として、事業本来の価値の収支とは別にけいじょうする考え方があります。個人事業はそうはいかないのですが、人間の価値を見る場合はコロナを差し引いて自分が精いっぱいやれたかそれだけに価値を見出せば良いと思います。
目の前の、お客様、お金、収支はもちろん大変でいろんな給付や免除も受け、事業の再開は見通せない場合や就職もままならないことはあります。しかし、役割もお金は必ずめぐり、戻るべきところには来ます。
今までと同じ環境の人も、休業や失業等激変した人も、星や森から見れば同じように見えます。また星や森を同じように見ることができます。
【七十二候】はニ十四節気をさらに3分轄したものです。今日から【蚕起食桑】となります。前候では筍やミミズも出てきており、いよいよ蚕が元気に桑を食べるそうです。なんと無邪気無垢な自然ではないですか。
コロナは少し収まりつつもありますが、このウィルスとの攻防はまだまだ続き、その中で経済や社会活動を取り戻してもいかないといけません。一つの活動の節目を確かめるのが今日であり、日々です。

役職定年延長は否、定年延長は是

検察官の定年延長の法案を、このコロナの混乱の中採決するかで、ネットでだいぶ揉めてます。
三権分立が揺らぐとか、現体制支持擁護と反対派、、右と左で、論争になっています。有名人のツイートが拡散するのは、巣篭りでヒマだからや売名行為という批判もあり真偽もわかりません。
元々著名人は利用されやすい。ただここまで拡散が広がる元には何かあるのでしょうか。
私は基本的に定年延長、役職定年延長というのは、右左、保守革新といった立場で論争する問題ではなく、未来を見据えたものです。あるとしたら世代間の論争です。

私が社会人になった昭和57年、定年は55歳でした。その後60になり、40代半ばや50前後だったころぐらい、「定年は君が60になるころは65になっている」と言われました。
高齢化で、年金財政も厳しいと聞く時期になりそれはいい話だと思いました。
ところがその頃後輩で30代くらいのK君は、「上の人がいつまでも残ると僕らはいつまでも管理職になれない。先輩風ふかすイヤな上司が残る」と嘆きました。
役職定年等を説明すれば管理職は能力と実績でなれると話しましたが、私自身も当時イヤな体育会系パワハラ上司がゴロゴロいる時代でしたから、多少役職は下がってもその人が居残るというだけでイヤ感を覚えました。
で、実際に50代後半になると正社員としての延長はまだならず、エルダー制度、シニアパートナー制度という有期雇用の形の非正規で65歳という道が決まり、2020年現在私がいた元の会社はそのままです。70歳までの雇用延長、定年延長も検討には入っているでしょうが、役職定年、昇進昇級ストップなど給与や人事、キャリアプラン等の大幅なスキーム変更とセットされるでしょう。場合によって終身雇用の枠組みも変わるかもしれません。

今回の65歳定年延長は問題はないのですが、役職定年の延長問題はやはり一緒にできない難しさがあります。公務員の人事ですから民間以上に仕組みがあれば融通は一切利きません。一日でも要件に足りなければ任用はできないです。私企業等で取締役会の承認でというルールが通らないので、有能な経験者が雇用できない、ヒラに落ちるとの意見も分かります。
ヒラといっても役職の手当が減るだけで、給料や待遇はすごくいいはずです。
その辺は難しいです。仕事に見合った同一労働同一賃金、能力給がまだまだ実態とは乖離しています。そこに近づけないとこの問題は解決しません。
優秀な人材で良く働く人なら、あえて退職、(実質天下り)させず同じ職場でもいいとは思います。

月、星、神に祈るコロナ終息

占いの限界?なのか、占い、占星術をディスる人や懐疑を抱く方は、たとえば「今回の新型コロナウィルス感染による国難ともいえる事態を予言できていないじゃないか」「多くの大地震や事故も予想されない」と言われるでしょう。
私も一部ごもっともとも思います。
西洋占星術は実は、人の生死病気、身体のこと、あと当然ギャンブル、試験の内容とかに関してはタブーとして占わない原則があります。
身体や病気のこと、生死のことはあくまで医学の領域だからです。
これは逃げのように取られますがしかたのないことです。
世相全体や国の施策等を占うことは可能ですが、病気の判断は占いの領域ではないのです。地震や台風も自然科学の領域です。
月や星の位置で、アスペクトで占えることは多いですし、社会全体の風潮や災いをもたらしやすい状況なども分かります。しかし、それはあくまで吉にも凶にも転じます。とくに人が生きていくことは、社会全体の中で、自分の役割をどう果たしていくか。自分と世の中の運命の時間を見ながら何に向かえばベターか、いつ頃なら勢いがつきやすいかを占うのです。
何かに頼りたくて占いにすがる人もまた多い不安な時代です。だからこそ、自分の個性や役割を確かめつつ、社会全体に対して貢献できるよう、星に願うことでありこれは神に縋る領域です。自分の努力の範囲では神頼みせず、社会全体に関しては神仏に頼ってもいいでしょう。

