カーリングの日本的チームワークは強み

パラリンピックでポッチャを見ていると、何となく冬季種目のカーリングを思い出しました。冬季五輪時期限定、銅メダル時だけの人気かと思ったが、北海道や長野などを中心にシーズンを通してなかなかの人気でした。
たまたま試合をこのタイミングでやっていました。北京オリンピック最終予選代表を決める国内の最終決戦は最後までもつれ面白かったです。
知力、技術、体力、精神力求められる。それぞれの役割を担った女性も美しく躍動して見えました。(男子もありますが)
ビーチバレーや体操、新体操、アーチスティックスイミングなどが、女性にハラスメントに近いあざとさやセクシーさを求めるのに対し、あくまで知的な美という感じです。スケボーなどのストリート系のスポーツと感覚的にはやや似ています。
組織、チームで助け合う点もいいです。
最近の新しいスポーツでの、日本人の若い力、技術やチャレンジ精神には感心します。ただ、昔からのフィジカル勝負、身体能力になると、どうもまだまだ日本人は欧米人やアフリカ人には勝てません。
どちらかというと、知的な判断力や戦術、戦略と、チームでの連携を得意としていました。1964年の女子バレー東洋の魔女などは、そこに猛特訓が加わっています。
この時代の女子バレーと、カーリングで似ている点があります。カーリングは規定で国内大会の優勝チームが日本代表になります。この頃の女子バレーは日紡貝塚の選手がほとんどを占め、他のチームからあとは2~3人程度でした。
日本のチームスポーツが海外で成果を上げるのは、単独チームもしくは長期の合宿などでの練習期間が必要だと思います。
女子バレーはその後、日立が全盛の時期を迎え、その後多少の巻き返しはあってもソ連との2強時代が遠くなりました。オリンピックも予選落ちや、せいぜいベスト8という時代になり、2020東京では他の女子スポーツ隆盛の中寂しい結果となります。
サッカーも、裾野は広がり、高年俸で時差のある欧州でプレイにする選手が増えると現状では日本にいる選手が限られてしまいます。強い選手を選抜して代表チームを組むのが難しくなります。集合しての練習時間が限られると、顔見世のエキジビションならまだしも、真剣に向かってくる相手との無名選手との対戦でも難しくなります。細かい戦術の浸透とチームプレイが日本の強みとすればこの状態で世界の上位を狙うのは難しいでしょう。
陸上の男子400メートルリレーもバトンリレーが日本のお家芸で、100mでの個の力以上のものを4人が引き出して北京五輪で銀メダルをとっていました。100m9秒台の選手が頻出して最強メンバーと言われた2020東京では、それぞれの選手が100でも注目され、結局はバトンミスでリレーも惨敗に終わりました。リレーは明らかに練習不足と思われます。
もぐもぐタイムというおやつを食べ談笑するカーリングチーム。その仲の良さが、困難な練習を乗り越え、新たなアイデアを呼び、次のステージへと向かえるのではないかと思います。
ずば抜けた個の力も必要ですが、それをよく理解し連携していかないとチームスポーツは勝てないのではと思いました。

