大吟醸 北秋田を呑む

しばらく、体調がすぐれなかったり家族の入院デスクランブル態勢だったためお酒を飲んでいませんでした。
この夏に飲もうと思って買った日本酒とウイスキーでスコッチは空けて飲み終えたのですが、こちらの大吟醸酒「北秋田」がまだでした。
体調が悪く、頭痛薬も欠かせず、公私にストレスの多かった8月後半から9月、もう飲む機会もないかと思った時もあるくらいでした。
ようやく昨日何となく、思い立って封を切りました。
大吟醸酒としてはお手頃のコスパで、辛口、口当りが良くスッキリしてシンプルな味わいでした。すぐに酔っ払いそうなのでグラス1杯と2杯目は半分くらいにしておきました。それでもかなり酔いました。久しぶりのせいか、まあ年齢もありどんどん酔うまでの量が少なくなっています。
地元京都、伏見や灘、雪国米どころでも新潟、宮城に比べてもややマイナーな秋田。秋田県北部内陸の大舘市の北鹿酒造です。
秋田にはかつて転勤で住んでいましたが、食べ物もおいしく独特の人情深い土地柄です。そんな秋田の厳しい冬と、短い夏を過ごしたお酒です。何かと潤沢な伏見、灘とは違う味わいです。
外呑みも始まるのでしょうか。社会全体がいろんなストレスを抱えていて、ちょこっと呑むことはやはり欠かせないのでしょう。

北陸新幹線延伸さすがに見ることはなさそう

北陸へ行くのの昔は雷鳥、現在はサンダーバードが新大阪、京都からは乗り継ぎなしでいけます。
これが東京からの富山、金沢周り北陸新幹線が敦賀まで延伸すると、関西からは敦賀で乗り換えしないならなくしてしまうようです。
京都から新大阪は駅周辺は大深度工法で、京都府南部の学研都市松井山手あたりを通すらしいですが、今さらの京阪新路線が25年後に本当にできるのかちょっと生きてみれそうにないのが残念です。
そのころはリニアの延伸も実現していると、今さらの新幹線になるのかというのもよくわかりません。
とりあえず目の前には敦賀~金沢の北陸新幹線が開通するのとその平行在来線はJRから切り離されます。
関西からJRの在来線で富山、新潟までも行けたのが金沢、福井にさえ直通では行けなくなります。
新幹線の大都市への速達とともに、不便を甘受しないといけない地域があります。
日本のあちこちの地域格差問題と同じです。地域全体としては新幹線が来るところはいいはずです。それでも難しい問題です。

花火をめぐる涼しい話

今年も大規模な花火大会を観客入れて開催は少ないですが、子供たちと小さな花火をやる分には構わないでしょう。
お盆の送り火の時期や、海水浴、夏の部活の集まりなどではよく花火をするものです。
線香花火に代表される手持ち型や、据え置きして火をつける吹きあがるような花火や、小型の打ち上げもありました。
いくつだったか忘れましたが、子供の頃、数メートル上がってポンポンと開く打ち上げをやっていました。
田舎のおじいちゃんの家の畑でやっていたのですが、風に乗ったのと火の玉が消えずに祖父に当たって祖父のアチチという叫び声と『空襲や』という声が聞こえました。
何だかそこにいるはずのない沢山のざわめきながら逃げる人の気配がしました。
祖父に申しわけない気持ちと『空襲』はオーバーやなと思ったのですが。後から考えると空襲と叫んだのはおじいちゃんではなかったような気もして少し怖くなりました。

京都白川 哲学の道で異郷の友を想う

「人は人、吾はわれ也、とにかくに吾行く道を吾は行くなり」
私の学生時代までの友人にも元々実家が名門だったり、自分でもすごく努力や勉強をされすごく出世されたり上級国民、お金持ちになられた方がおられて、比較的平凡なサラリーマンで終わった者としてはたまに驚き、恐縮します。また今の仕事はサラリーマンで成人の生涯のほとんどを厚生年金加入で過ごした者には縁の薄い国民年金の手続き、自営やフリーター等の方がコロナで減収して月々の支払にも汲々として将来が見えない人ともよく出会います。
まあでも人それぞれで、職業や人間に貴賤はないとも思います。人は人、それぞれに価値の合う生き方をしていれば良いのです。
会社の同期の中でも取締役に登り詰めた者もおれば、早期にリタイアドロップアウトした者もおります。
元々、好かれる嫌われるの割合で言うと前者が少ないマイペースな方なので、付き合う友人は限られた個性で、お互い立場は変わってもこの変わらぬマイペースさを好むようです。
早くに取締役に出世しても結局激しい権力闘争に敗れ、人生を失ってしまった友人もいて、「お前はいいよな」と最後に会った時言われて、その後彼の死を知った時、いろいろ感慨深かったものです。
京都の東山、白川沿いに哲学の道という、今では観光客の多い散策路があります。哲学者西田幾太郎が歩いたことで冒頭の文言の碑があったりします。
早期に同じ会社に昭和57年4月入社した、ある友人はその8月にリタイアした旨の手紙をよこします。
「すまんが、この会社のつまらん先輩にはついていけない。僕は国家公務員上級を目指す」

