汗臭さは衣類の捨て頃

 化粧品を売る仕事をしておりましたが、香水やコロンも当然あつかい、日用品とのはざまに制汗剤やデオドラント系のものもありました。そして、親会社が洗剤の会社になって50代になって洗剤の勉強もしました。
 洗剤を並べているとか売っている組織にいて管理をやって洗剤の知識がないというのでは話にならないので、そこは意外と?知っています。
 濃縮、液体やジェルボールなどの形態や、抗菌や部屋干し、柔軟などの機能もさまざまです。
 
 夏にかけ、ビジネスパーソンや外での仕事やレジャーでも、家事でも汗をかくことが多く、頻繁に洗濯もし、制汗剤などで汗臭さを防ごうとしてもなかなか完全には防ぎきれません。

 外見も第一印象で大事ですが、大きなマイナスイメージは「ニオイ」です。せっかく身だしなみが良くて、容姿もそこそこでも、ニンニクやタバコ臭いや汗臭いとかキツイ香水系ではイッキに評価が下がります。
 男性は特に加齢臭なども意識して警戒しないと、知らずに嫌われます。
 私は、ロールオンの制汗剤を脇に塗り、デオドラントスプレーを足裏含めて全身にかけまます。それでも汗かきですし、職場までそこそこ歩き、クールビズで冷房設定温度は高めだと、それなりに自分でも汗かいて臭いなと思います。
 ひどいと感じるとシートタイプの汗拭きで、気分転換も兼ねトイレで脇や首筋を拭きますが、着ている服によってなかなか微妙な臭さです。
 そう、ニオイの元は繊維の奥に残っていて、汗と反応すると身体よりは衣類が異臭を放っています。
 元いた会社も抗菌タイプの洗剤を良く宣伝していますが、これなかなか完全には取りされない気がします。漂白剤なども併用しますが、いわゆるシミもですがこびりついたものは、通常よく泡立てて落すやり方では難しくなります。表面的に汚れは落ちても、染み付いた悪臭の元が断ち切れないようです。一時的のコロンや消臭剤という手もありますが、その場しのぎでこれも好みがあり変な香りが複合化します。

 そうなると、もうすっぱりその衣類は捨て頃です。自分で分かるぐらいだから、敏感な人はいます。他人は必ずその人の悪臭を知ってしまい、一度でも知ると記憶され気になるのです。全くどうでもいいと言う人はそういないはずです。そのためには、下着やワイシャツ、ブラウス程度は安いものです。
 嫌われない快適な夏をです。

衣替え 簡単、感動パンツ

 関西当りだと、あっという間に真夏の暑さと梅雨の蒸し暑さが来ますから短い春の時期の着るものは難しいです。
 出番も短いのであまりお金もかけたくない人もいるでしょうし、忘れないうちに引っ張り出しておかないと忘れそうになります。
 比較的、イージーでもジャケットを着れば見た目普通?今宣伝中の量販衣料大手のパンツを買いました。しかもめんどくさい裾直しもせず、ウエストもレングスもぴったりを選んでゲット。
 4,000円前後は紳士服専門店のほぼ半額、あとは上半身だが、ジャケットはセットアップを選ぶと合計1万円でスーツっぽくなるが、逆に他のシーンで使えない。

 シャツは7分袖が、店頭では少ないのでネットで2枚購入。夏物の白は襟元が汚れが目立ちやすいので、シンプルで派手でないグレーやブルーの色物にしました。7分袖は置いているところが少ないですが、まくれば半そでなみに涼しいし、露出する肌が少ないのでエアコン下や梅雨寒の時でも寒くなく、真夏の紫外線も少し抑えられ体調維持しやすいです。真夏でもかえって涼しく思えます。それと半そでのカットよりもオシャレに見えます。

