コロナ対応で見るトップリーダーの役割

新型コロナウィルス感染症問題。政治的に極端な方向や主張はこのブログではしません。しかしリーダーシップや危機管理はどこの社会でも必要です。
また国民はこの危機においてあふれる情報に対してどう接していくのかも国難ともいえるこの時期に大切なことです。
総理や大臣、国会議員や都道府県知事や政令指定都市の市長らのステートメントがこれだけ頻繁に発せられ注目を受けたことはかつてないでしょう。
他府県の知事など、タレントあがりぐらいしかわからない。厚労大臣や経産大臣など大事件や自身の不祥事でもない限り名前も顔も覚えられないまま任期を終えることも多かったのです。今は毎日注目です。都知事などオリンピックがあっても開催されれば、アスリートに隠れ開会式くらいしか顔が出ず。これほど毎日会見するなどはなかったでしょう。
もうその中で、どの知事や大臣の株が上った下がった。どこの言い方が分かり易い。誰々はヘタレだとかは評価が出つつあります。これは専門家や学者でも同じです。
日本の政治家、国会議員等は責任を取りたがりません。失うものを恐れて、適当な言い訳や黙秘が多すぎます。民間企業のトップ等は危機管理体制が進んで、しっかり悪いことも公表するようになりました。
それに比べて、この1年以上いろいろ疑惑のあったことも、否定されると裁判にもならないのウヤムヤで大臣も議員も続けられます。歳費や文書費やら交通費、政党助成金など税金から多額をもらっているのにこれです。
少々疑惑があってもいざ危機というときに、しっかり決断できればいいですが、どうも有事にも喧嘩にも弱いのが今の二世や三世が当たり前の坊ちゃん議員たちです。
今国際社会は米中の二大国の力に引っ張られています。日本の最大の輸出入国は中国に移りました。とはいえ軍事関係、安保の問題でアメリカへの政治的隷属は続くねじれた状態です。韓国や北朝鮮との問題も残ったままです。
中国の共産党政府や中国人のマナー的なものも含め評判の悪いところはあります。しかしアメリカの誘導しているものも当然あります。日本がどちらかに傾くのを警戒しています。
コロナのマスク問題。ワクチンや薬も問題も米中がからみます。
複雑な情勢の中で、トップは方向性を決め、国民や市民を導く決断をしていかないといけません。それは極端な右左、白と黒ではなく中庸やグレーを選ぶ場合もあります。
リーダーにとって国民、市民や一般への説明は仕事の何パーセントかかもしれません。それでも国民っからはそこしか見えません。期初会見や答弁は丁寧に分かり易く、かつ力強く自分の言葉でしゃべるべきです。
カンペやプロンプターを見ながらで、たどたどしければ誰もついていきません。
もうひとつは財政も含めた危機感への対応力。普段あらムダな人員、ムダな予算だけ使っているといざとなるとおろおろして何もできません。柔軟に臨機応変に対応するにも、普段からの掌握力、人間関係も含めてさまざまな知識と度量が求められます。だからこその高給であり、名誉と威厳のある仕事なのです。
リーダーを部下は良く見ています。内容の詳細、是非よりも感じられるやる気です。
信じる相手を選ぶ時ここは重要です。もちろん中身も詐欺まがいのその場しのぎでは困ります。
周りの人の言動だけではいけません。しっかり自分の利害を見据え、相談できる人を選びましょう。
テレビもネットもファクト(事実)もありますが、多くの虚飾に満ちています。
リーダーになる人は暑い言葉と、数値や期限、根拠等をはっきり述べます。責任は自分が取ります。謝罪は実務執行者や参謀ではなくリーダーです。責任の覚悟を持つ人です。

