何者かが国益を損ない領土問題を解決させない         #外交#北方領土#4島返還論

前回からの外交の件で、日本人の潜在的な中国嫌いの感情が外交の妨げになっている場合もあると書きましたが、今回はロシア、旧ソ連との問題です。
日本人はアメリカ、イギリス、中国と戦争し、アメリカには本土空襲や原爆投下という甚大な被害を受けました。それでも今の日本人は一時的にアメリカの支配を受け、アメリカのことを毛嫌いする人はそう多くはありません。むしろロシア人を好ましく思っていない人が多いのです。
第二次世界大戦末期、ソ連は日ソ中立条約を破り満州や北方領土に侵攻してきました。そして戦後も捕虜となった日本人をシベリア等に抑留し、強制労働につかせました。噂とは違い暴力的な支配の少なかったアメリカ軍に比べ、条約を破棄した裏切りと非人道的な抑留をしたロシア人を日本人は好きではありません。ソビエト連邦崩壊後再びロシアとなった国との間に横たわるのが北方領土問題です。
領土は戦争で取り合うものですから、なかなか敗戦国が取り返すことは難しいものです。
ただ日本は、アメリカから奄美大島、小笠原諸島、沖縄を返還してもらい、日本固有の領土としては北方領土が残るのみという考え、機運は何度か上がることも不思議ではありません。しかしアメリカは日本と同じ西側の同盟国です。ソ連、ロシアと変われども、米ソは冷戦の相手でしたし、米ロもライバルの軍事大国です。返還した領土にアメリカが基地を作らない可能性はロシア側から見ればないとは思えないでしょう。

日本では終戦は1945年8月15日の昭和天皇が自分の口で敗戦を伝えた玉音放送であるとされています。しかし、国際法上では9月2日の降伏文書調印の日が終戦とされており実はタイムラグがあります。このタイムラグ8/15〜9/2の期間にソ連は日本に侵略をしてきて択捉島と国後島を占拠してます。色丹島と歯舞群島は降伏文書調印の9月2日以降に占拠されました。つまり択捉島、国後島と色丹島、歯舞群島では状況が全く違います

日本の返せという申し出にロシアにも調印後の色丹島、歯舞群島は分からなくもないと考えていた時期もありました。友好条約を締結し経済交流やインフラ整備をしていけばという妥協に応じるそぶりをした人物もいました。
さすがに調印前の択捉島と国後島はロシアのものだと考えていますので4島全て返還するというのは難しいのです
しかし日本の右翼、追米政治家や官僚は「4島一括返還」に拘り続け、結局は領土問題は一歩も進まず、もう70年が過ぎています。
2島返還、経済交流を得られれば日本にとって面積は小さくとも漁場も広がり実効支配の領土は広がり何もデメリットはありません。そこから4島に交渉が広がる可能性もゼロではありません。もちろんそれを快く思わないのは日本ではなく、アメリカです。日本を陰であやつるジャパンハンドラーとそれに洗脳された政治家や官僚です。
鳩山一郎、最近では鈴木宗男、森喜朗、鳩山由紀夫、ロシアとパイプのある政治家はどうも短命でつぶされやすいようです。
北方領土問題はもう永遠に解決しないのでしょうか。