 思い思いに快適に季節のファッション、いでたちを楽しみましょう。

コフレドール生産中止 ブランドメイクの盛衰

 私のいたカネボウ化粧品は4月1日、メイクアップブランド「コフレドール(COFFRET D’OR)」の終了を発表した。朝のニュース番組で大きくコーナーで取り上げられ、それを受け街頭インタビューやSNSでは終了を惜しむ声が多数寄せられ、Xでは発表から半日経ってもブランド名がトレンドにランクインし続けていました。
 すでにシーズンキャンペーンでの宣伝広告は減り、新商品も細々でフェイドアウトの傾向だったので個人的にはこれほど騒がれることに驚きます。
 若い方はさまざまなプチプラなど使っていて、ここで惜別の声を上げるのは少し年代高めかと思います。Xでは「下地が優秀で何本リピートしたかわからない。先週も購入したばかり」「下地で使っていたから今後どうしよう」「チークはずっと“スマイクアップチークス”だったのに」「“スキンシンクロルージュ”の代わりになるものが見つからないよ〜」と、愛用者による嘆きと戸惑いの声が。ドラッグストアのカウンセリングブランドはメイクアップの入り口になることが多く、「高校卒業して親元を離れる時に、母と一緒に選んで最初に買った初めての化粧品が『コフレドール』でした。ありがとう」「社会人になるにあたって母がへ商品一式買ってくれた」など、人生の節目を振り返るユーザーも相次いだと報道もされています。
 マスコミの分析では、
『消費者の低価格志向が顕著になり、1000円前後の商品が売り上げを伸ばす一方、ドラッグストアのボリュームゾーンである2000〜3000円台の中価格帯コスメは苦戦を強いられてきた。そこに韓国コスメやD2Cブランドが台頭し競争は激化。一方、コロナ禍の影響でリベンジ消費や高級志向が高まり、化粧品市場は低価格帯の“プチプラコスメ”と高価格帯の“デパコス”への二極化が進み、中価格帯コスメの存在感は希薄化していた』などとされています。

「コフレドール」は2007年に資生堂「マキアージュ」に対抗して誕生しました。
 今回、花王グループのブランド統廃合と言われていますが、20年ほど前この時も大手化粧品メーカーはブランド乱立で、煩雑になり新規客はとってもブランドは伸びず在庫過剰を招いたため統廃合をはかったのが2メーカーのメガブランドができた背景です。「マキアージュ」は2005年にベースメイクの「プラウディア」とポイントメイクの「ピエヌ」を一気に統合した感じでした。この英断と過去最大級の宣伝費を投じ,モデルには女優の篠原涼子、伊東美咲、蛯原友里、栗山千明の4人を競演させ強力なインパクトで市場を席捲した。この攻勢を食らったライバルメーカーのカネボウ化粧品も、相手を分析し逆襲をかけたのが2年後の「コフレドール」だったのです。
 落ちない口紅でヒットしたポイントメイク「テスティモ」と、ベースメイクの「レビュー」を統合した形で、CMには人数では上回る5人の旬のモデルの競演で対抗したのです。沢尻エリカ、 中谷美紀、常盤貴子、 柴咲コウ、 北川景子と今考えにくいでメンバーでした。
 当時の価格帯が現在よりも1000~1500円程度高いのによく売れていたのが平成半ばなので、そんなに時が経っていないのにここでも時代を感じます。
 個性的な良い商品も出しましたが結局、あくまで資生堂の後追いで、在庫問題なども解決できずカネボウは衰退の時代に向かいました。
 そして、カネボウ化粧品自体がその後、花王に吸収され一つのブランド会社になってしまうわけです。

 現在はリップやチークなどのポイントメイクと、ファンデーションや化粧下地などのベースメイクを取り扱っている。ブランドによると6月から順次生産終了となり、12月末を目処に販売も終了する。

 