それから1年ぐらいして、上級試験に受かったことと、君はこんな会社で好きな部門にいけそうかとかの心配をしてくれた。
辞めた詳しい経緯も、『パワハラ(当時そんな言葉はない)ほどではないが、同行する先輩の知性の無さに辟易とした。昼食休憩時間にサンケイスポーツしか読まない輩と仕事したくない。会社人事にはいい話ばかりで採用されたが、周りを見渡すとコネ入社コネ出世の危険な体質だ
後のこの会社の凋落、崩壊を予見しっていたのかさすがです。
「井上私)といつか、哲学の道を語りながらまた散歩したい」
入社後の研修合宿でよくしゃべり都島の工場での研修の休養日には大阪の街も案内した。
毎日の所感ノートや、朝礼スピーチでの斜め上を行く博学(雑学)、含蓄とユーモアが大好きだったと言われていました。
私のスピーチや文章は30年以上たっても、賛否両論で、好きな人は好き、嫌いな人からは総スカンです。
まあ、私以上に彼はどんどん忙しくなったのでしょうから、哲学の道を散策する約束は当然実現しないままです。もうそれこそこちらが定年でセミリタイアしているときに彼はもう雲の上の人になっています。
ほとんど外国に赴任している彼、一度だけ彼が国内の広報担当参事官についているときニアミスしましたが、声かけもSNSも気軽にできそうな立場ではなさそうなので遠慮しました。
海外に行くことが苦痛ではないでしょうが、中東等難しい上に、危険な国が多く、彼の語学力や使命感、交渉力等がもう考えただけで、桁違いにレベルアップしていることと思いたじろぎそうになりました。
あの時、サンケイスポーツを読みふける先輩に出会わなかったら、日本は国家的人材を損失していたかもしれません。

『いままたアフガン情勢で激動して、その重要な位置にある国の、総領事を務める彼の激務を思うと、大学を出たばかりの若い頃、青い話をしたことを懐かしく思い出します。そして、不穏な国際情勢の中、命を家族を大切にして、また日本人のため懸命に勤めて無事に帰還することを願っています。こんな私でよければいつでも散策の相手にかけつかたい思いです』

戦争が近くにある国やイスラム教が世俗に染み付いた国に長くいる君にとって、コロナ騒動やオリンピックで平和ボケした祖国はどう映るのでしょうか。
あの時、悩み苦しんで決断した以上の、苦労を味わい辛酸に耐えて君は大人になっているのでしょう。君にとっては多分私は変わらぬ青いままかもしれません。
世の中の大部分の同年代が、リタイアかセミリタイアを迎えるか、まだまだ生活するために安い賃金で汗を流している時、国家のために日々を過ごす君はやはり傑物だったのだろうか。それとも何かの運命に引きずられたのだろうか。
上に行けば行くほどこの世の中、首相や大臣でさえ自由きままには働けず、どちらを選んでも憎まれ後悔するような選択の日々なのかもしれない。それでも君の選んだその道に間違いはないはずです。
あれから40年、君の友人だった私は全く別の道を歩んだ。きっと40年近くを経て、あまり出世もせず、定年を迎え、変わっていない少し斜に構えた、でも少し癒され考えさせられるという文章を書き続けている。
「人は人、吾はわれ也、とにかくに吾行く道を吾は行くなり」