時短、マスク着用 見回りだけが対策なのか   新型コロナ対策 #まん防

新型コロナの感染者数が拡大すると「気が緩んでいる」「深夜まで飲食していた」とマスコミが煽り、専門家や医師会が政府を焚きつけて、結局できることは飲食店の自粛、時短が主です。
飲食店での感染が多いということですが、大規模な宴会は別として実際に統計的な数値根拠はあるのでしょうか。そして時短という策では、時間がスライドしているだけの状況もありはたしてどれだけの効果があったのでしょうか。
繁華街全体で人が減ると、助成のある飲食とその他の業種では理不尽な不公平も生まれています。個人で自宅兼店で営業してるところなどは毎日8万円の助成金など利益どころか総売り上げを超えている場合もありウハウハで毎日飲み歩けるという笑えない状況もあるそうです。
元々、一日限定200食とかで利益を取っていた店も閉店原則時間がはやまるだけで、早い時間が混むだけのようです。
とはいえ家賃をはらい人を雇う店、その関連事業者含め、どうせ助成金貰ってると一部ではやっかみを受けるものも実態はかなり苦しいところが多いようです。
個人的には、宴会の2次会後くらいに、ショットバーのようなところに一人でふらっと行き落ち着いて呑むのが好きでした。そういう店は深夜営業でもしっかり間仕切りとかすれば認めて助成はしないとすればいいと思います。(他の多数はキャバクラでしたがそこは接触が多いので問題でしょう。いろんな意味で)
杓子定規な時短には大して効果もなく不満が渦巻くだけです。ましてそれを「見回り隊」等が監視するのはもう戦前に近い発想です。
実際に飲食をしているとコース料理であれ、フードコートレベルであれ頻繁にマスクの着脱は非常に難しいものがあり、顎にかけるだけで会話されているのもよく見かけます。
仲には多人数で、大声や長時間も見かけます。時間関係なく、コロナでなくてもマナー違反は指摘されてもいいような気はします。
重点をおくべき層は
今の重症者、死者の実態を鑑みると、医療体制の再整備、特に高齢者、要介護者で感染後のケアの体制、基礎疾患者の感染対策に徹底して絞り込んだ対策をするべきです。
批判するとまあ怒られそうな聖火リレーの沿道、スポーツやイベントの参加もかなりの数に上っています。これらにある程度集うのは仕方ないとして高齢者、基礎疾患者は原則禁止もしくは強い自粛を求めるべきです。差別、人権の制限ととられますが、正直感染拡大で危険なのはその人たちだけです。失礼な言い方ですが、その人達がどんどん出歩いて、若い感染者に接触され感染すると本人が危険であり、社会にとって大きな迷惑なのです。
若い人の移動を問題視する人がいますが、死ぬことが100%なくほぼ重症化しないグループに際限なく自粛を求めること等不可能ですし、経済にも悪影響を及ぼします。キツイ表現ですが命を守るため、医療関係や周りに迷惑をかけさせないためにも、基礎疾患者や高齢者の保護の仕組みを強めることにシフトすべきです。

リバウンドは当たり前 新型コロナ

緩んだからではない

コロナは何かと2極に分かれ議論になります。いま「リバウンドが」と騒がれています。
数値は予想通りか想定の中でしょうか、それとも予想した以上皆が緩んだせいで、リバウンドしているのでしょうか。なぜリバウンドするでしょうか?
「抑圧したから」というのでリバウンドは当たり前じゃないでしょうか!緊急事態宣言の抑圧を解除して、感染者が増えず減り続けたらかえって異常です。緊急事態宣言等いらないいことになります。
インフルエンザだって、ロックダウンして抑圧すれば、解除したときにリバウンドするでしょう。
春だろうと夏だろうと波の大きさの違い程度です。

日本の場合、問題は病床数ですが、これは指定感染症2類相当から新コロを外すことでかなり解決します。ワクチンを買う大義名分は別に設けておくとして、病床問題が解決すれば完全にコロナは終息が見えます。これは政府の決断と交渉力、説得力でしょう。
しかし、どうも政府もこのまあ宣言で抑圧と解除を繰り返し、ゆるゆると買い付けたワクチン接種で感染予防につなげようとしています。そのやり方でしかやりようがないですが、結局失業やDV、自殺につながるようなストレスが街中やそれぞれの世代間であふれているようです。
ここで「緩んでいる!」と責められるのは市民ではやるせないです。
本来、責められるべきは医師会であり、厚労省であり、政府です。
コロナで重症化し、死亡しているのは明らかに基礎疾患のある人、その中で高齢者にとって死へのトリガーになっています。関西や首都圏の毎日の死亡者の年代別を見ていますがもう70~90のオンパレードです。
自粛派の方は若い人も重篤化し、後遺症も残ると反論されますが、軽症やそもそも症状が出ていな人が圧倒的です。ほぼ例外的な若者の感染、後遺症で自粛を強要するのは無理があります。


