テレビ会議失敗?

マンションの大規模修繕を控えた打ち合わせ。コロナ禍で延び延びになっていました。ようやくうオンライン参加可能で開催と、思いきや、予想はしていた悪い結果になりました。
参加者はリアルもオンラインも少なく、テレビ会議の音も悪くしょぼい内容になりました。
大企業などでは考えられない。若い世代のオンライン呑み会でも考えられない。レベルの低さでした。
LINEなどはかなり普及していると思いますが、ZOOMやSKYPとなると難しいのでしょうか。献身的な役割がそもそもめんどくさいので何かあると参加したくはないのでしょうか。
高齢者の中には、ITアレルギーオンラインは無理、蜜になるリアルな集まりも無理との人もいそうです。何とかハードルを下げて参加を図っていきたいものです。
これは国のデジタル化、はんこの廃止等も同様です。
選挙向けやさまざまな業界のしがらみ政治的判断も必要でしょうが、年配の方に優しいデジタル化の推進は急務です。

倒産閉店を身近に見ると:コロナ禍

画像はイメージです。
昨年できたばかりの、しゃれたベーカリーカフェ。以前の職場の途中下車だったので、休日にわざわざひさしぶりにいくと、ない!見つからない。道に迷ったかと思ったがネットで見るとやはり閉店して、すっからかんの店舗だけがあった。
コロナ禍かどうかは確認もとれないが、全国いたるところがこのありさまでしょう。
感染防止ばかり言っても、設備投資もかかり、客足は増えない。経済は難しい。日本人のいわゆる自粛警察型の潔癖主義完璧志向の全体主義の弊害が出ている。
いい店、おいしい店は生き残って欲しいのに辛いところです。

コロナ禍、日本を救うファクターXはまだか

日本人はじめ東アジア人がコロナで重篤になることが少ない。感染が増えても高齢や持病持ちの結果として肺炎で死亡につながった人以外ほとんど死んでいない。
京大山中教授はじめ、この人種間差を、ファクターⅩと呼び研究されるべきと言われていたが、その後音沙汰がない。
日本が、握手や、キス、ハグの習慣が少なく、手洗いやうがい、マスクの習慣などというが、それは感染しないであって重篤にならない因子ではないのです。
まだわからないうちに、間違いなく経済危機は来ています。
欧米やアフリカでどんなに死者が出ても日本は安心というデータいうを出して、信頼の元にして経済の復興をはからないと、厳しい世相は終わりません。

味覚の秋

暑い時より食欲も出る季節です。
ビールとか冷たいもので夏の間弱った胃腸はこの際のんびりと回復させます。
美味しい秋の旬食材が出るまで待ちましょう。
一気に涼しくなりました。今年は簡単に風邪で熱出しても、他の感染症疑われますから厄介です。
快食、快眠でストレス貯めず乗り切りましょう。

VISTAが見た12年

パソコンを買い替えて初めての投稿です。いろいろ不具合も多く遅くなっていました。バックアップもできなくなりさすがに決断しました。少し慣れないですが動作は早いです。
私はクルマもそうですが、とりあえず使えればそうマニアックには買い替えません。
今はとくにスマホでできることが増えました。
このブログもデバイスを変えると厄介だと思ってましたが、ついでにいろいろ確認できたことわかったことも多いです。やはりやってみることは良いことです。
この前のパソコンはWindows Vista というやや短期でXPにつないだ感のあるOSでした。
それまでももっと遅いMEでしたし、光に変えてネットのつながりの速さには満足でした。
当時は会社のセキュリティも緩く、家もパソコンで資料作ったり仕事するのは当たり前でした。
約12年の周期で今年はクルマとパソコン買い換え、家も12年目くらいです。
私事も、世間もいろいろあったこの干支や星座も巡った12年です。
リーマンショックからコロナショックまでです
オバマからトランプ、民主党から自民党政権へと戻りました。
私は父を8年前、母を今年亡くしました。12年前はまだ町の化粧品店が健在で店頭に立ってました。子供たちは小学校からもう社会人です。
東北で大きな地震がありました。仙台から転勤して2年後でした。
60歳での会社人生の転機を前に、充実した日々。有終の美を飾れたのかはわかりませんが民間会社37年を勤め上げました。大震災の翌年には、化粧品白斑自主回収問題という大きな波もありました。入社した会社と名前の違う会社で定年退職しました。
消費税は5%から8%、そして10%です。スマホが主流となり、大震災以降できたLINEやYouTubeやフェイスブックなどSNSの時代になりました。
平成の天皇陛下は初めて生前退位され元号は令和となりました。
これからの12年また何があるのでしょうか。

