人は何のために生きて来たか分かる歌があった

 ろくでもない1日ってありますよね。いくら心の広い人でも、難癖ばかりつけられてやりたいことができず時間が過ぎた1日。そんな日に限って巡り会わせが悪く、天気も体調も悪いような最悪のイライラが募るような日が私にもたまに来ます。
 先日も仕事でもさんざんみたいな一日の帰り、天気予報に反して、みぞれ交じりの雨です。しかも風も強く、服もかなり濡れるほどです。
 今日はいいことの無い日だと、泣きたくなるような気持ちでの信号が変わるのを待つ交差点で、お母さんの自転車の後部座席に合羽を着せられた子供が寒そうにしています。
 小さな折り畳みの傘、信号待ちの短い時間ですが、子供にだけでも雨がかからぬように差しかけてやりました。母親には見えないまま、信号が変わると自転車は走り去りました。子供ははにかんだ笑顔で手を振りました。自分が雨の打たれる状況は変わらず、むしろ濡れ方が激しくなったわけですが、気持ちは一変してモヤモヤもイライラも、悪い一日という気持ちは消えました。

その人はさっき僕が拾った
素敵なものを今の僕以上に
必要としている人だと
言う事が分かった

惜しいような気もしたけど
僕は それをあげる事にした(中略)

結局僕は そんな事を何度も繰り返し
最後には何も見つけられないまま
ここまで来た道を振り返ってみたら

僕のあげたものでたくさんの
人が幸せそうに笑っていて
それを見た時の気持ちが僕の
探していたものだとわかった

今までで一番素敵なものを
僕は とうとう拾う事が出来た
槇原敬之さんの「僕が一番欲しかったもの 」歌詞より抜粋です。

 前半の歌詞は、素敵なものを見つけては人に譲り、そんなことを繰り返している内に、時間だけ過ぎてしまったという嘆きでしょうか。
 人生の終焉が近づく頃、自分がこれまで歩いてきた人生を振り返ってみると大金持ちになったり、名誉や地位を得た者に比べ「虚しい価値のない人生を送ったかな?お金も残らないし、モノもたくさん持っていない。結局、いいことはあまりなかったかな?」
 そんなことはないでしょうと後半の歌詞は否定します。
 自分がこれまで人に譲り続けてきたものは、その人たちの笑顔とともに心に焼き付き、人生を豊かに彩ったはずです。たとえ、わかりやすくお礼を言われなくとも、人に譲った時の自分自身は輝いているのです。
 がめつく奪った時よりも爽やかな顔になっています。
 
 人生の目的は奪うことや貰うことではなく、大切なものを他人に与えることなのです。このことに気づけば、肥大する物欲をある程度断ち切り、幸福感がジワジワと増してきます。
 春を待つ驟雨の中、そういうものだなあと思いました。
 

 昨年75万人しか出生していない衝撃!

 第一次ベビーブームの今生きている団塊世代73歳の老人の半分以下しか出生していないなんて!

 2023年の出生数を発表しているが、なんと過去最少の75.8万人で、前年に比べ5.1%減、婚姻数も戦後最低で48万組とのことである。75万人といってもぴんとこないし、成人とか20歳になった世代が80万人ぐらいなので、そんなものかと思う人も多いでしょう。出生率は韓国も低いと言われますが、日本の出生数、過去の数字を見ると驚くほど多かったのです。ということは毎年還暦を迎えるとか、年金が貰える世代はずっと多いしかも、2倍も3倍も多いのです。
 日本では1947年から1949年にベビーブームが起きています。この3年間は出生数が250万人を超えており、合計すると約800万人程度の出生数となる。1949年の出生数269万6638人は戦後の統計において過去最多であり、この出生数は2023年の出生数約3.6倍です。
 表題の通り、団塊の世代と言われ今も健在なご老人73から75歳の方はまだ各年代で170万人ぐらいおられます。出生数の2.6倍ぐらいはいます。
 その後も第二次ベビーブームの年齢ぐらいまで50代60代は楽に150万人以上います。毎年「還暦だ」とか「年金もらえる世代」に入ったとかいう人が、赤ちゃんの2~3倍いるんです。
 そして、みんなが高度成長から、バブル期とその崩壊まで日本を支え家庭を守ってきた「そろそろ休ませてくれ、人生謳歌させてくれ」となるのです。それでも賦課方式で物価が上がり、支える世代の割合が低く、さらに下がり続ける実態が良く分かります。すぐには崩壊、制度破綻とはいかないまでも、このままではダメだというのはあながち危機感を煽るものでもないのです。