意外と効果あった長寿?商品

 資生堂のIHADAアレルスクリーンという商品。花粉症対策のスキンケアアイテムです。sup簡単なスプレー缶でマスクやメイクの上からも使えます。この時期の花粉症防御アイテムとして人気のロングセラー商品です。
 個人的にはかつてのライバルメーカーの薬系の商品なので、あまり使うとか買いたい気にもならなかったのですが、ドラッグストアで花粉シーズンにはよく並んでいるので気にはなっていました。
 花粉症の私としてはメガネやマスク以外の対策というのはあればありがたいのです。鼻の孔にぬるようなジェルのよう変な材質のが一時期出回り使ってみましたがとんだ眉唾でした。あっけなく市場から消えたようです。
 こちらのIHADAは花粉シーズンで長らく売れているので、たまたまある機会に1本貰ったものを今年の春先は試してみたら、まずまずの感触というか、何となくモヤっとするのが防げる感じです。
 これはリピーターがいるのが感覚で分かります。構造や、科学的機能は分かりませんが、長寿商品なのは敵ながらアッパレです。業界にいながら知らなかったのはスキンケアやベースメイクもある敏感肌用の治療・予防・防御のシリーズブランドだったことです。シリーズの他のアイテムは売れていないというか扱いも少ない印象です。
 ワンイッシュという感じで、花粉対策に絞り、ヴェイルを作って、花粉から肌を守るのです。
 50gで900円程度で大手ドラッグストアの店先に並んでいます。けっこうおすすめです。

久々にバラエティストアのコスメ売り場 ブラック企業も

 元化粧品メーカー社員としては、CMでの大々的なキャンペーンがあまりないのが寂しい重いではあります。
 残念ながら春秋の大きなキャンペーンをやるカウンセリングブランドは撤退状態。それでも夏のキャンペーンが立ち上がると、サンケアの「アリー」とセルフメイクのメガブランド「KATE」が店頭を占めているショップを見るとつい見入ります。KATEの男性メイクなどは10年ほど前に提案して当時は却下されたのですが、ようやく実現ですか。
 かつて担当したバラエティストアというかディスカウントストアにドン・キホーテがあります。ここは面白い企業で、本部オペレーション機能が緩く店舗の担当者権限で仕入れや値決め、売り場を変えられる「権限移譲」があるところ。
 コンビニや大手ドラックや百貨店、HCなどはいずれも本部バイヤーやマーケティング部、店舗開発の画一した売り場、品ぞろえになりますがドン・キホーテの場合は店舗交渉次第しかも、相手の営業も巻き返すので油断なく貼りつき、「売れる提案」をしないと安定した売り場はないのです。
 私が担当した企業このドン・キホーテや、一部のホームセンターやドラッグストアもかなりブラックで社内外に無茶なことをしていましたが、社会がコンプライアンスを必須にする時代になりM&Aも進み大企業になるといい部分だけが残るようになっています。
 その分、泥臭い営業は通じず、本部オペレーション主導になりました。後輩たちの会社もその取引先も、センスとプレゼン力を磨く新たな厳しさとやりがいの会社でしょう。

今も気になるコスメの評価

 最近当ブログは仕事の関係もあり、年金やお金の話、旅、鉄道や読書、政治の話が多くて、人生応援と占星術のジャンルが減って、コスメのことをほとんど書いておりませんでした。
 カテ分類のトップがコスメだったのを忘れそうになっていました。
 これでも、化粧品メーカーに37年勤めていましたので、たまに女性ファッション誌やコスメ売り場をチエックする習慣は残っております。今ほどは雑誌もネットで読むことができなかった時代、男性のわりに本屋などで女性コスメの情報を得て仕事に活かしていたものです。多くの男性社員がそんなことをしているわけではないですが、業界の新しい動向を語れずにそこに身を置くことこそ気恥ずかしく思っていました。