手料理がうまい家庭とは

私は商店街の商売屋で育ったので親を見て早食いですし、付き合いでの総菜等のもらったり店で店屋物もそれなりあったので、じっくる手間暇かけた食事を子供の頃から知りませんでした。
京都市内の下町でしたから、寿司や鰻をとっても、家族そろって外食ということも無く、マナーdとかそういう雰囲気さえ知りませんでした。
独身時代は賄い付きの寮大阪と名古屋でそれぞれ1年ずつ、あとは先輩後輩とのルームシェア型のマンション時代も少しありましたが自炊はちょこちょこ、その後は時代がワンルーム主流となりました。残業の多い時代なので毎日の自炊は難しかったです。
結婚して、しっかりと修行したパートナーの作る食事には今となっては本当に感謝してますし、栄養バランスも配慮され一人では絶対食べない野菜やらもいただいています。
旬の食材、夏や冬の野菜、根菜や菜っ葉類も充実しています。本人も一度がんを患い、長男も持病を抱えているせいもありますが、本当にいろいろ考えた食事が美味しく出てきます。
長男が入院している頃も同部屋の他の子らが、働いている母親だと、なかなか普段手をかけた美味しい食事を摂っていないことが良くわかりました。
今の時代、インスタ、ブログ等のSNSやら通じて、映えも重視されますし、またレシピや調味料の情報もどんどん広がり、昭和の我が家の母親の料理とはすべてに雲泥の差なのでしょう。
営業で外にも出ますし、付き合いの夜の会食も仕事の内です。そんな中で家庭の料理はやはり重要です。メタボにならないバランス等もですが、何と言っても野菜等は、料亭やレストランに比べコスパが違いすぎます。
私等以上のお金持ちやグルメの方は外食でのSNSを見かけることも多いですが、私はSNSは本当は手料理を上げた方がいいのではと思います。店の紹介だと、所詮宣伝のようなもので、先駆がいてもっときれいに写真撮ってたりします。まあ手前味噌を照れて自慢しないのが日本人の美学なので少ないのかなとも思います。
やはり外食を高頻度でアップできる方は豊かな層だ思います。憧れ、羨ましいと思うときもありますが、もし奥様も外食好きで、普段から栄養バランス考えるお手伝いさんや執事がいない家庭ではと思うと、まあ私は恵まれていると思います。

大阪阿倍野

大阪市の南部、天王寺区や阿倍野区あたりは、京都からはめったに行かないエリアでした。いわゆるキタ、梅田周辺が主に遊ぶ地域で、せいぜいミナミ心斎橋や難波あたりまで最も遠い印象でした。
最初に赴任した大阪は8つに分割された大阪府の第一南ということで天王寺から一つ南の昭和町という駅でした。最初は堺市上野芝の寮から通い、その後阿倍野区のマンションに移りました。
会社と住まいの往復が主で、休日は京都に戻ることも多かったのであまり周辺部を散策していませんでした。
先日、初めて堺と天王寺を結ぶ阪堺電車を完乗しました。近くにいたのは1年くらいですが乗車はおろか見てもいなったです。
恵美須町駅や恵美須町駅や新今宮駅前は、大阪で最もデンジャラスな駅。ホームは夜は、「家なき人」の塒となり、少し酸っぱい汗と、独特の匂いがします。
朝になると、いつの間にか夜を過ごした人はいなくなります。
路面区間の多い1両編成のチンチン電車ですが、下町情緒たっぷりでなかなか面白いところです。

災害があっても住み続ける人はいる

お盆前後に気象が大荒れ、台風も来た上に、大雨で全国的に被害も出ました。
コロナばかり警戒して結局まだコロナで死者を出していない地方の小さな市や町が台風や大雨では死者を出してしまっています。
皮肉な運命というか、あらためて日本を見渡すと土砂災害や洪水、津波、地震まで含めると災害に遭わない地域を見つけるのが難しいぐらいだと感じました。

それでも人は生まれ育ち慣れ親しんだ土地を離れたがらないものです。
都会がなんで揃って、仕事もあり人にもいっぱい会えるはずでも、お年寄りをはじめ地元に執着される方はいます。
転勤でいろんな県の地元採用の営業や美容部員さんと仕事をしました。島嶼が地元という人もいました。宮城県の地元の人、石巻のそれこそ震災でどうなったかわからない街の人が、離島にいる母が本土に戻ってきてくれないと嘆いていた。

石巻でさえ、仙台からみても東京や京都から見ても相当に田舎なのにである。
近い将来、少子高齢化、インフラの老朽化、温暖化での気象や地質の変化で、限界集落のライフラインを自治体はいつまでも維持できない可能性があります。
でもその人が語っていた母の話を思い出すと、こじゃれた高齢者向き住宅やアパートを用意しても無理なのは判ります。
空気だったり、自然だったり、言葉だったり、そこにいる自分も含めた人間がそこにいないとダメという感覚なのでしょうか。
住み辛いエリアが増える日本で一つの課題です。