トップ辞任でコーチが昇格する危うさ 政治にも

サッカーや野球でも、成績不振の責任、特に優勝や予選突破等が期待されながら不振をかこると世論の非難も浴び監督が解任される場合があります。
その際、日本のサッカーの代表やJリーグやプロ野球チームだと監督更迭後、部下だったコーチが監督に昇格する場合があります。
トップの首をすげかえることで、選手たちに責任感、危機感を伝えることはできます。しかし、戦術や指導の点ではすでにチーム内にいたコーチですから、その人は何をやっていたのか、責任はないのかの疑問は沸き、力を出し惜しみしていたのかと思われます。
外国の場合、スタッフ毎入れ替えが多いようです。
シーズンや大会途中だと、急には人材の手当ができず首のすげ替えがやむをえないという事情もあります。
プロ野球等の場合、次期監督禅譲が決まっているような人がコーチで入閣しているケースも多く責任まで問うと、路線が修正されてしまうため、責任は監督一人に押し付けるケースもあります。
サッカーの1998ワールドカップフランス大会予選で加茂周監督が更迭され岡田武史コーチが緊急昇格し、プレイオフでイランに辛勝して初の本大会出場を決めたのは内部昇格の稀有な成功例です。
いい結果が出るかは未知数でも、まだまだ日本の場合、指導者は名選手、人気選手で元チームOBというのが期待されて、戦術や指導力より政治的要素で決まる場合が多いようです。
政治というと、次の首相選びもまさにそうなのですが、今や与党内での権力争いです。いくら人気があっても、現在の首相がコロナ対策で総裁選に出れないというのであれば現役の閣僚も当然無理なのではと思います。総理以外ならそんなに忙しくないと言っても、不人気の原因となった感染の拡大や,ワクチン接種の混乱、経済対策等で同じ閣僚として何ら意見も言わずサポートもし切れなかった人が人気があるだけで後任を期待されるのはやはりおかしな話です。
日本では二大政党制はなかなかしっくりいかなかった感じで、こんなに政府に不満がつのっても政権交代とはいきません。せめて現政権では要職についてない人が組閣して、自民党Aー自民党Bで交代していくべきとは思います。官僚の緊張感からいうとこういう一新、交代は必要です。
そこまで人材はいない現状では、自分が閣僚時代に、あるいは与党内でなぜ政策が実現できなかったかも明確にすべきです。
また大臣、閣僚を本当に戦術特化した仕事をする人材に揃えることが求められます。勝ち馬に乗るグループ支援、論功行賞、派閥当選回数順の力学では今の危機は乗り越えられないでしょう。
日本は崖っぷちのトップ交代だということを、マスコミも含めお祭りごとではなく真剣に考えないといけません。

【五輪開幕】復興五輪の形になるものができなかったものか

コロナ感染拡大でどうなるかと気をもませたオリンピック。ようやく開幕しました。深夜までの開会式は、セレモニー、選手行進、会長らのスピーチと長時間にわたりこれも物議をかもしました。
式の演出、進行等はある程度長めの尺の決まった中で、開催国の意気込み、文化芸術や伝統、最新技術までテンコ盛りでした。これが賛否両論で、ネット上はまあ否定の方がやや(かなり)多い印象です。これからアスリートが頑張り、感動を与えてくれるから四の五の言うなとの声もあります。
開会式の芸術的な部分やテクノロジーの部分は人の感性、知識のあるなしやら感じ方にもよります。
まあ多くの予算が投じられた開会式であったことは衆目の一致するところで、「コンパクト」や「復興」というテーマは感じられなかったように思います。
これからのアスリートのパフォーマンスにしろ、人によって「不甲斐ない」ととる人も「感動した」という人もいるでしょう。
津波や原発事故を経験した人やコロナ禍で医療が逼迫した面を見てきた人が、これだけの開会式を日本で行えたことに感動している方もいないとは言えません。
しかし、巨額の税金、お金がかかり過ぎている上に、そのお金が復興には回らず、広告会社や制作会社、五輪関連の組織にだけ潤沢に還元しているということをもう多くの人が感じています。
演出家の過去のコントをめぐる突然解雇をはじめ、女性差別発言等、主催側に対してどうしても厳しい目がいくのはこういうところです。スポーツに関係ないパフォーマンスが延々と行われる開会式に当然賛否ありますが。そこで良かったと世界の誰かが思って、「いいね」投票したり、募金したりして「復興」に活かすシステムはできなかったのでしょうか。
すでに日本は「復興」しているというなら、原発の非常事態宣言下に低賃金で従事したり、復興途上の仮説住宅にいる人に、いますぐにでも高額の報酬を還元すべきとの声にも頷けます。
それでも、200もの国と地域がっ出ていれば多くの国は、復興途上の日本より恵まれていません。メダルはおろか、競技に参加するのがやっとの国が過半です。アナウンサーの国の紹介も平板でした、もう少し国の状況を説明し、テレビを見た人が各国に応援できるように国別のデータはすぐ字幕やデータ放送が出るようにできそうなものです。
ミャンマーやシリアが今どういう政権下で選手を送ってきているのか、本当のところは分かりません。
衣装や表情、人数等に国の雰囲気は伝わります。そういう面では入場行進はメダル争い以上に参加の意義をもった祭典の中心です。
メダルの数の競争はもういいのではないでしょうか。せいぜい気にしているのは20か国くらいでしょう。こんな数でいまさら国威は上がりも下がりもしません。

「アスリートは頑張っている、アスリートに罪はない。アスリートがひた向きに国を思い競技する姿に感動する」
それを共有、強制、洗脳するような報道になりがちです。アスリートとだけ言ってすべて許されるなら、ナチスのオリンピックでも許されます。
国威を上げるためだけならもう日本に今さら要らないと思ってしまうのか、まだまだメダルを集めたいと思うのかはやはり感じ方の違いです。