コロナは子供の命を救った


感染者はインフルエンザが爆発的に感染していた年と同じような数値です。
しかもインフルエンザは幼児や小中学生も死者が出て重症化しています。学級閉鎖や学校閉鎖が良く起こったのはこのためです。
今年の冬インフルエンザが全く流行しなかったのは、コロナにより感染予防対策がインフルエンザにも奏功したのと、ウイルスが拮抗したため双方が同時流行することはありませんでした。子供にとってはコロナ様様です。不謹慎かもしれませんが子供にとってコロナはインフルエンザから命を救った恩人なのかもしれません。
もちろんおじいさんおばあさんの命を奪ったかもしれませんが、若い命と比べると不遜かもしれませんがやはり重みは違うような気がします。特に末期患者のトリガーになったケースをコロナ関連死としているケースが多く、これがコロナ恐ろし憎しにつながっています。死に際に家族にも会えなかったという問題、これも指定感染症2類相当を外すことで解決します。
新型コロナウイルスは「弱毒性」ゆえに、「感染力は強い」と言われています。一般にウイルス変異すれば感染力はあがり、毒性は弱まります。変異して強毒というにはSFの見過ぎです。コロナの場合元々、インフルエンザに比べ症状が出ないほど弱毒なのが厄介なのです。インフルエンザなら高熱を出し2~3日寝込み、自分も苦しみうつすといけないと自覚して自主隔離します。コロナの厄介なのはあくまでほとんどの感染者が高熱もでない弱毒すぎるからです。自分が感染者ともわからないし、死ぬような苦しみもないのですから致し方ないところです。ただ
変異株が感染力強い、ワクチンが効きにくいと騒がれています。しかしSARSコロナで流行した地域は新型コロナでも免疫力が高まっているくらいです。新型の中での変異種ですから、変異前のワクチンでも95%とは言わずとも全く効かないということはないでしょう。7割や8割程度効果はあるはずです。
第4波はそれなりに上がるのでしょうが、もう経済活動の制限等は基礎疾患者、高齢者施設の周辺に徹底的に絞った方がいいでしょう。それが世代間や、こういう不毛の論戦に終止符を打ち日本を立ち上がらせるカギです。

コロナ禍卒業式

今週末は、大学の卒業式かな?袴姿の女子大生も多く見かけました。昨年未実施のところも挙行され、卒業される方は良い記念となったでしょう。関係者も尽力され、ご苦労も多かったでしょう。親御さんも嬉しいでしょう。就職の内定率は低いのが気がかりではあります。
。昔、「太った豚よりも、痩せたソクラテスたれ」と某国立大総長が卒業式で使われたのを思い出しました。名言なのか、いまいち意味不明なところもあります。
原典は功利主義の哲学者J.S.ミルの「満足した豚より、満足しない人間である方がよい。満足した馬鹿より、満足しないソクラテスである方が良い」の超意訳か改竄のようです。
『痩せた』は関係ないようです。満足しない探求心を持ち続けようということでしょうか。
確かに満足して、安心して向学心失うとそこで成長は止まります。
社会に出てからこそ、いくつになっても学ぶことは多いです。

震災10年はイベントではない

東日本大震災ディケイドとして3.11前後に何回か書きました。
阪神大震災、東日本大震災と比較的身近な地方の悲劇は時代とともに語り部が必要なほど風化していきます。
時代は違いますが、関東大震災は被害としては物凄い死者、建物の損壊でした。
歴史的に見て日本人に生まれた以上、大きな地震に2~3度出会うのは仕方のないことでしょう。
この20年、そして直近10年は経済も厳しい状況でしたしかし災害に対する経験や知識は増えました。耐震の建築は義務付けられ、増えてきています。避難の体制、通信や避難所も格段に改善されています。津波に対する備えも三陸は復興とともに、高台移転や防潮堤も進み、堂宇規模の津波にもかなり耐えられそうです。
もちろん人口密集の首都圏の脆さはまだ危機的です。コロナ禍でのテレワークやオフィス移転を進め、なんとか首都圏の人口密度を下げないといけません。直下型が来た時、大惨事、多くの人が恐ろしい目にあうでしょう。
大都市部の海抜の低い地域も心配です。津波への訓練も大してしてにですから、壊滅的な打撃を受けそうです。
深夜ならまだしも、首都圏は帰宅困難でも相当なパニックが起こりそうです。企業本社等は早く土地の高い首都圏のオフィスは、株主や労組が噛みついてでも移転すべきです。
経済の停滞も、大災害への油断も日常が常に変わらないというゆでガエルのような油断からです。東日本からの10年は一過性のイベントではなく、日本が常に持っていないといけない心構えを確認した年です。

ワクチンはいつになるやら で連想する穀物メジャーのGM F1との類似点

コロナのワクチン接種、日本は世界的にはかなり遅れています。4月からようやく高齢者向けを自治体に発送予定、6月中には配送を終える。詳細スケジュールは自治体丸投げのような曖昧な発表があっただけです。
一番のボリュームゾーンである一般の方はさらにそれ以降自治体に向け送られる。そもそも米大手薬品メーカーファイザーとのスケジュールの詳細はつめていない契約で、相手はオーバーブッキングもしている状況。ゼネカ、モデルナ2社はこれからの承認であり、全く先が読めない状態です。
ワクチンがいらないぐらい感染が止まるか、日本だけ取り残され感染拡大するのかも先はわかりません。
薬品メジャーのワクチン効果、副作用のデビデンスも信じないわけではないのですが、どうもビジネス臭は消しきれません。
毎年、高額の契約が成立するのは、穀物メジャーのF1植物(種もみをとれないその世代だけのGM遺伝子操作された植物)を連想します。
ワクチンパスポートが海外往来の手形になる可能性も囁かれますが、黄熱病等と違い生涯免疫ではなく世界中となれば大変なスケールです。これも大きなビジネスであり、ワクチンが開発できない国は大変な負担です。富める国と、途上国の格差は広がるばかりとなりそうです。