コロナ後テレワーク等働き方はどうなる

コロナの事も考え自粛もしないといけませんが、コロナ以後も考えないといけません。
行政や政治家の残念ぶりも明らかになり、非常時に出口はおろか、目の前すら見えない人にコロナの後の働き方や社会の変化を予測させるのは無理があります。
概ね政治家や行政よりは民間企業の優れたトップの方が先の事を読んでいることは多いようです。
これは個々人の能力というより、環境が行政は現在や目の前を財政を考慮しながら、規則と前例に照らして着実に執行していく環境にあるとは思います。
名だたる大企業もこの3月の年度もしくは四半期は大苦戦ですし、4月5月を含めた今年の予測も難しいです。名経営者でさえ予測しえなかった。リーマンショック以上大恐慌に匹敵する国難ともいえるものを乗り越えた後には何がくるのでしょう。
ほんの半年前、昨年10月に消費税10%で騒いで、リーマン級が来れば延期と言っていたのにさらなる大波です。
中小企業、個人経営の飲食、観光や旅行はインバウンドもアウトバウンドも厳しい状況が続いています。
スーパーやドラッグ、宅配、パスタ等の家で飲食が伸びましたがある意味これもイレギュラーな小さなバブルです。
そしてzoomやスカイプなどオンライン授業や呑み会まで、テレワークやテレビ会議、テレビ電話などの関連はしばらく隆盛でしょう。
働き方はどう変わるでしょう。これも大手で先進の民間企業で柔軟で優秀な トップのいるところから変わっていくでしょう。
少し頭の堅かったところ、中小で経営のしっかりしたところも、今回やれたから、今回苦戦したからが動機になり進むでしょう。
新幹線の本数もだいぶ削減していますが、テレビ会議システムを導入したら、どんどん出張も減り、宿泊やそれに伴う接待や社交の飲食も減ります。
東京大阪を5分おきに満員で運んでいたのぞみは、もう本数が減ったままで推移しそうです。
一般的な取引先を脚で回る営業もある程度、競合もあり元の体制近くには戻ったとして、効率は吟味されより戦略的にセグメントは進むでしょう。
ここでドラスティックに、変化をつけて大きく攻めの改革ができるかは、企業のトップの力量次第でしょう。
これは街の営業もグローバル企業も同じです。確かにコロナで少し海外戦略も変えざるを得ないのですが、だからこそ市場も資源も限られた日本の企業は世界と戦わないといけないはずです。
国際ニュースとえば武漢のウィルスが、人工的だとか、米中の検証のしようもない争いなどに惑わされてはいけません。米中以外にも市場はあります。世界の隅々を眺めねばなりません。
日本で判子や伝票に人件費をかけ、稟議に時間がかかっていては世界に勝てません。その意味では政府、厚労省、自治体含め、民間企業もすべて、今までの仕事ぶりを改め、将来にわたってロボットにできる仕事は今さら新しく人にやらせないぐらいの変革を試みてこそ、コロナ以後の日本が見えてきます。

カミュ「ペスト」の先見性と不条理との戦い

「誰でもめいめい自分の心の内にペストを持っている」
この時期に75年前の本が読まれています。
フランスの作家・アルベール・カミュが書いた小説。「ペスト」出版は1947年に40歳台前半でノーベル文学賞を受賞したカミュの代表作の一つである。物語は、フランスの植民地であるアルジェリアのオラン市をペストが襲い、苦境の中、団結する民衆たちを描き、無慈悲な運命と人間との関係性が問題提起される。医者、市民、よそ者、逃亡者と、登場人物たちはさまざまだが、全員が民衆を襲うペストの脅威に、助けあいながら立ち向かう。

「おそらくはいつか、人間に不幸と教訓をもたらすために、ペストが再びその鼠どもを呼びさまし、どこかの幸福な都市に彼らを死なせに差し向ける日が来るであろうことを」
国家や医師の対応のまずさ、世間の愚かさ、人間の弱さと、その中から連帯し合う力。他人を、殺してしまうことへの嫌悪。
いろいろ先見がありました。生きることはまさに不条理との戦いなのです。不条理とは戦争であり、感染によって加害者となり人を殺してしまうことです。
コロナウィルスは人類が挑戦されているともとれます。その中で

「人類がペストに勝つためには誠実であること」
という言葉が思い出されます。

この機会にスマートワークを進めましょう

私はビジネスマン時代何度か、流通大手の忙しいバイヤー、厳しいバイヤーさんのカウンターを任されました。
大変勉強にもなりました。
そういう面では現在もっとシステムが進んだ会社もあれば、まだアナログが許される企業もあるでしょう。
昭和からの古い体質ややり方のいい面もありますが、それだけに執着する人、それしかできない人、それを許す上司もさすがに淘汰されていくでしょう。
この機会に一気にテレワーク、スマートワークは進むでしょう。
まず社内の勤怠や報告はメール・電子日報などのチャットSNSなどになります。口頭よりエビデンスが残り共有もしやすいです。
テレワークだとわざわざ机の前まで行かないし、紙の決裁もありません。顔が見えないと怠けるような人、時間やルールを守れない、守らせない人は失格です。
どうしても自宅休業とごっちゃになりますが、出社しなくともやるべきことはやらないといけないし、会社のルールには従わないといけません。
取引先等、元々忙しいバイヤー等、表敬や挨拶、メールを見たらわかるような商談にそもそも時間を割いてはくれないものです。ましてや今は営業のアポなど無理です。
メールの表題や本文に工夫し何とか、電話などでアポがとれ、会って話せる内容を吟味して準備して持って行きました。口の悪いバイヤーはそれでも「オレの貴重な時間をムダに過ごさせやがって」と厳しいご指導を頂きました。時間を貰うということは確かにそういう相関関係にあることは分からないといけません。今やメールの量は数年前と比較にならない量でしょう。
メールの沢山の内容をひとつにまとめても埋もれやすいです。相手との阿吽をつかむことです。どういうメールをが見てもらいやすいタイプかなのかがわかれば攻めやすいでしょう。これは社内コミニケーションでも同じです。昔は電話や激励、ゴルフや宴会や慰安会がそういう場でしたが今はSNSの時代です。
コロナ危機は必ず収まります。今の仕事の仕組みを是々非々で見つめ直す良い機会にしましょう。終息後の飛躍的な効率アップを考えておきましょう。