秋分の日 星座は年の半年を過ぎる

春分に始まった星座の一年は秋分で半年を経過して折り返しです。天秤座という冷静なバランス感覚に秀でた時期の秋を迎えます。
コロナ禍という激動の半年でしたが、少し冷静に振り返りましょう。影響の大きかった人、周りほどには自分には変化がなかった人それぞれでしょう。自然災害もそうですが、当事者でなければ実際には大きな変化はないのです。とはい時間的変化は平等に全員に現れます。その中で何を見つけ、成長したのか育めたのか。この半年、世相が荒んだ傾向にあるだけに、自分が磨けたかどうかは後々大きく運命に左右します。
コロナという一見凶兆にしか見えない運命の星も考えようによればチャンスととらえる人もいます。病気で誰かが死んだという事象があるとします。そこで悲嘆だとか憎悪だとか負の感情に捉われ続けると、本人にはマイナスでしかないのです。
『自分の周りにマスクをつけた人が増えた。つけていない人を非難しよう。死んだ人も出ているからだ』こんなバカバカしい思考に陥っても何にも生まれません。
マスクもイソジンもワクチンも、給付金も、冷静に見れば何と小さいどうでも良いことではないでしょうか。
何もかもを極端にシンプルにして全体に統一してしまいたいような,恐ろしい報道の煽り方があります。冷静に自分の周りを見ましょう。

国勢調査に思うこと

10年前たぶん5年に一度なのでマンションの自治会役員をやっていて国勢調査の配布や回収をやっていたと記憶している。
今年はコロナの影響もあり、訪問はなしでオンラインと郵送での調査で完結するように変更されているようです。比較的簡単な入力で我が家の入力は済みました。しかし実際の会話の要請もなく、義務感も無い人が提出するかはどうも疑問です。町内会組織がしっかりしてるところはいいです、ただでさえ詐欺も横行してますから郵便も訪問も電話も受け付けない上、無関心な層が正確に提出するかは難しいところです。
たしかにシンプルな質問になっていて、給付金や助成金のようなお役所の申請よりは随分と簡単です。というか他の申請もこのレベルにしてもらうのが、行政の課題でしょう。困っているときにいちいち行政書士や社労士とかに頼まないと返戻されるほど難解な申請自体を早く改善すべきです。
ただ国勢調査自体でいうと、5年に一度の統計ということですが、個人番号情報、住民基本台帳や税申告、登記等と連携すれば省略できることではないかと思います。自己申告で本人の記憶違い誤記で、これらと齟齬があったとして一体どうなるのかという問題もあります。町内の連携維持には大いに役立つのでしょうが、そもそも出てこない家、いるのかいないのか分からない人に町内会長さんが捕捉することも大変なエネルギーです。個人情報保護の観点からも難しいでしょう。
5年に一度がいくら正確でもあまり迅速に政策や施策に対応できるとも思えません。
入力の簡易さを他の申請書類に引き継いで、統計は迅速に他役所との連携で行うことで国勢調査の使命は終わりでいい気がします。その予算を社会保障に充てれば良いと思います。