 2050年とか、近未来の高齢者比率や、総人口が8000万人とか人口減少を憂う統計予測はよく出ますが、この高齢者の多さを見ると「こりゃ、ダメだ」と思います。
 いざ少子化対策となると、高齢者が多くてそちらに回すお金も多く、大したものが決まらない決められないハンパは政策ではどうにもなりません。結婚する若い人間の絶対数も少ないのです。
 

 そんなこと考えなくても、何とかなると思われた時期は過ぎています。
 もちろん政府や識者もAIも考えているでしょうが、伝統的な考えや仕組みからは既成の概念を取り払わないと、人口も若者、出生も増えません。
 それは、相当に痛みを伴うとか、保守の人が顔を顰めるような内容にもなるでしょう。それでも国が存続しないと元も子もないです。どんな形でも日本を残し守るのが保守でしょう。政治家も情けないことばかりやってずどんなに嫌われても説明を尽くし茨の道を国民とある亜k内といけないでしょう。これからの政治家も国民も相当な覚悟が必要です。
 こう書くと暗いことばかりですが、俯瞰してみれば国家運営の構成がドラスティックに変わるよということで、その変化を確かめ、楽しまないとしょうがないです。


京都市長選総括と政治の構造

 京都市長選から少し時間が経ちいよいよ新市長が登庁されます。
 選挙を総括して書こうとしてから、いろんな政治の状況や京都市の行政への思いが巡りなかなか書けませんでした。
 京都市への長年の思い、役所関係に関わった時の思い、今回選挙応援に関わった友人たちへの思いなどが駈け廻りました。まとまりがなく書いたままです。ご容赦ください。

 京都では与野党が相乗りして「非共産」対「共産」の構図で長年争われてきました。今回、維新と地域政党京都党、国民民主党と前原新党が組み、自民公明と立憲民主党が相乗りした現市長後継としのぎを削る新しい構図でしたが、候補者の政治資金疑惑というまさかの急展開で、結局「非共産」対「共産」に戻りました。
 選挙結果では共産党福山氏が大善戦したとも言われますが。結局疑惑で失速した村山氏が前回の票も取れず、維新支持票は分散して、当選した松井氏から自民の支持層を自民除名の二之湯氏が獲っていった分で苦戦した程度でした。共産系は実は大きく増えてもおらず、あのまま村山氏が走っていた方が、3竦みで共産党がもっとトップに近づいていた可能性もありました。
 地域の事情ではありますが、「相乗りの形は京都に限らず全国にいっぱいある。党としてはその候補者と向き合い、いいかどうかを判断している。京都の特殊事情ではない」と自民党や立憲民主党は開き直るように述べていた。
 地方組織が弱い旧民主系議員は、選挙を取り仕切る組合、要は連合の意向に逆らえないのです。
 労働政策の実現を望む連合は首長選で現職寄りで、共産とは全く相いれない。連合と共産党系の近親憎悪のようでより敵対するのです。旧民主系は国政で自民と戦ったふりをしながら、足元の選挙区では手を握るという矛盾を続けてきました。
 今回は共産党が機関の新聞で村山の裏金リークをして、引きずり下ろしました。
 自民党内でさえ勝手に出馬した府議を除名までするコワイ制裁、片方で裏金でもユルユルの処罰なのにこの辺の近親憎悪のガチンコは一体何なのでしょう。結局は相乗り、現状維持に大きく舵が切られました。
 中央では敵対し、裏金問題で政権交代を目指すはずで、その足場を政令指定都市の首長選を取れば弾みもつく時勢でした。
 特に野党第一党、立憲民主党は情けなさ過ぎますし、推薦にたてた村山氏に疑惑が浮かぶと不戦敗を決めた維新も世論調査では村山氏優位で勝つ気満々だっただけに不戦敗は残念です。
 実際に市役所、区役所で働く人にも給料や待遇を下げては可哀そうなぐらいよく働く人もいます。
 松井新市長が述べていた京都の市職員は良く働く素晴らしいというあたりは間違いではありません。
 維新や京都党の改革を、大阪橋下流と毛嫌いした方、伝統産業や芸能、文化、地域などを守らず改革で切り崩すのではとも怖れた向きもあります。松井市長の当選で安堵した人もいるでしょうし、革新府政時代に立ち遅れたトラウマがある人も安心したかもしれません。
 しかし、革新知事市長時代以上に門川市政下で最悪の財政、福祉の体制であることも事実です。
 伝統文化などだけでは京都はもたないと私は思います。
 私は今は国の司法系の仕事なので京都市とは直接俸給を貰う関係ではありません。それでも少し関わった右京区のプロジェクト、地域でのITのボランティアなども体制によって機器の更新どころか存続そのものも年度替わり前で随分やきもちされていました。維新系の市長ならこれらも全ていったん見直しかもしれませんでした。
 個人的には再就職で地元での公務などの事務を探しているとき、文化庁や京都市の行政のデジタル推進課、、行財政局社会保険関係、交通局広報、町家の管理、二条城の管理事務なども回りました。採用されたおれば逆の立場だったでしょうか。それでも詳細に条件を見ました。総じて非正規採用の待遇はあまりよくなく、逆に職員はダラダラです。全体で人件費のかかる正職員で無駄な人材が多いのです。賞与や昇進などここらあたりに、手をつけられるのが維新だったのですが、その機会は失われました

