旬の時代が早く過ぎる

 一人の女優さん特にメチャクチャ推しでもないのですが、何だか時代の流れの速さを痛感したので話題にしてみました。

 広瀬すずさんの熱愛報道が出て、引退がささやかれてます。

 そのちょっと以前から、たまたまトーク番組の内容で、何だか残念というか心配なことをしゃべっていたので、何か伏線だったようです。

 雑誌モデルなどを経て2015年の映画「海街diary」で新人賞、助演女優賞で注目され、その後「ちはやふる」や「チアダン」など主演映画もヒットする。完璧に近い容姿と演技力で席巻し、2019年にはNHK朝ドラ「なつぞら」主演、紅白歌合戦もその前年から2年続けて司会をこなしました。昔は若手女優の登竜門だった朝ドラに今さら広瀬すずという最強のビックネームをという感じでしたが、あれが3年ほど前20歳過ぎた頃でした。

 いわゆる顔面偏差値の高い、瑕疵を見つけるのも難しいような美人女優で、これから一時代が来るのかと思われました。

 私自身はアイドルの群雄割拠時代で、美人過ぎて個性がないような感じで特にファンではありませんでした。滋賀県で仕事をしていたので、女性だけど広瀬すずが好きだという同僚がいて、いろいろ魅力を教えてもらったり、ちはやふるの映画ロケ地を辿った思い出がある程度でした。

 もちろんどんどん演技も達者な、美しい若手女優が後から後から出てくるのですが、2020年を過ぎて、明らかに広瀬すずのパワーは落ちます。旬が過ぎたのか、元々コアなファンが多くなく作品にも恵まれなかったのか。ちはやふるでは引き立て役のような助演者の上白石萌音や清原果耶がその後の朝ドラに抜擢され、「旬」はそちらに行ってしまいます。

 前出のトーク番組で語った。10代前半の小さい頃から姉を追いかけて芸能界入りして、「ほとんど学校生活も青春も恋愛も経験がない。恋愛も青春もこんなもの何だろうかなと想像して演技していた」

 何だか、それを言ったらおしまい。俳優としては禁断の発言のような気がします。女優として虚構に生き続けるより、リアルな生き方をしたいとの願望だったのでしょうか。

 私の友人が好きで推した、新人の頃の情熱があり、ひたむきな演技は徐々に消え輝きを失ったのは、そのあたりが原因かもと想像します。

 昭和の時代の吉永小百合さんのように時代を築き、ブライベートをあまり語らず見せず生涯女優として生きていく人などもう出ないでしょう。

 「なつぞら」の主題歌だったスピッツの「優しいあの子」は今もよく聴き歌います。散策した近江神宮のみどり紅葉を思い出すと、わずか3-4年で時代が流れ、人はターニングポイントを迎え、悩み抜く時を経ます。旬の人やモノがだんだんと置き換わっていくなあと少しセンチに切なく思います。

祭りやイベントの復活

 コロナ禍でここ2年休止や、無観客、規模縮小になっていたお祭り、伝統行事などが今年はだいぶ従来通りに戻って行われるようです。

 あまりにも人が集中するもの、花火大会や屋台などは従来のような人手集中は避けないといけないでしょう。

 私の住む京都も特に祇園祭、五山送り火はじめ継承されてきている行事は多く、関係者のご苦労を労います。支えるため待っていた町衆の気持ちも最高に高揚するでしょう。そのワクワクした喜びの顔は、想像するだけでコロナの苦難が吹き飛びそうです。

 いろんな町で、今年は祭り、イベントが再開されたりして盛り上がっていくのでしょうか。

 ただ、この2.3年の間にも高齢化、過疎化人口減が進み、前の賑わいか戻らないところもあるかもしれません。京都など知名度があり大規模なところはそれなりの大変さはあるもののファンドなどもいざとなれば集まりやすいでしょう。限界集落とはいかなくとも、宮司や住職、祭りの担い手がどんどんいなくなり、資金もないところも増えていると思われます。夜店の屋台で、怪しげなゲームや買い食いした思い出を作れない地域があるなら寂しいことです。

 それぞれの町の行事が減り、イベントも派手な大都市に集まる傾向が強まるのかと思うと、それも何だか切ないようにも思われます。

 

祭りやイベントの復活

 コロナ禍でここ2年休止や、無観客、規模縮小になっていたお祭り、伝統行事などが今年はだいぶ従来通りに戻って行われるようです。

 あまりにも人が集中するもの、花火大会や屋台などは従来のような人手集中は避けないといけないでしょう。

 私の住む京都も特に祇園祭、五山送り火はじめ継承されてきている行事は多く、関係者のご苦労を労います。支えるため待っていた町衆の気持ちも最高に高揚するでしょう。そのワクワクした喜びの顔は、想像するだけでコロナの苦難が吹き飛びそうです。