縦割り行政改革 デジタル化推進に期待します

目立つ若い議員や女性の登用、ウワサされた橋下徹等の外部のタレントもなく継続再任の多い菅内閣のメンバーでした。それでもコロナだけでなく、行政改革を前例に捉われずのやるとかなりのプレッシャーを霞が関にかけています。
IT革命等と言われた時代を経ているはずが、なかなか政治や行政が日本ではデジタル化が遅れていました。ITが盛んに叫ばれたのは森喜郎内閣時代ですからもう20年前です。小泉改革、民主党政権の事業仕分けとかがあったはずなのに、今さらアナログを改めようとは、この20年何をやってたんだと思います。行政改革と言えばこっとまえから省庁の再編が20年前に一度はされ、縦割り批判、地方分権、デジタル化と言われながら、結局は既存勢力の壁は打ち破られずのきました。
既存勢力、既得権を持った人。たとえば民主党も改革を望むわりには、労組の支援も受けているため労働者にちょっとでも不利になる改革は行えませんでした。かといって安倍内閣もあれだけ長くやっていても、いざこのコロナ禍では官邸と省庁の不全ぶりは顕著にありました。
紙の申請等とうになくなってしまえばと思いますが、意外と機械が苦手なアナログ族が抵抗し続けてその人等が選挙権の一定ボリュームありました。組合員層もデジタル化に反対な人が多かったです。高齢者へはデジタル化を啓蒙しない方が安直にウケたのでしょう。
それが日本のIT立ち遅れの原因でした。いわゆるデジタル難民にも権力者や多くの有権者、労組等がいてデジタル化を遅らせたのです。もちろん雇用や労働条件は守られ、手続きやサービスは維持されましたが、非効率なまま大きな改革を進めるのには障害になりました。
日本の企業の多くはグローバルで当然改革を進め戦っています。民間企業を指導、規制する立場の行政、いまこそ大きな変革の時期を迎えられるのか日本の正念場です。

給付金貰えなかった人

97%の人(世帯)が10万円の定額給付金を貰ったとの報道です。仕事がら駆け込みで身分証明のためギリギリまで苦労された感じの人もされました。さながら命のパスポート発券の杉原千畝を連想しました。
役所側のシステムや決まり事もわかりますが、国民みんな早いことマイナンバーと口座を紐付けといてシンプルに早くこういう給付ができるような国にならないとと痛感します。
特に高齢の方、傷害のある方が、身分証がすぐだせない、口座をこのタイミングで新た書いて申請するというのはセキュリティだけ考えても危険です。行政サービスが煩雑だと代行を装う詐欺も現れます。全体的にはオンライン等で代行者の数は減るはずです。
行政のお金や人的サービスはもっと、本当のサービスに使われないといけません。

新しい政治と内閣に期待します。

政治の刷新や行政改革と言われて久しいです。政治というとどろどろした裏の駆け引き、行政というと堅苦しい非効率なお役所仕事のイメージが浮かびます。
長い権力支配でいろいろ癒着したり負の面もありますが、行政を変えて未来の日本を守るのは今の内閣であり国会に期待するしかありません。
顔ぶれこそ大して変わりはしないとのうわさですが、新しい自民党総裁が決まりまし今日にも総理大臣に指名されます。
政策課題は継承されることも多いでしょうが、新しい総理や大臣には大いに期待します。再任の方も含めて、コロナ禍以降の新しい社会をよりよく導いていただきたいと思います。
総理を支持せず敗れた与党候補の派閥、どうせ勝てない野党も含め、政権中枢に負けずに努力してほしいです。
ほんの10年足らず前、民主党政権が改革を進めたのですが、あまり能力の低さと激しい抵抗、いろいろな要因で頓挫しました。その上で二度と政権をとるのは難しいくらいのダメージをうけて自民党に政権は戻りました。
組織としては政権交代が難しい時代です。一人一人の議員が現状に甘んじず、未来の日本をどうするか真剣に考え議論する国会であれと思います。
国会議員の給与や待遇は日本でも最高クラスです。つまらない論争や駆け引きに終始せず。法律を適宜作り、官僚機構の効率化を目指して欲しいです。