黙食まで強要するのはおかしいです

AC公共広告機構の1980年代CMにこんなのがありました。
子「今日ねママ、」
母「今忙しいの、後で」
子「パパ 、あのさ」
父「今度な」
子「……」(寂しく一人で黙々と食事する)
NA「食事をしながらのおしゃべりって本当はとても美味しくなるんだよね。大した会話でなくても。ちょっとやりくりすればできるんじゃない」
字幕「一人で食事する子供が増えています」

マスクを強要するなら会話はOKではないかと思います。家族や友人と、話もせず黙々、そんな目的も意味不明な食事を、大真面目でポスターにする神経がわかりません。
窮屈な、おかしな世の中になりました。戦前を彷彿します。
心理学に見ても会話のコミニュケーションは必要で意味があります。マスクなしでいつまでもしゃべる中年女性の集団には私も辟易しましたが、普通の会話程度なら必要でしょう。

10年後20年後の電話など想像できない

私がもの心ついた頃はダイヤルを回す黒電話が主流でした。
やがてプッシュホンといわれるボタン式になり、短縮登録もでき、今のイエ電、オフィス等の固定電話の原型は1980年代に整いました。
腕時計型のモニター付き電話は、特撮ドラマの未来世界でしたが、もはや簡単に毎日オンライン呑み会が当たり前の時代になるとは驚きです。
富裕層向けに、バカ高いハードと通信料で移動電話、自動車電話があり、エリア等今より狭い不便なものでした。
1990年代には携帯電話、PHSが普及しました。まだパカっとあける受話器の角度がありました。その後はご承知のように、ほぼパソコン並みの機能も備えたスマホ全盛です。
LINE、zoom等のアプリはさらに充実していきましたが、ここ10年足らずです。10年先、20年先は想像もつきません。

1970年代無料だった老人医療が ついに年金生活者でさえ2割負担に

1970年代、約10年ほど70歳以上の高齢者医療は無料でした。
それはそれで病院がサロン化し、健保の負担も増えました。今のようにネット転売ビジネスがあれば無償で老人が得た薬がネットで出回りそうです。
健康保険組合も協会も国も財政が厳しくなり、高齢化の未来が見え始めた2008年に、ネーミングも不評ながら後期高齢者医療制度が始まります。医療の適正化、負担の公平を目的に75歳以上が切り離された感じになりました。企業なのの健康保険の扶養だった人は唐突に保険料の負担も増えたました。この時1割をキープするために何とか新制度の保険料えお介護保険料とともに年金から天引きして徴収し、財政を立て直しました。
この時の導入背景からは1割に抑えるからというのを、年収200万の年金生活者からも2割負担にするのは詐欺まがいです。
国民年金の満額が78万円2階の厚生年金部分で比例報酬がそこそこあれば捕捉され対象になります。
通院を繰りかえす病気や、入院ともなれば負担は大きいでしょう。
それだけ高齢者の構成比も絶対人数も増えて、医療財政が厳しいということです。

イベントや活動、移動の基準や根拠のない自粛

毎年キレイに大きなゴールドのクリスマスツリーやリース等装飾でにぎやかな我がマンションのクリスマス設置が中止でした。
近隣のマンションは今年もやっているところもあります。自治会任せ!何やら政府の自治体任せと似てきて、これといった基準もなくそれぞれのところで専門でもない印象で決めているようです。
GOTOキャンペーンがここへ来てえらく責められます。
プロ野球も相撲もサッカーも観客を少し減らしただけでやり切り、ラグビーや箱根駅伝は止める話も出ていません。
映画館は空前の動員記録を更新するヒットを出しましたが、未だに年末にかけライブや歌番組は無観客もあります。海外からの入国は一部は緩和されています。
これらも動員されたものは、今日の感染増の少し前に一気に人が動いた要素と言えます。
これらからのこともきょく検証して初めて、「旅行がだめ、ライブがダメ、映画は〇時間以内ならクラスターなし、スポーツは、宴会はと時間を区切りましょう。
外国からの流入が多いなら、やはり待機日数は必要とか、。
本当はわかってるはずの情報があまり伝わっていないことが嘆かわしいです。