マスクオンライン販売あります

転売は付加ですが。各通販サイトのマスク販売はボチボチ入荷してます。予約して多少高くても順次入手可能です。
これをきっちり個人識別して公平に渡るようにすれば、政府配布の2枚っていらなかったのではとも思います。
最新のネット通販をどうも政府もよくわかっていない。
難しい官民の一体化です。

命を守る:真面目な行動

日本ももはやコロナ危機。コロナはインフルよりも重篤。若い人も死んでいます。外国の医療崩壊は対岸の火事ではないです。
命を守るため不要不急の外出はやめ、密閉された空間や濃密な接触は避けて、手洗いうがいの徹底をしてください。
お花見や宴会はまた来年できます。ガマンしましょう

三日月と火星、木星、土星が並びます

今の時期、日の出前の南東の空に火星、木星、土星が並びます。今朝から20日にかけてはその近くを細い三日月もいます。
ほぼ等間隔に並んで見えます。
最も大きいのが木星。火星、土星は凶星とも言われますが、木星は吉星です。発展と社会的成功を意味します。火星の勇気や行動力、土星の忍耐力を月の感情へいい方向に結び付けていきたい時期です。
星の影響は吉にも凶にも転じます。今の自分の状況とともに、自分の意志が星のパワーを活かす鍵になります。
きっといい方向に向かうと念じて、そしてご自身の力を信じることです。

http://seizafpkotodama.com/wp-admin/post.php?post=732&action=edit

http://seizafpkotodama.com/wp-admin/post.php?post=831&action=edit

殺気立つほどカッコ悪いものはない

マスクやトイレットペーパーの奪い合い。デマ情報。
こんな状況の中でも自分さえよければいい。そんな自己中心の人間ばかりだと、どんどんぎすぎすして空気が悪くなり淀む。
コロナだけでないもっと悪質な気が満ちてくる。
明るい未来なんて望めなくなります。
ちょっと冷静になりましょう。
深く息を吸ってまず落ち着こう。
美しい自分、恰好のいい人を目指すなら殺気立つなどもってのほか、あまりにも醜い姿の自分がそこにあることを、想像の鏡で見てみたら。

3.10は東京大空襲から75年

3月11日が東日本大震災から9年。その前日3月10日は東京大空襲、第二次世界大戦で東京への空襲の中で最も規模が大きく10万人以上の死者を出した日から75年です。
コロナのニュースで3.11すら報道が影に隠れがちですが、3.10はさらに大昔ですが、首都東京が壊滅的打撃を受け焼野原に近くなりました。
今のタワーや高層ビルが林立する東京からは想像もつかないです。
今も世界の国のどこかには食べるものも寝るところもない国があります。そして爆撃に脅える毎日。中東シリア等も戦火が続いています。
日本人にとって戦争はもはや風化した遠い昔という認識になりつつあります。
終戦の都市18歳だとして93歳です。
アメリカとの戦争を知る人も少なくなります。
阪神や東北の震災でさえ風化するのです。
政府や報道も悪意はなくとも、重点からはズレて露出も言及もどんどん減ります。
悪意というかまあ政治的判断はあります。
75年を長いと感じるかそうでもないと思うかでしょうが、その頃日本は中国を侵略しアメリカと戦争をし、空襲を受け首都や多くの都市が空襲にあっていたのは間違いありません。
日本人として忘れてはいけないことはあります。

無観客試合 無観客芝居

イベントの中止、延期も相次ぎ、プロ野球オープン戦、大相撲や歌劇までが無観客で行われるこの2020年春コロナショックの時期。
異常と言えば異常。プロは本来観客を呼んで観てもらってナンボが一般常識。もちろんテレビ中継やネット配信、純粋に競技の勝敗や記録の賞金があれば観客はいなくても商売は成り立つ。
それでもやはり目の前の観客がいないと難しい面は多いだろう。Jリーグなどは観客との一体感を重視して、観客入りでの再会可能まで待つという。多くのサポーターや関係者、市民と一体になってこそが試合との考え方だろう。
元凶はコロナウィルス。誰も悪くはない。
ライブハウスは今回、クラスターという感染の元になりさらに深刻だろう。比較的狭い換気の悪い空間での濃厚な密着であり、「感染しそう度」は映画やジムよりも高そうだ。お笑い芸人でさえ観客の受けが分からないでビデオ撮りだけというのも難しいところ。私も演劇をやっていたし、社会人でも化粧品のイベントをやっていたから客の数もだし、その反応や評価こそがプレイヤーに大事なものだとも分かる。
音楽、舞台、スポーツそれぞれのアーティスト、アスリートだけでなく準備に関わる下請けも含めた関係者まで本当に厳しい状態である。
こんな時こそ本当の志は何だったのか原点を見つめるべきでしょう。
お金儲けなのか、お客さんへのメッセージなのか、その道の追及なのか、どこか自分のもっとも大きな発動要因なのか。
こんな機会にこそ、そこにフォーカスして本当にやりたいことをさらに磨く機会にすること。
そこに回帰して、捨てられるものは割り切るしかない。非常事態なのだから。