 改革という面では、一番積極的なのが京都党、(維新)>自民・公明・立憲民主>共産党というのが京都の異様な構図です。
 それはそれで全てを俎上に見直すことは傷みはともなってもいいことかとも考えました。
 とはいえ結局門川市政をほぼ後継、継承の松井市長となりました。ドラスティックは無理でも繰り返しますが財政破綻の問題はつきまといます。松井市長は世話になった団体とのしがらみを抱えながらも、ある意味冷徹なほど冷静にこの問題に全方位に向いて取り組まないと待ったなしです。
 何せ、国とのパイプとか府市協調と門川市長も言いながら、全国ワーストの財政になったのですから、今さら国や与党は助けてくれません。国の支援は結局足枷になり、府市協調というのも前からいって二重行政の無駄は消えていません。似たような府市の組織があるのもそんなに急には変わらないし、変えられないでしょうが、やはりメスを入れていかないと遅れたまま、破綻寸前待ったなしは続きます。中央政治がどうしようもない時期、地方発で大きな変革があっても良いはずです。

 

あざとい生き方の人へ

 昨日は山本陽子の訃報で、俳優さんの運命について書きました。

悲しき女優の死 – 天使の星座 (seizafpkotodama.com)

 若い時、元気で若さのままビジュアルに秀で媚びてあざとく世の中を生きてきた人は芸能界以外にもたくさんいます。40代50代となり落ち着いて過ごせる人もいますが、どちらかというと若い時のスタイルが限界に来ているのに生き方を変えれず悩む人の方が多いようです。
 結婚してパートナーに支えられながらも、相手さえも以前ほど気持ちをこめて支えてくれそうではないのです。ましてや独身となるとチヤホヤされたモテ期は彼方に遠ざかり、かつての自分を思い出させる若い後輩たちをやっかみたくなるものです。肉食系の人でも、食べたくても近づくのは若い相手ではなく、他人のことは言えないはずなのに、年寄りがよってくるぐらいです。
 それでも年代に合った友達ができれば良いのですが、かつて女王様やアイドル的な存在でセンターにいた人はそうもいきません。かつての自分を知る相手に、矜持を捨て少しずつグレードを落としても媚びを続けていくか、自分を変えていくのか分かれ道です。
媚びがコミニケーションという能力に昇華していればいいです。
 ウソで固めたような媚びには誰もが気付いています。そのウソが魅力的かどうかが最後のチャンスかもしれません。
 私は個人的に、それでもウソをつく弱い人は可愛い、憎めないと思える時があります。
 