原爆を落とす日 「いつか、、、」#つかこうへい

光文社

今年もクソ暑い8月の上旬、太平洋戦争の末期、米軍が日本に原爆を落としたことを振り返る日々が来ました。
私ももはや若い人から見れば戦中はにも見えるような年寄りですが、1959年の高度成長期生まれで、戦争は語り継がれたものです。
大学時代に演劇を志したこともあり、1980年代同世代の演劇人にとっては「つかこうへい」は時代を代表する大きなインパクトある演出家、脚本家でした。1948年生まれで戦後派です。
当時小劇場、アングラ演劇は唐十郎や寺山修司等に代表され「胎内回帰」とかシュールで暗く難解なイメージでしたが、アングラ第二世代と言われた「つか」の舞台は、明るくおふざけの多いアクションあり、マシンガントークで畳みかけるコミカルでハイテンポで、派手なアクションやダンスも取り入れた時もあり、その中に深いテーマを盛り込んだ舞台でした。
「蒲田行進曲」の映画化ヒット等で一時期つかは時代の寵児ともいえるくらいの人気を博します。今でいう三谷幸喜ぐらいの売れっ子でした。この影響で野田秀樹、鴻上尚史等も続々と現れ、若い世代に演劇が根ずくことになります。今は硬派の作品や、人気のあった舞台の本しか残ってない感じですが、当時角川書店やらいろいろエッセイ本等玉石混淆で沢山出てました。
「広島に原爆を落とす日」は「戦争で死ねなかったお父さんのために」に続く戦争をテーマにした作品で、戦中の設定は初めてのものです。正式な戯曲、脚本がなく毎回、口立てで変化するのが特徴のつかの演劇です。逆に初期と後期では全く変異しています。
得意のギャグの多いハイテンポなトークの中に、カミングアウトしたつか自身を投影した朝鮮人の主人公が代表的な後期の作品です。いろいろな政治的要素、差別等の社会問題が入りながらも日本人女性との悲しい愛を描くところに力点が置かれているのは一貫したこの演出家の姿です。
原爆の日の追悼にはやや斜めからの視点かと思いましたが、どうも今は当時のイメージ以上につかこうへいの硬派な部分が残り伝わっているのかなと思います。
それでも切ない愛があり、笑いがあり、争いや大きな悲劇を起こしてしまうのが人間の性なのだと描いていると思います。
原爆を非難する人、核兵器を容認する人、無視する人「8月6日にはそんなことちゃんと考えておけよ、日本人なら」とつかこうへいは言い放ったそうです。
戦後間もない九州に在日として育ったつかの少年時代の苦しみは想像しきれません。それをユーモアとエネルギー溢れる舞台にして一時代を駆け抜けた姿はかっこいいに尽きます
今、世界のさまざまな人種のアスリートが東京に集っていますが、差別や格差、内戦、飢餓はまだまだ世界中にあるようです。
金 峰雄(キム・ボンウン、 朝鮮語: 김봉웅 )が、ペンネーム「いつか公平に」に託した

青春の旅2021

コロナ禍で猛暑も続き何かと気持ちも落ち着きません。昨年は昨年は自粛した青春18きっぷでのローカル線散歩、今年はプチ旅に行きます。
すでに2回使用して元はとっていますので、あと3回は気ままにローカル私鉄、3セクへのアクセスにも使います。
感染対策をとって閑散のローカル、廃線を中心とする予定です。
それなり青春18や撮り鉄等の密も避けたいと思います。
私は眺望もですが。前面展望でいうとやはり架線のない非電化単線、少し草の生えたローカル線が好きです。
不要不急の外出の典型のような青春の旅で、状況により中止はします。しかしいくつになっても旅はあきらめないというスタンスは貫きます。
コロナの感染者数は増えていますが、悪いことばかりではない確実に抗体を持っている人は増えていると思います。
まあ還暦すぎた年齢だと、お金のある方はリゾート地にゆったりと、移動も高級車やエグゼクティブクラスでという人もいるでしょう。私もリゾートホテルやグリーン車が嫌いなわけではないです。しかし青春18のルールの制約を守る知的ゲームの面と、普通座席で出会える光景がまた良さがあり、捨てがたい魅力に取りつかれる訳です。
実はすでに九頭竜湖線(越美北線)と紀勢本線行きました。

世代交代

1年遅れでやっと開催されたオリンピック。すでにいくつかのドラマが生まれる一方。
この五輪を最後に現役第一線を退くことを発表したり、まあ事実上3年後のパリは無理そうなレジェンドも多いです。東京が地元開催ということで現役にしがみついた方も多かったでしょう。
プロ野球も松坂大輔が今季限りで引退発表。メジャー帰国後は影が薄かったですが、平成の怪物と言われた日本のエースでした。その後を継いだ田中将大もベテランの域で、メジャーの人気は大谷翔平です。
こんな話で世代交代を書いてると若い人から見れば年配、年寄り、高齢者なんでしょう。
俳優さんでももう若い頃から見てると、ああ老けたなあと思う以上に書いてる本人は老けてるのでしょうが。
1年のずれで今年はサイクルが違いなすが4年に一度の五輪はいろいろ振り返るのにいい年だと思います。
生徒や学生の時期は学年に左右されますが、若い時期は4年ごとのマイルストーンをひとつ目標を定めて進めることもいいと思います。
制度や法律、社会の変化が少しあり、自分の立場も変わるのが4年のサイクルです。
もちろん、年齢を重ねると出世や増収だけでなく、マイナスの時期も来ます。引き際、フェイドアウトも考える時期も誰にも来ます。
勇退する時の言葉等は参考になります。