穀雨4月19日:明日から牡牛座【金牛宮】

今日4月19日は二十四節気が『穀雨』に移ります。春の雨の恵みが大事な穀類などの農作物を潤すということで、昨日来の雨風は激しい地域もありますが、この時期播かれた種は雨に恵まれ豊かに実ると言われています。
12星座の移行は基本的には二十四節気とほぼ重なりますが、牡羊座から牡牛座の移行は明日から(今日の説もあり)です。春分の牡羊座から始まった太陽の巡りも早一ケ月立ちました。世間が騒然とした月でしたが皆さんいとってもどんな一カ月だったでしょう。ついに日本の感染者が1万人を超えて、全国に非常事態の宣言が出されても感染の増加の傾向は加速しています。
四月一日を期に大きく変わった場所や仕事の方もおられれば、変わらずに気持ちだけは新たに臨んだ方、コロナの影響で大きく人生が変わった人などいろいろでしょう。
全ての仕事や商売が閉まるような中、スーパーマーケットやドラッグストアやコンビニ、宅配業などはお客様も売上も増え、臨時手当を出すほどに潤っているそうです。
雨は均等に全ての人に降り注いでいます。
休まざるを得ない人、仕事を失った人もまたその運命を冷静に受け止めて次のステップをめざしましょう。
全ての仕事に浮き沈みはあり、種をまく時期も、雨の日も晴れの日もあります。そして花が咲き味を結べるかは地道な努力があれば叶います。
この一ヶ月がいったいなんだったのかをこの時期にしっかり見つめて明日からの新しいひと月にしていきましょう。
太陽もまたすべての人に均等に、この時期サインを移して【金牛宮】牡牛座から地球を照らします。
牡牛座の方だけでなく、全ての人にいろいろな機会や変化がもたらされます。
それをうまくいかせるかどうかです。人類、日本人がウィルスや経済の戦いに賢く勝って行けるか、目の前の季節の移ろいを感じながらも希望をもって励みたいと思います。

月に願いを:殺伐か平安か

月は間違いなく地球に最も近い天体で、潮の満ち引き等いろいろな影響を与えます。
その月が1年で最も近づき大きく見えるのが2020年3月8日今日の朝です。
スーパームーン、ピンクムーンとも言われます。
月に願いをかけましょう。こんな時期です。心を司る月の力で平穏な心を取り戻しましょう。コロナウィルスといいますが、人の心が乱れるのが最も危ない試練です。
落ち着いて丸い月を眺め、そのパワーで心を整えましょう。
そして今日はお釈迦様の誕生日。宗教でも思い込みでもなく、清く心を整え、願ったこと望んだことが叶う社会になればと思います。
緊急事態宣言で騒然となる中、心も殺伐となるか清らかになるかは考え方次第です。

晴明 万物穢れなく

二十四節気の晴明に4月4日から入っています。西洋占星術では太陽は牡羊座の中間あたりにいます。
晴明は陰陽師を思い浮かべる人もいますが、「清浄明潔」の略で、清らかに生き生きと万物が穢れないという意味です。
花が咲き、燕が来て、空気も空も澄み渡る。そんな季節ですが、実際には花粉とかで霞勝ちな時もあります。そして今年コロナウィルス。
今こそ晴明、清浄のため明潔のため、手洗いうがい。そして空気は清浄でないと危惧して人ごみは避けて不要不急の外出は避けてください。
日本というよりも世界中が凶星に影響されている時期です。長い地道な戦いですが協力し合い自粛し自愛をしながら乗り切らないと、戦後最大の国難です。
くれぐれも行動に気を付けてください。

桜に人生の変わり目を喜ぶ

植物は天体の占星術含め森羅万象を感じ花を咲かせます。
正直なところ子供の頃は桜の印象は今ほどではありませんでした。季節が短いせいもあり今ほど見事に咲く観光地にも行ってなかったためでしょうか。子供の目線では木に咲く華よりチューリップや菜の花の方が印象にありました。
桜を深く思ったのは、社会人になって転勤などの時です。
静岡の桜と秋田の桜、三陸や仙台の桜。彦根、長浜の桜。みんな懐かしく新たな旅立ちを励まし見送りや出迎えをして勇気づけてくれました。
人生の節目にそっと寄り添う桜があることが日本人の感性を豊かにさせているのだと思います。
今年度からは通勤が徒歩になり近所の川沿いの見事な桜を眺めながらの往復です。人生長く生きてるとボーナスがあるような気分で見つめています。