 いろんな町で、今年は祭り、イベントが再開されたりして盛り上がっていくのでしょうか。

 ただ、この2.3年の間にも高齢化、過疎化人口減が進み、前の賑わいか戻らないところもあるかもしれません。京都など知名度があり大規模なところはそれなりの大変さはあるもののファンドなどもいざとなれば集まりやすいでしょう。限界集落とはいかなくとも、宮司や住職、祭りの担い手がどんどんいなくなり、資金もないところも増えていると思われます。夜店の屋台で、怪しげなゲームや買い食いした思い出を作れない地域があるなら寂しいことです。

 それぞれの町の行事が減り、イベントも派手な大都市に集まる傾向が強まるのかと思うと、それも何だか切ないようにも思われます。

 

祭りやイベントの復活

 コロナ禍でここ2年休止や、無観客、規模縮小になっていたお祭り、伝統行事などが今年はだいぶ従来通りに戻って行われるようです。

 あまりにも人が集中するもの、花火大会や屋台などは従来のような人手集中は避けないといけないでしょう。

 私の住む京都も特に祇園祭、五山送り火はじめ継承されてきている行事は多く、関係者のご苦労を労います。支えるため待っていた町衆の気持ちも最高に高揚するでしょう。そのワクワクした喜びの顔は、想像するだけでコロナの苦難が吹き飛びそうです。

 いろんな町で、今年は祭り、イベントが再開されたりして盛り上がっていくのでしょうか。

 ただ、この2.3年の間にも高齢化、過疎化人口減が進み、前の賑わいか戻らないところもあるかもしれません。京都など知名度があり大規模なところはそれなりの大変さはあるもののファンドなどもいざとなれば集まりやすいでしょう。限界集落とはいかなくとも、宮司や住職、祭りの担い手がどんどんいなくなり、資金もないところも増えていると思われます。夜店の屋台で、怪しげなゲームや買い食いした思い出を作れない地域があるなら寂しいことです。

 それぞれの町の行事が減り、イベントも派手な大都市に集まる傾向が強まるのかと思うと、それも何だか切ないようにも思われます。

 

セブンのペットボトル回収いいね

 統計的なことはまだわからないが、とくに暑くなるこの時期、近所の公園の自販機横の分別ごみ入れは回収が間に合わず、いつも満杯でした。
 近所に近い距離でセブンが2店あるため、キャップをとってラベルだけ捨てられているごみと、あとは瓶や缶というケースも多くなっています。
 nanacoポイント対象は1日5本までだが、とくに家庭や他店の持ち込みをNGとはしていないのも太っ腹な感じがします。
 トイレや雑誌の立ち読み、イートインスペース、家庭ごみの持ち込み禁止、駐車場使用の制限など、せこいことを店長権限で書くコンビニが多い中、セブンのこの施策はSDGsが環境ビジネスともつながり、来店のきっかけにもなっているのですから、ウインウインの結果が出ていると思います。

 コンビニ業界も、一時期営業時間や、食品廃棄や値引きの問題でフランチャイズともうまくいかない時期がありましたが、完全に3強寡占時代を迎え、これからもこういう地味でもありがたい施策をお願いしたいものです。

トイレで褒めてくれる店の方が気持ちよい

DSC_0691_TEMP

 コンビニや飲食店のトイレで最近はこういう褒め殺しのような文言のポスターが増えました。
 ピグマリオン効果というそうで、教える側の期待を示すことで、教わる側の効果が期待できるという心理学に基づくようです。
 いまだに「トイレ使用は従業員に声かけを」「女性トイレの男子使用厳禁」「トイレのペーパー持ち帰りは犯罪です」「トイレ使用は店内商品購入の方に限ります」とかマジックで汚い字で高圧的な言葉が書かれていることがあります。
 こんな店には買い物意欲も萎えます。
 高級なレストランや料亭の優雅なトイレならいざしらず、たかがコンビニのトイレで強制的文言で不快な思いをしてまで利用しないといけないのか。
 基本私はこういう店長が独自に「掃除が面倒くさい」「トイレでのロスが多い」という目先の損益で、普通のお客様を疑うなど不愉快な思いをさせていることに気が付かない店は利用しないのです。
 利用しなにのに長時間駐車などの問題も、自分で見回りその車に警告の張り紙をするなどして、問いただせばいいだけで、デカデカと何万円罰金をいただきますなどと書くと、人は不愉快になるものです。
 あなたの街のとか、あなたとコンビ、街のホットステーションとかいいながら、そうい不愉快なことを書いた店は利用しないことにしています。