 ミステリでいうと年末にその年出た本の中で今年のベストがランキングされて、いくつかは読んでいても後追いや初見になることもあり興味深い企画です。コスメも各雑誌がランキングや特集をします。
 在籍した、カネボウや花王のコスメブランドが好評価され、健闘しているのは我が子が一等賞でもとったようで、いまだに嬉しいものです。
 雑誌の場合、広告を出している大人の事情もあり多くはタイアップ記事も多いですが、それでも評価の上下はあります。各メーカー得意部門があり、ヒットを生み出しやすいアイテムが伝統的にあるのも面白いです。

 昭和、平成と違い、顧客のニーズも変化し、ブランド戦略も宣伝、流通も変わりました。テレビ媒体の割合は小さくなり、かつての美容部員にあたるスタッフ人員も、百貨店などの高級品ブランドだけにつくような存在になりました。
 素人目ではテレビコマーシャル、マス媒体に登場しないと、売れていないシェアダウンしているのかと思いますが、雑誌などで確認できる品質と高給価格帯で勝負して金額シェアと利益を守っているようです。
 化粧をする、化粧品とくにそこそこのブランドを買うと言う人がまた、豊かかな人種とも言えますし、少し背伸びしたがる見栄はりだとも言えます。
 それでも、今公務員のような仕事をしている同僚からh、信じられない仕事についていたと我ながら思います。
 化粧をする心、装いたい気持ち化けて隠したいのものがあるのは人の常でしょう。

結構絶滅危惧職?になる化粧品の美容部員さん

 昔の職場仲間と話すとやはり、時代の流れが急なことを思います。
 美容部員さん、今は洒落たカタカナの名前でビューティなんとかになりますが、若いころはその人たちをパートナーにした仕事がメインでしたから、今その仕事がなくなりつつあるのにはわかっていても驚きというか寂しさを感じます。
 最後にもソフィーナを担当して、なぜかそちらの女性のフォロワーが多く、リアルでもお声がけされて恐縮するので、あまり機密的話はできません。
 これはもう私が化粧品メーカーに勤めていた時からですが、親会社的にはカウンセリングでお金のかかる販売員は、百貨店ブランドや集客のあるモール、ごく限られた専門店などだけに派遣する方針でした。かつては商店街の薬局や化粧品店でも派遣してたり、ドラッグストアやGMSにも入ってましたがもうそんな時代ではないのです。
 元々、プチプラコスメ、セルフメイク系はお客様が勝手に情報を掴んで買います。カネボウのコフレドールもかつてはシーズンごとのプロモーションを展開していました。資生堂のマキアージュと並ぶメイクブランドでシーズンごとに新商品を出し巨大プロモをした2大メーカー競争時代の名残を残していました。数年前にはネット先行の限定品を店頭で販売するなどの戦略にシフト、やがて目立ったプロモは無くなり、ブランドが縮小して廃止の方向のようです。
 メガヒットを産み、有望タレントを産んだ昭和の2大メーカー時代を知る人にとっても驚きでしょう。
 もう、マスメディアで中価格帯のメイクブランドを宣伝して、店頭で買ってもらう時代はとうに終わっていたのです。
 昨日、改めて聞いた話だと、余剰の販売流通の美容部員さん(ビューティカウンセラーとかの名前)は、多業種に出向しているケースもあるといいます。コロナ禍が明けても、時代の流れは止められないのかと思いました。