春分:西洋占星術の元旦

コロナの影響で学校が休みになり、社会全体がバタバタしています。
2020年の春分は昨日3月20日でした。
新年の始まりは1月1日元旦で、学校や会計年度は4月1日スタートですが、西洋占星術では太陽が牡羊座に入る春分点が元旦、1年のスタートです。
春分の日は年によってずれます。3月21日からをおうし座のくくりとする星占いが多いですが便宜上21日春分の年が多いからでしょう。正確な占星術は誕生時間と場所が大切になり、ごく個人的なもので、全ての人を12に分類しただけの星占いはわかりやすく受け入れやすいだけの簡単なお遊びです。
今回のコロナウィルス蔓延など社会全体の大きな事象も、ピタリと当てる占いは残念ながら皆無でこのあたりで占いに懐疑的になられる方もおられるでしょう。
西洋占星術には天文学や科学の要素もありますがまだまだ発展途上です。社会全体や個人の運命についてもう少し統計的なものが進めば精度は確実に上がります。今は個人の行動指針として私は個人の生活、生き方、ファイナンシャルプランナーとしてとくに経済活動と結び付けています。パーソナリティを活かしながら今からどう生きるこのがベターな選択なのかをアドバイスするスタンスです。
今年の春分のアスペクトだと極端なものはりません。10ハウスの天王星と6ハウスの冥王星が90度を組んでいます。外側の凶星同志の惑星で時代背景の大きな部分で何らかのネガティブな要素を持っているのですが、陰同志が反発しそれを個人個人によって陰陽を転換できます。
春分はまさにリスタートの大チャンス。昨年1年を振り返り、今の自分とその周りの環境を良く見極めて、新たな目標と決意で新しいスタートの時期としましょう。幸い会計年度のスタートがもうすぐの4月1日に控えます。ここで考えた目標を実践しやすいタイミングです。何事もご都合主義ではなくポジティブに捉えましょう。目標と決意は前向きに強く実行の意志で進めましょう。

テレワークで「カイシャの仕事」が変わる

もともとしばらく前から、スタバで企画書や報告書類、営業日報、メール連絡をしているビジネスマンの姿はよく見られるようになっていた。
東京オリンピックで首都圏はテレワーク推進を図っていました。昨年大阪サミットの時も一日ですが、私の勤めていた会社や大阪のオフィス街は配送も営業のクルマも止め、テレワークを実施して特に問題はありませんでした。
コロナウィルスでこの動きは加速していきます。多くの業界が世界的不況や移動輸出入の制限で大苦戦する中で、マスクや医療業界を除けば、このテレワークを進める上での家庭用のWiFiだとか無線LANやテレビ会議システムを売る会社は当然活況です。
このコロナや東京五輪(延期や中止)騒動を幸いに、日本の働き方が大きく変わる時期がくるかもしれません。災い転じて福とする。そのためには旧来のやり方に拘っている化石のような人には早く考えを改めるか退場願うしかありません。
繰り返しますがこれは大きなチャンスです。
例えば、以前いた会社ではペーパーレス化を進めていました。今いるところはそれができていません。
紙の削減は森林資源の保護というか、経費の削減も大きいです。廃棄や保管のムダも紙の撲滅で減らせます。
スマホやタブレットを整理して使えば、末端社員に紙はいりません。社内さえ電子決済できれば、必要な紙は印鑑がどうしても必要な社外向けの契約書などだけになります。
それ以外は全てPDF化して、RPAで読み込むと、人的ミスなくアーカイブに収まり必要な時にアクセスできます。
いままで書類整理していた社員の時間は、すべて営業など「ヒト」でないとできない仕事時間に回せます。
進んだ会社はそろそろこの段階に来ています。さらに先は私も詳しくありせんが、おそらくかなりの段階が構築されているでしょう。
そして今、紙ベースでやっているところもどんどん淘汰されていきます。
ただ求められるのは、セキュリティと接続などの分かり易い環境。そしてセルフマネジメントです。出社しないのはさぼってもいいのではありません。そしてどうしても人と会う時のマナーも大切です。

献血に行きました

私は血液型RHマイナスです。日本では0.5%200人に一人の割合。ABのRHマイナスは2000人に一人。希少とまでは認定されていませんが献血要請には基本的二応じています。
ちなみに娘も同形。女子は出産というイベントもありまた難しい問題を抱えます。
ちなみに私は占いで西洋占星術を用いますが、ABOの血液型占いに関して全く根拠がないと思うのはRH式を無視したものだからでもあります。

https://www.facebook.com/shares/view/?av=100002298469293