札幌五輪の是非

 東京大会の本当の意味での総括がされないまま、札幌での2030年の冬季五輪の誘致が話題となっています。
 これには、私の普段から趣味や何やで情報共有したりしている北海道在住の友人も、誘致賛成と反対に見事に分かれます。
 例によって、住民投票は形だけで、誘致ありきで動いてる節もあります。
 ここへ来て反対の元支局長が市長選に立候補して、その対立は激しくなっているようです。 鉄道関係やコロナ関連での友達は概して今の北海道はそれどころじゃない。過疎が進み、インフラ整備も厳しいのに、税金でイベントや箱物は無駄すぎるという意見です。
 かたや賛成派は、北海道経済のためのだからこそ、札幌が大きなイベントをぶち上げるべきだという考えです。やライバル都市との優劣はさておき、東京はコロナ禍で実施してあれはあれで良かったのでしょうか。
 誘致そのものも買収でお金が動き、今さらオリンピックという空気もあった中推し進められ。コロナ禍で中止の声も上がりました。
 しかしコロナ禍でも実際に身近でアスリートたちが躍動し、多くのメダルを母国のため獲得する姿をみれば、オリンピック良かったじゃないかと誰もが思います。それは何をもって成功として、考えるか検証しないと論争になりません。
 開会式などのセレモニー、イベントから、選手村やプレス報道体制含め、大会として、やり切ることは日本の開催都市のイメージアップであり、素晴らしい国だというアピールの機会ではあります、
 それらも含めて、どこまで経済効果があれば成功といえ、失敗となるほど不採算なら誰が責任を取るのか実は明確ではありません。
 そしてよく言われるのは外国や政府御用達の企業が儲け、道民や札幌市民の多くはタダ働きさせられた上、結局は税金を上乗せされて将来にわたり払い続けさせられのではないかということです。
 テレビ局や新聞などは、五輪となれば大きなスポンサーでありニュースのコンテンツですから、お金でつながらなくても派手に五輪をぶち上げます。
 普段は税金が上がる、物価があがる、インフラ整備が遅れている、災害対策が遅れていると騒ぐマスコミが、オリンピックに血税が流れるのにはあまり反対しません。
 オリンピックの誘致から会場まで、コロナの予防接種から対策まで全部、今の子供が将来背負う借金、税金です。市民オンブズマンみたいな人がもっと厳しく見渡し、提言しないと税金の無駄遣いは止まりません。

父の日に思う

 父の日と母の日が分かれているのも、今の時代男女の公平な役割うんぬんでそろそろいちゃもんがつくかもしれません。5月に母の日、6月に父の日が、今や商売としてのプレゼントデーで喚起されるような感じです。
 私の世代だと、父母は昭和一けた戦中戦後を経験して、親の役割も今とは少し違うかもしれません。その子供の私もステレオタイプの父親だったのかどうか、適度に好かれ嫌われて、令和のオヤジになっています。
 子育てに関して、私は父としてどうこうというこだわりはありません。
 何となく背中を見て、時に反発し反面教師の時もあってもいいですから、何かを学び人生のどこかの面で活かせばと思います。
 名家、名門で自分の跡を継がせないといけない家には生まれていないので、そこの苦労はわかりません。気楽な次男坊でしたからね。
 家を継ぐのは大変と思うし、決断まではイヤかもしれませんが、決まってしまえば楽かもしれません。親の仕事を見ていると本能的にそれがやりたくなり好きになる場合もあります。レールはあり方向性は見えているのですから。
 いずれにせよ、父として子供の人生の全てを支え見守ることはできません。
 よく女性にファザコンという感じの人がいます。お父さんが好きで、パートナーにお父さんのような優しさや甘え求める感じの人が、裕福な家庭に意外に多いようです。
 これに関しては、私は何人も知っていますが、まあマザコンも同じように悪いのですが、、ファザコンも質が悪く苦労し、周りを苦労させることが多いです。
 せっかくの父の愛情、お金や時間を、甘やかしに使ってはいけないとは、よく思うのです。

誤送付や不正受給

 国税経験者を仲間に入れた悪質な給付金不正受給。役人の大ポカによる誤送付も話題になりました。金額の大きいそんな不正をチエックできないのも問題ですが、今後こういった申請が審査され通るのがさらに遅くなり給付が遅れるのも問題ではないかと思います。
 日本の給付とか支給の申請主義は、時間も手間もかかります。役人が目視でチエックするなど今の時代にどれだけ、高コストなことかと思うと10万円支給するのにどれだけ税金がかかる不採算事業化と思います。
 目の前の現金が欲しいのもわかりますが、何か制度を根本的に見直すことと、どんなに堅牢に見える仕組みでも結局やり方で崩されるならもっと効率よく抑止になるように罪を重くすることでも考えることです。
 多くの役所にかかり職員や非正規がこの給付に時間をかけ、人件費を注いでいること、あげく大部分貯蓄に回るのでは何をしているのかです。
 景気対策なら、税率を一時的に下げる弾力的対策の方が低コストです。アベノマスクで無駄なコストがあったと騒ぎますが、現金支給はもっと無駄の多い対策です。
 考えてもみてください。対象者を重複などしないようにピックアップして申請用紙を送るとか、申請された書類を税情報などとつきあわせ書類決済に回すなど、間違いなくやるためにどれだけコストかかると思います。
 もっとその無駄を野党やマスコミも指摘すべきなのですが、選挙や利権などさまざまな事情でそこが表にでないようです。

世の中にはいろいろウラがある

 日々伝わるニュースにしろ、ちょっとした社内の人事異動にしろ、かならずそこにはウラの事情があるものです。
 もちろん、それを立証することは難しくとも、いろいろ推理してほぼ証明することや解説するのは可能な場合が多いです。
 表だけ見ていても歩いてはいけるのですが、まあ世の中難しいものです。
 このところ、体調が悪いので今日はこんなところで。