悲しき女優の死

 最近は女優というとやや不適切となるそうですが、私らの子供時代の美人女優の典型だった俳優山本陽子さんが81歳で先ごろ亡くなられました。
 現在だと、北川景子さんとか、広瀬すずさん、浜辺美波さんとかまあ一人には絞れないけれど典型的な時代を代表する、子供にとってはキレイなお姉さん女優でした。
 昨年末まで長年CMを勤めた海苔の会社を訪れるなどお元気そうで、彼女の場合不幸な人生とは言えないしょう。詳しい晩年は報道程度ですが、特に若い頃、元気さや美貌が印象的だった人の老いと死の報道は胸が締め付けられるようなものがあります。
 俳優さんやアスリートの中には、やはり若い頃チヤホヤもてはやされ、恋愛も遊びも自由でイケイケだった反動の悲しい晩年、地味な晩年というのもあります。、最終的には独りで孤独に晩年という人も報道されます。
 少し時代外れますが、大原麗子さんもやはり、時代を代表するような俳優さんでしたが、結婚運も良くはなかった感じで孤独死のような形で以前報道されました。
 もっと不幸な感じだったのが、若手時代は清楚な美人役で国際スターとも言われた島田陽子さんも、後年は借金で汚れた仕事もされ、寂しい晩年で病死されています。
 時代が変わり、比較的若い頃に俳優をやめ同僚の俳優、一般人、政治家や実業家の富豪と連れ添い幸せそうな人もいます。最近のアイドル女優は若く元気で美しい姿を人々の記憶に刻み、優雅に年齢を重ねていかれるのかもしれません。

少数野党の限界?

 GDPがとうとうドイツにも抜かれ、国際的地位も多くの国民生活も二軍落ち、2等国に下がりつつある日本です。多くの保守層もさすがに危機感はあります。
 それでも与党保守系支持の方は、よく共産党や立憲民主党、れいわ新選組のような野党なんか党方針もとんでもないし、政権担当さっせられないし要らないと思っています。自民安倍1強と言われた時代が続き、政府はやりたい放題で財政も経済も低迷、国民そっちのけで裏金問題の体たらくです。
 日本の選挙や政党政治の在り方がオワコンとも言われ、矛盾点や課題は山のようにあります。しかし、立法府として政治の中心のやりとりが今の国会ではいくら何でも情けなさ過ぎます。議員の在り方、政治家の金の使い方だけ見れば、野党の方がきれいだし、与党より言うことははるかにマシで、日本のためになる改革を語っています。
 別に野党を真剣に支持するわけではないですが、結局オール与党に近く、不信任案も倫理委員会や証人喚問など野党が要求しても屁の河童、糠に釘では国会をやっている意味はありません。
 その場しのぎのゴマカシを聞いていると、検察と警察、スクープ週刊誌があれば野党など要らないと思えるほどの微力な存在です。これでは巨大与党の中心の派閥が好き勝手にお金を集め勢力拡大を図るのが止められる道理は無かったでしょう。
 こんな緊張感のない国会でまともな法律が決まり、政策が決まっていくはずがないとは思います。
 与党の多くの議員を辞職させても政権は交替するほどではありません。ここは政権中枢はなるほどと唸れるくらいの改革を進めれば、政権は盤石になるはずです。
 逆に処分が甘ければ、急降下でバラバラになり、政権を失う可能性があるほど、今度の国民の怒りは燃え盛っています。
 しかし今の野党は、党の方向、政策や思想がバラバラで政権の受け皿になったとしても過去最悪の政権になりかねないのです。二大政党制の受け皿ができていない。澱んだ政権が続き、改善するのにひどく傷みをともなうので変わらないという閉塞した状況にイラつくわけです。だからこそ、現与党内で厳しい基準を定め、政治を地味に着実に刷新していくのがベストなのです。