熱く感動した仙台での「復興」オールスター

東日本大震災からあ10年の今年も夏になりました。野球の話になりますが7月17日仙台でNPBオールスターの第2戦が行われ、試合前に震災の時1歳だった小学生が「東北は強くなりました」「10年後は選手になって、感動させる立場になりたい」旨の挨拶をしました。東北ゆかりの選手の目頭を熱くさせました。
本番の試合も東北楽天ゴールデンイーグルスの選手が投打に活躍し勝利、セーブ、決勝に得点打点も総なめしました。
派手な演出ではないですが、10球粘って四球で出塁し、同僚島内選手の長打で一塁から懸命にホームに駆け抜けた小深田選手の姿と、それに声援するベンチの全選手の姿に感動しました。
まだまだ東北が完全に復興して全ての人々が強くなった訳ではありません。
東北人のひた向きな粘り、真摯な努力にはいつも感心します。
次は東京を中心にオリンピックが開催されます。コロナ禍で当初目論んだ経済的成功には程遠いようですが、世界に今の東北の復興ぶりをアナウンスする機会として、大いなる成功を期待しています。

代表よりもクラブチームの応援が面白い

カズ、中田、香川、本田ら歴代綺羅星のようにエースを擁し、キラーコンテンツと言われるくらいの視聴率を誇ったサッカーの日本代表戦が今はかつてほど視聴率も動員も今一つ伸びません。
サッカーの代表戦に対抗して、WBCやらオリンピックにプロを集結させた野球の侍ジャパンも、オリンピックの雲行きもそうですが今一つの盛り上がりです。
一昨年のラグビーW杯は予想以上に盛り上がり、日本の健闘も光ったのと、ルールさえ怪しい人の多い中大いに代表戦からラグビー人気が沸騰しました。
この違いは何なのでしょうか。
その競技への見る人の目の肥え方にもよります。代表は選抜チームで、スターは揃い個々の選手は素晴らしいですが。連携や細かい戦術の浸透は不十分になりがちです。
ラグビーは初の国内開催のW杯ということで十分な合宿を重ねました。
一方最近のサッカーは海外移籍が増え、まとまった練習は難しいばかりかベストの招集すらできないまま興行としての強化試合や予選に臨む状況です。
野球に至っては元々メジャーが全員参加する訳でもなく、短期間の大会でそもそも実力が出しきれるかは、投手の巡り会わせ等運不運も付きまといます。
多国籍集団のクラブチームの方が、玄人目にも面白いわけです。
冬季のカーリング等は日本で優勝した単独チームが世界大会に行きます。かつての女子バレーボール東洋の魔女もほぼ単独のチームで、猛特訓をしました。
総花的なオリンピックでの野球やサッカー、一流プロにとって国の名誉のためそれなり戦うのでしょうが、個人的にはペナントレースやJリーグ続けてくれてた方がありがたいです。
それほどこの頃、代表の底が見えてきてしまいました。
かつて会社をうまく抜けて必死に帰って見たサッカー代表戦、今はあれ今日やってたんやという感じです。
WBCやらで投手の球数制限する意味が分からない日本のファンは多かったですが、今はペナントレースに関わるエース級の疲労消耗を考えるとごく当たり前に思います。

五輪、スポーツイベントどうなるか

オリンピック開催をめぐって、コロナ禍の感染対策中でどこでも喧々諤々の議論が叫ばれています。
どうやらここへ来て五輪は観客制限はあれ開催の雲行きですがですが、反対の意見も根強く流動的な情勢です。
イベントもやや緩和の情勢ではあります。
しかし、聖火リレーやワクチン接種会場にサッカー場が使われたりと、何だかお上の非常事態接収を感じる世相です。
スポーツも音楽、演劇も好きです。もちろん爆弾が落ちてくる戦時下でそんなことやってると危険です。でも人々はつかの間に平和と幸せをスポーツ等に感じるのでしょう、シリアやイラク、ミャンマー等政府の思惑があるのかないのかは分かりません。しかし厳しい条件でも参加してくることにコロナ禍克服以上のものを感じます。