シリアのアレッポで作られていた石けん

 先日この石けん製造現場を描いたドキュメンタリー映画を鑑賞し、ご紹介もした。↓
 シリア内戦や、その後の地震被害への支援の話はさておき、映画の中身は、広い平面の床に石けん原料のオリーブオイルを流し込み、この厚さに均等になるように固める工程を延々とえがいたやや退屈なものでした。ときおり食事や買い物の場面が入るものの、アラブのむくつけき男たちが、オイルを煮込み、床に流し、固まると数人かかってスケートリンクを平らにするように、何度も歩いて均します。そして、このサイズに均等に切りロゴをいれていく、ただそれだけのシンプルな長いプロセスでした。
 シリアを代表するアレッポの地場産業でした。トルコや他の地中海側でも作られていたものが他では衰退して、このシンプルな伝統的技法はシリアのアレッポだけに残っていたようです。
 映画の後のシンポジウムでは、なかなか入手が難しいようなニャアンスでしたが、ネットでは簡単にしかも安価に手に入ります。送料こみでも500円前後でありました。amazonなどで送料無料なら更に安いでしょう。
 これで天然素材だけなので、いい買い物です。
 洗顔は本格的に日本で輸入販売するには、厚生労働省の許認可が要り、難しい問題はあります。国内の化粧品メーカーで高額の商品を売っていた頃なら顔を顰めていたかもしれません。
 国産でも安いものもありますが、なんだかんだ泡立ちをよくするとか、保湿力を高めるとか、界面活性剤、保存や防腐の薬品も入っています、薬草やら生薬系を入れて効能効果を謳ってかなり高額になるものもあります。顔料などのメイク類を落とす泡立ちやクレンジング機能はある程度必要ですが、基本的には洗顔料は水で洗い流すので高価なものはそれほど必要はないは前から思っています。
 洗顔も人により、合う合わないはありますが、価格的にはチャレンジしても損は少ないもので、遠い異国の製造者を想像して楽しめます。

ウクライナは報道しすぎ、シリアやスーダン他の国は

シニア向け男性化粧品

 昭和57年に化粧品を中心にした会社に就職しましたので、愛社精神というかまあノルマもありさんざん自社の化粧品を使い続けました。

 カネボウの男性化粧品というのは、もう今や細々となり、それでも根強くオールドヘビーユーザー向けに作り続けてはいます。男性化粧品の市場はいつの頃からある程度の若い年代向け中心に資生堂とマンダムに席捲されてしまいました。

 ギラギラした整髪料と、鼻にくるキツイの臭いのブランドはアイテムも含め老人向けという感じでしょうか。香取慎吾が10代の頃、若い世代だと思っていたSMAPも解散し、その下のV6が40代のアクティブエイジ向けという、ニベアメンのCMをやっているのですから、時の流れは早いと思います。

 花王もマンダムも40代、50代を狙った、育毛を含む男性化粧品を結構売り出しています。ある程度お金を持った世代で、対外的な仕事のためにもアクティブで若さに拘りたい心理にミートしています。

 現役をほぼ引退しているような昭和の世代でもやはり多少はルッキズムを気にするのでしょう。

 昭和のオヤジ世代にとっては、今年も訃報が心に沁みます。アントニオ猪木もとうとう亡くなりました。
 それでも生き続ける60代、70代も肌を若々しく保つ化粧品は、ぜいたく品か微妙なところです。

真を写す「写真」,真を誤魔化す「化」

 昔、化粧品の仕事をしていたのでメイクアップのアーティストと多少つながりがあるため、ハロウイン時期になると、やたら不気味な写真がドヤと送ってきます。

 メイクも撮影もプロですから、そこはもう本物のゾンビやら、全身怪我まみれやら、不気味なのが完璧にできています。

 素人が写真を撮ると、変にリアルにうまくメイクで仕上がった顔になりません。光の加減で隠したかった、皺や顔の凹凸を浮き上がらせ、ホウレイ線やクマを目立たせてしまいます。老けてたり、疲れてたり、あるいは整形しているのがわかるような「真」が映ったような感じの時があります。

 男でも免許証や社員証など長く見せる写真が写りのいいものに超したことはありません。私の知り合いの女性で、まあこれには時間とお金をかけてる人がいました。でもまあ、修正やらにこだわっても、それは普段他人が何気に見ている自分の姿が隠せないので、しかたないことです。それよりも、自然に健気に老いることが一番だと言いつつ、まあ化粧品を売って、見せかけの美しさを誉めて愛していたものです。

しょせんは、「化」は誤魔化しなのか、それも「真」なのか分かりにくいところです。