自死か事件性のある死かテレビ局の闇

 日本テレビで昨年秋放送されたドラマ「セクシー田中さん」の原作者である漫画家の芦原妃名子さんが亡くなりました。その少し前にインターネット上でドラマの脚本家と原作者である漫画家、双方が異なる主張を発信していたことから、いりいろ物議をかもしています。
 最初私は、木南晴香さんがハマリ役だと思いドラマを見ていましたが、いろいろ状況を聞き調べてみるととんでもない奥の深い問題のようです。
 結構信憑性の高い情報もありますが、書けないほど酷い話です。絶対確かとはいえないので断言はできませんが、もしそれが事実なら、本当に今のテレビ界はとんでもなくブラックです。少なくとも悲しい不幸な死につながる土壌が明らかにあるのです。
 ドラマ部と報道部は違うとかあるでしょうが、新聞やら雑誌もたいがいですが、報道に比べ、局にもよりますが、地上波ドラマの制作はさらに酷い世界です。
 役者や漫画家、作家など優れた才能がある人がいろいろ頑張っているのに、何だか理不尽というところが多すぎます。対立があったというのでもちろん、どちらがどう、どこまで正しいというのは分かりませんが、とにかく残念ですし、それを誤魔化さないといけなかったならもう許されないレベルですね。

バレンタインデーのお返しの起源は

 バレンタインデーのお返しは私の遠い記憶では3月14日のホワイトデーではなく、「マシュマロデー」と呼ばれていました。1970年代ですね。私の中学時代です。
 海外発祥のイベントのバレンタインデーが普及するとともに、日本独自のお返しをする文化に着目して生まれたとされています。バレンタインデーのお返しにせめてマシュマロでも渡してほしい旨の文章が少女雑誌に掲載されているのが目に入ったお菓子の会社。石村萬盛堂はこの文章に触発され、バレンタインデーの返礼としてマシュマロを渡す日を創設し、返礼用マシュマロ菓子として「君からもらったチョコレートを僕の優しさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」とのコンセプトで、黄身餡の代わりにチョコレートをくるんだマシュマロを売り出すこととしたそうです。起源は他にも諸説ありです。

 ホワイトデーは、日本人特有の内祝いやお祝い返し、「お返し」文化に合わせて菓子業界が企画したイベントです。とはいえ、義理でもお世話になった人からプレゼントをもらったら、お返ししたりする行為は日本人らしいです。
 多くの女性の部下を持っていた化粧品の営業をやっていた時代はバブルでチョコレートも沢山もらいました。義理というか、上司チョコでしょうが、その中にも少しこじゃれたセンスや日頃の感謝などのメッセージが込められている人はやはり仕事もできる人だと思いました。
 義務感でも、年賀状などできっちりパーソナルな発信だ出来る人は優れています。
 バブルもはじけ、お歳暮お中元はもとより、年賀状やバレンタインも社内は禁止になり、それはそれでよかったと思います。
 それでも今でも職場によってはあるようです。無駄な安からぬ義理チョコが増え、上司への媚び等も複雑に入ると、お返しも含めて返礼の出費も増えて大変です。

 若い頃にドキドキしたいわゆる本命の恋愛経験ならいいですが、義務感の義理はやはり要らないですね。
 バレンタインにまつわるコイバナもいくつかあるのですが、あんまり面白い内容ではないのでこの辺で。

元気な飲食店が復活していてホッとする

 年末に大阪の元職場の近くに行った時、いくつかの店が無くなったり代替わりしていて、コロナの爪痕の傷ましさに衝撃を受けました。

 仕事がら入ってくるニュースにも、閉鎖や倒産、差押のものも多く、コロナの助成金が断たれた昨年から苦しくなったところが顕著でした。元々助成金の無い業種で物価高や不況を乗り切れなかった例も多いのです。
 しかし、最近近所を少し歩き回ると、京都の飲食店、居酒屋やバー、レストラン、割烹など個人経営の小さなところでも元気にやっているところが多くホッとしました。活気のある接客をする人のいる店には癒され元気をもらえます。
 いろんな職業があって、お酒を勧める、料理を提供する飲食関係の水商売という仕事ももちろん無くてはならないものです。ちょっとした街なら、大手の居酒屋チェーンもありますが、町の盛り場やその横丁にも小さな個人の店がいくつもあるものです。
 コロナの波を乗り越えた多くの店を心強く、たくましくも感じます。
 どんな職業でもそうですが、個人経営は責任も重く、天命、天職と感じる情熱がないとなかなかやっていけません。
 