セリーグDH制

日本プロ野球、セリーグの巨人が日本シリーズで2年連続4タテを食らい、セパの実力差が顕著に問題にされ、巨人中心にセのDH制導入が叫ばれています。
長年のパリーグファンから言わしめれば何を今さらではあります。
パにDH制が導入されてもう45年もたちます。閑古鳥のなくスタジアムで苦労してアイデアを駆使した当時の関係者さん。邪道だと言われ人気ではセリーグに遠く及ばなかったパリーグですが、今はプロ野球人気のシェアは低下した中セリーグとパリーグの人気はそう差野内時代です。
実際にDHがいいかどうか、たしかに投手が打席に立って無気力な安全牌みたいな、守備側の息抜きみたいな打席はプロとして失礼とも言われています。また投手交代や投手の打撃や高度な戦術都みる伝統派の意見もあります。双方それぞれの言い分でしょう、ただルールは統一して進化した方が公平で面白くなります。サッカーやラグビーの世界メジャーの競技がそうです。いくつもルール改正はあり、全体の競技の面白さは上がっています。

ジャイアンツが勝てない【NPB日本シリーズ】

プロ野球日本シリーズでソフトバンクが2年連続で巨人を4タテで下し優勝しました。
かつて9連覇を達成し、球界の盟主と言われた巨人も見る影もない。コンデションや戦術、運不運もあったものの、ある程度の実力差は否めないところです。
日本の野球は巨人がフロンティアとして引っ張ってきた歴史があります。先んじて大リーグの練習方法や技術、戦術も取り入れた時もあり、常勝軍団で親会社も優勝とテレビの高視聴率と満員の観客動員を義務づけていました。
伝統の人気球団でしたが、いつしか驕りと利権の独占、組織の澱み等様々な硬直要因で、ドラフトでの新人選択機会均等に始まり、やがてメジャーの状況がリアルタイムで入ってきて、移籍も自由な時代になり、巨人の独占的な常勝維持は難しくなりました。
目先の勝利へのこだわりで、長期ビジョンが見えなくなりました。
パリーグファン、アンチ巨人から野球観戦の始まった私もこんな時代は想像していませんでした。
現在の原監督も現役時代、今一つ高見を目指す姿勢に欠けた発言と、それを許す取り巻きがあったことを覚えています。松井秀喜や桑田真澄あたりが戻ってメジャー流の経営改革をしないと変われないのですが、そこまでは無理のようです。

パリーグ球団の地味な努力と現在の地元密着の人気に学び、球界全体がいい方向に進むよう伝統球団も変わり、戦後復興で希望を与えられたようにジャイアンツが再び頑張ることで苦しんだコロナ禍日本の人々にエールと闘魂を与えられるようあえて期待します。

最後の近鉄戦士岩隈久志引退

今シーズンで巨人との契約を終えた岩隈が引退と報道だれました。
近鉄バファローズのエースで、近鉄球団の吸収消滅でオリックスを拒否して新生楽天球団に入った岩隈久志。実質的に近鉄球団時代に稼働していた選手が今年で球界からいなくなります。
私は近鉄バファローズファンでしたが、当時ライバル球団のオリックスに吸収合併されOrixバファローズとなったものの、こんなのバファローズやないと、プロテクトを外れた近鉄戦士の集まった楽天を応援しました。たまたま仙台にいたこともあり、子供とともに楽天イーグルスの観戦に行きグッズも買いました。WBCでも松坂、ダルビッシュとならび日本のエースとなり、此の後メジャーに行きます。
小さかったうちの子も社会人になる時間の経過などで、細見のやさ男だった岩隈もすっかり貫録のおじさんで巨人では当番できぬまま引退でした。
今年も藤川球児や吉見一起らベテランが引退します。他にも戦力外で球団を追われる選手も多い。秋風が冷たくなり華やかドラフト入団や日本シリーズの話題が出るもののプロ野球界のちょっとせつない季節です。

まだ厳しいコロナ後遺症。イベント。

昨日Jリーグを久々に見に行きましたが、3席もあけての指定席でした。興行的にも厳しいところででしょう。上限の満席にするのさえ難しい世相です。やはりジャンプしたりい叫んだりが好きな人もいます。お酒も少しは飲みながらが楽しい観戦の人も多いでしょう。静かな分、ボールの音や選手や監督の声もよく聞こえました。
売店はじめスタジアムの運営、も厳しいでしょう。早く観客の上限制限は撤廃しないと、いくつかのチームの経営が苦しくなるでしょう。
飲食、イベント関連、なかなか回復までは時間がかかりそうです。 何とか応援したいです。