 やめてしまったところには、年齢や立地などさまざまな事情があったのでしょう。続けていけたところは、幸運もあるでしょうが、やはり情熱があり、仕事が楽しいからではと想像します。楽しく仕事をしているところには、良い人材や顧客が集まります。
 仕事が楽しくないなら、仕事をせず給付金を貰えて生活ができた時間があれば、もう働きたいとは思えなくなってしまったというところもあるのかと思います。少しぐらい苦しい時期に耐えても、いきなり休業補償で働かなくても、働いたと同じかそれ以上貰えるのは問題です。喜怒哀楽があり、あるいは苦しいばかりでも最後に少しでも儲かれば嬉しいのが自営業でしょう。それを何もしなくても、「はいこんなもんでしょう」と助成されたら、感覚もマヒします。
 むしろ、一番大切な働く楽しさを奪われたのかもしれません。
 楽しいというとそればかりではなく、苦しい時もあり、充実しているという言葉が合うのかもしれません。
 非合法とか理不尽には耐えてはいけないものもありますが、苦しい時をもう少しだけ乗り切れば自信になり、次のステージにつながる時があります。今は苦しくともその場で働くことの意義や使命に気づきもう少し頑張れば天使が舞い降りるような時が来ます。
 自分だけで頑張れないときは、少し方向を変え元気な人に会って少しパワーをもらうことです。
 

27年前、2月10日 全国を震撼させた事件が始まった

 神戸の裁判所がある大事件の保存期間が過ぎたため規定によりすでに2011年全ての記録を廃棄していることが発覚して、昨年末少し話題になりました。
 その事件は27年前になる当時の社会を震撼させた連続殺傷事件でした。
 神戸連続児童殺傷事件は、震災の復興半ば、阪神大震災のほぼ2年後1997年2月から5月にかけて兵庫県神戸市須磨区で発生した連続殺傷事件である。 神戸の閑静な住宅街を震撼させる相次ぐ謎の犯人が小学生5人を殺傷し2人が死亡、2人が重軽傷を負いました。酒鬼薔薇聖斗と名乗り犯行声明を出してたことから、酒鬼薔薇事件、酒鬼薔薇聖斗事件とも呼ばれていましたが、何とその犯人は中学三年生でした。
 エラリークイーンの有名なミステリ並みの、その犯人の衝撃とともに、世間は騒然となり、その犯人や背景に着目したものです。

 犯人のその後は意外と知られてはいませんが、少年院への長期収容が決まり、関東の更生保護委員会に入り「約6年半の矯正教育により、事件の要因となった性的加虐嗜好などは改善され、再犯のおそれはなくなった」と判断されたため、逮捕から約6年9か月後2004年3月10日に仮退院を認められ、社会復帰しています。すでにそれからも20年経ち、少年Aも、結婚もしてすっかり一般の中年になっているはずです。
 週刊文春に東京に住んでいる記事を写真入りで掲載されやむなく転居したり、平成27年には遺族に無断で「手記」を出版して物議を醸しましたが、どのような生涯なのかは私たちからは想像しにくいものがあります。

 詳細の裁判記録は消えてしまい、今後重大事件の記録の保存期間をどうするか議論にはなっていますが、少年犯罪でもあり、掘り起こしで人権を侵害する問題さえあり、そもそもどこで重大を線引きするのかも難しいとされています。
 当時、プロ野球オリックス球団はまだ近鉄球団と合併する前のオリックスブルーウエーブという名前で大阪ドームではなく、犯行現場に近い、グリーンスタジアム神戸(当時の名称)が本拠地でした。犯行が続く時期にナイターで活躍しヒーローインタビューを受けたイチロー選手は「夜も遅く物騒なので、くれぐれも気を付けておかえりください」と最後に付け加えたそうです。
 LINEのコミニケーションツール開発は2011年の東日本大震災以降なので、メールや掲示板やらでのつぶやきはあっても、今ほどの情報は浸透しにくい時代だったでしょう。あるいは、今の時代のアプリなどのツール、情報があれば少年Aの闇を救い、被害者を自衛し救う手立て、きっかけがあったかもしれません。